☆変形性腰椎症について☆ | 北九州市八幡西区で夜22時までやっています!八幡西整骨院

テーマ:

こんばんは!(^^)!

八幡西はりきゅう整骨院の伊藤です。

 

前回変形性腰痛症について書きましたが、今回は治療法について書いていきたいと思います☆

 


画像で見てわかる様に腰を支えてくれているのは筋肉です

 

骨が歪まないように支えてくれているのは「インナーマッスル」という身体の内側にある筋肉なのです!

インナーマッスルが低下すると骨が歪みやすくなり骨が変形しやすくなります。

そのためそのような症状が出てしまいます。

 

インナーマッスルは基本的に30歳を過ぎた頃から筋肉量が低下してくると言われています。

 

赤西仁さんもちょうど30歳を過ぎたころですよね( ;∀;)

 

しかし、20代だからと言って安心している場合ではないですよ

20代からの積み重ねが大切になってきます。

 

インナーマッスルはヨガ・太極拳というとってもスローな運動で鍛える事ができます。

その為、腹筋などジムで行うようなトレーニングでは鍛える事が出来ません。

 

当院では楽トレというトレーニングマシーンを使って、患者様にインナーマッスルを鍛えて頂いています。

 


トレーニングはとっても簡単(^^♪

専用のパッドをお腹に貼り30分ベッドに仰向けに寝るだけ!

なんと腹筋9000回分の効果があります。

電気を使って直接インナーマッスルに刺激を入れるので効果も非常に高いです!


腰の筋肉をほぐすだけだとその場では軽くなりますが、腰を支える筋肉がないのでまた負担がかかり痛みを引き起こす原因になります!


腰の様々な症状でお悩みの方まずはご自身のインナーマッスルがどれだけあるか検査を行ってみましょうキラキラ


 

 ■*□*■*□*■*□*■*□*□*■*

 

 

都市高速小嶺インターすぐそこっ!

 

八幡西はりきゅう整骨院  

 

〒807-1112

 

北九州市八幡西区千代1-7-10

 

 

(093)613-8366  

□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■ 

八幡西はりきゅう整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります