インナーマッスルを鍛えるための栄養素。 | 北九州市八幡西区で夜22時までやっています!八幡西整骨院

テーマ:

こんにちは!

北九州市の八幡西はりきゅう整骨院です!

 

今日は2月9日(土)。

肉(29)の日です!

 

肉が食べたい!

焼肉の話題になりそうですが、

今日の肉は『筋肉』についてお話しさせていただきたいと思います。

 

筋肉をつけるために

トレーニングをする、というのが世間一般でよく言われます。

 

しかし、どんなにトレーニングを頑張っても必要な栄養摂取を適切にしていないと全くといっていいほど効果が出てきません。

 

米をたくさん食べて体を大きくする、というお話をいまだに聞きますが、

本当に筋肉のパワーを最大限に発揮できるように鍛えるには、

『野菜』『肉』『魚』などのたんぱく質をとる必要があります。

 

最近ではジム通いや、肉食などが流行っていることからいろいろな情報を得られますが、

 

僕の周りでは、お子さんがたくさんいるお母さんですら米だけを大量に食べる事が良い、肉魚がきらいでパン食になるなど信じられないこともよく聞きます。

 

炭水化物はエネルギーにはなりますが、

筋肉増強にはなりません。

 

動物性たんぱく質、植物性たんぱく質を効果的に摂取する事で、

トレーニングした筋肉が鍛えた分しっかり筋肉として維持できるようになります。

 

動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質と比較して体内で利用吸収をされやすく、牛乳・肉・卵などから摂取するたんぱく質の約9割が体内で使われます。

 

これと比べて、植物性たんぱく質の体内での利用吸収は7~9割と相対的に少なめです。

これは、植物の細胞壁や繊維質などにより消化時に抵抗があったり、アミノ酸組成の関係で体内での利用率が減るためです。

 

ですので、一概にたんぱく質と呼ばれるものをたくさんやみくもに食べても、その内容を分かっていないとうまく吸収し体内で利用されなくなってしまい無駄食いということにもなりかねません。

 

ダイエットや肉体改造をするためには、トレーニングも必要ですが日々の食事がとても重要です。

 

次回は、ダイエット中などに摂取した方がいいたんぱく質を含む食べ物についてご紹介します!!

 

*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■*

 

 

都市高速小嶺インターすぐそこっ!

 

八幡西はりきゅう整骨院  

 

〒807-1112

 

北九州市八幡西区千代1-7-10

 

 

(093)613-8366  

□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■ 

八幡西はりきゅう整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります