☆意外と多い秋の食中毒☆ | 北九州市八幡西区で夜22時までやっています!八幡西整骨院
おはようございます爆笑
八幡西はりきゅう整骨院の伊藤です猿

先々週のお話しですが、私生肉に当たってしまい、下痢が止まりませんでしたガーン

生肉ってあたるととてもきついんですねw

たまたまネットで「秋に多い体調不良」と調べたらなんと意外と食中毒が多いみたいですえーん

気温も湿度も高い真夏に食中毒が多いと思われがちですが、実は年間で一番発生件数の多い時期は9~10月です。
夏ばてして体力が落ち、免疫力が低下しているところに、大きな気温の変化も加わり体調を崩しやすいことや、秋は行楽シーズンですから、バーベキューや運動会、お祭りなど野外での食事が増えることも影響しています。

食中毒の原因として最も多いのは細菌やウイルスによる感染性のものですが、秋にはキノコフグなどの自然毒によるものが増えてきますので注意が必要です。

そして聞いたことのある方もいると思いますが、カンピロバクターといわれる菌も生肉を食べることにより感染しやすくなります病院

なので、食中毒になりにくくなるためには免疫力を上げることが大事ですが!

免疫力を上げるのには

体を温めること、適度な運動も大切です。

食中毒にかかるととっても辛いので、免疫力を上げてかかりにくくしましょう。

■*□*■*□*■*□*■*□*□*■*

 

 

都市高速小嶺インターすぐそこっ!

 

八幡西はりきゅう整骨院 

 

〒807-1112

 

北九州市八幡西区千代1-7-10

 

(093)613-8366 
□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■