インナーマッスル→腸腰筋を鍛える | 北九州市八幡西区で夜22時までやっています!八幡西整骨院

テーマ:
こんにちは!
北九州市の八幡西はりきゅう整骨院です!

当院の2018年の診療は昨日で一旦終了させていただきましたが、今年も残すところあと2日。

やり残したこと、また来年に向けてやっていきたいことはありますか?

お家の片付けなどが思い浮かぶ方も多くいらっしゃると思いますが、

ご自分の体のことに目を向けてみてください😄

○年々体力・筋力が落ちていく
○ちょっとそこまで行くにも車を使う
○最近なんとなくつまずきやすい
○座りっぱなしも立ちっぱなしもつらい
○動いてもきつい
○寝ても疲れが取れない
○顔のたるみが年々ひどい
○胃腸の長子を崩すことが増えた

ちょっとたくさん挙げてしまいましたが、
これらの原因は全てインナーマッスルの筋力不足または低下から起こるものなんです。

顔のたるみなどイメージがつかないかもしれませんが、

インナーマッスルが弱くなる
   ↓
姿勢を保つ筋力を失う
   ↓
姿勢が悪くなる
   ↓
顔の位置が前に移動する
   ↓
頬の筋肉が下に落ちやすくなる
   ↓
顔のシワ、たるみの原因になる

筋力が落ちるということは、
血の流れも活発でなくなるということです。

代謝も下がり、基礎体温が一定の温度よりも下がりやすくなってしまいます。

インナーマッスルは主に、
腰椎という背骨にしっかりとつき、お腹の中を通って、
大腿骨とよばれる太ももの骨の内側に張り付いている非常に大きな強い筋肉です。

これは「腸腰筋」(ちょうようきん)といいます。

この筋肉が弱くなると途端に骨盤を始めとした体の中心を支える筋力を失うことになります。

また、お腹の中の部分には体の中で一番太い血管や神経が通っており、この血流が悪くなったり圧迫してしまうと体の機能がうまく働かなくなります。

当院では、痛みに関することだけでなく、
インナーマッスルの低下や不足からくるすべての症状を「楽トレ」と「パーソナルで行う体幹トレーニング」で解決させていきます!

インナーマッスル(腸腰筋)も簡単につけられるものではありません。

専門知識を持ったところで鍛えないと、
全く無駄なトレーニングをしている方も多々いらっしゃいます。

筋肉は本気になって3ヶ月あれば、基礎的なものはつけることが可能です。

半年かけて肉体改造をしっかり行う方も増えてきています。

今から始めると、来年の夏には間に合います\(^o^)/

今年の終わりに、今一度ご自分の体に目を向けて来年に対しての目標を立ててみませんか?

■*□*■*□*■*□*■*□*□*■*


都市高速小嶺インターすぐそこっ!

八幡西はりきゅう整骨院 

〒807-1112

北九州市八幡西区千代1-7-10

(093)613-8366 
□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■

八幡西はりきゅう整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります