視力とインナーマッスル | 北九州市八幡西区で夜22時までやっています!八幡西整骨院

テーマ:

こんにちは!

北九州市の八幡西はりきゅう整骨院です。

 

最近視力が落ちてきている山内です(^^♪

 

唐突ですが、本当に最近いろんなものが見えにくくなってきて正直困っています(笑)

 

パソコンやカルテに書いてある文字が見えないことが一番ですね( 一一)

 

メガネを変えるのは簡単なのですが、

視力を回復するにはどうしたらよいか調べてみたんです。

 

すると、

なんと!

インナーマッスルと視力には密接な関係があるという事がわかったんです!

 

実際に眼科のお医者様も眼の病気予防、眼を良くしていくためにインナーマッスルを鍛えましょう!

というお医者様もいらっしゃいます。

 

まず、インナーマッスルは姿勢をつかさどる筋肉ですが、

姿勢が悪くなり、首が前に傾きすぎると最大30キロ近くの重量を首にかけた状態になるそうです!

これは小学生低学年1人分を首からさげているのとだいたい同じ重さになります。

 

そして、最近なかったら何もできないといっても過言ではない『スマホ』

視力はもちろんのこと、

肩こりや頭痛を引き起こしやすくなるストレートネックを助長させる可能性もあるんです。

 

スマホを見る角度には十分注意した方がよく、

スマホ症候群によって悪くなった姿勢とそれによって低下したインナーマッスルの筋力はまたすぐに治るというものではありません。

 

ストレートネックは首だけの問題ではなく、体幹部分や下半身にまで影響を与えてしまいます。

局所的なマッサージだけでは、しばらくすると症状が再発して本質的には解決してくれません。

根本的に解決するためには体幹を中心としてインナーマッスルから改善しなければなりません!

 

このスマホ症候群や姿勢が悪くなり首に負担をかけ続けるとどうなるか!?

首が頭まで届くはずの血流を妨げてしまい、

まずドライアイを引き起こします。

 

最悪、眼球や視神経に対しての血流不足で緑内障になるリスクが高くなる、というデータも出ているそうです。

 

将来、元気で過ごすためにも必要なインナーマッスルを鍛えることで姿勢や体幹の維持だけでなく眼の健康にも気を配っていきましょう!

 

ご相談は随時受け付けています!!

 

*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■*


都市高速小嶺インターすぐそこっ!

八幡西はりきゅう整骨院 

〒807-1112

北九州市八幡西区千代1-7-10

(093)613-8366 
□*■*□*■*□*■*□*■*□*□*■ 

 

八幡西はりきゅう整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります