☆スマートフォンに依存すると☆ | 北九州市八幡西区で夜22時までやっています!八幡西整骨院
おはようございます爆笑
八幡西はりきゅう整骨院ですイチョウ

お子様がスマートフォンに触れるときに気をつけたいことを書いていきます鉛筆



1.ブルーライトカットの工夫をする

子供の目を守るために、ブルーライトカットの眼鏡や、保護シールが販売されています。そういったツールを使って、目にかかる負担を減らす様にしましょう。

2.制限を設ける

スマートフォンに触る時間の制限を例えば、1日2時間などと設定しましょう。その際は子供も納得できるような制限にすることが大事です。

3.管理は親がする

基本的に管理は親が行い、一定のルールのもとで子供の使用を許可するのも良いです。例えばリビングでは使ってもよい、子供部屋には持ち込んではいけない。などとして管理を親がしっかりとするのもスマートフォン依存を避ける手です。

4.しっかりとコミュニケーションをとる

できる限り直接コミュニケーションを取る時間をとりましょう。どうしても家事や仕事で疲れたりすることがあったとしても、子供がスマートフォンにより悪影響を受けるのを防ぐためにはしっかりとコミュニケーションをとる時間を設けることが大事です。

5.体を動かす機会を作る

休日は自然の多い場所に連れていく。サッカーや野球、水泳などスポーツの習い事をさせるのも良いででしょう。

小さい頃からスマートフォンに依存してしまうと年齢が低い時から肩こりや頭痛に悩まされてしまいますショボーン

そして体の不調だけでなく最近は犯罪に巻き込まれるケースも増えてきています。

便利なものですが、リスクがあるということは頭に入れておきましょう。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■*


都市高速小嶺インターすぐそこっ!

八幡西はりきゅう整骨院 

〒807-1112

北九州市八幡西区千代1-7-10

(093)613-8366 
□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■