残暑お見舞い申し上げつつ

テーマ:

相変わらず虫に刺されやすい営業Yです。

なぜ?

 

9月ももう半分以上が過ぎてしまうのですね。
本当にあっという間なので、驚きを通り越して恐怖すら覚えます。

そんな9月、わが社にとっては新しい期の始まり月にあたります。

(平たく言うと、8月決算。。)

 

社長になって2年が経過アップアップ
私の中では、2年周期で物事を捉える法則があり、2年の節目は「変革のタイミング」にあたります。

 

*以前は3年周期でヴィジョンを描いていましたが、6年前からそれを2年周期に変えました。時代のスピード感覚が変わったからです。

 

 

いろいろと思うことはありますが、今この段階の自分がもっとも大事にしなければならないと思ったことをビックリマーク

 

 

今を「変える」事自体が必須なのは自明ですが、当たり前になってしまったからこそ、その「変える」プロセスが重要だと感じています。
手法は様々なのでここでは述べませんが、それよりもっと大事なことが

 

少しずつ、しっかり変えていくこと

 

だと思うのです。

 

 

 

言うまでもなく、企業風土や社員、自分も含めて会社にまつわるものは急には変わりません。

今までシーンと静まり返っていた会社が、ある日急に笑いの絶えない会社になるわけないですし、業績に苦心していた企業がある日を境にウハウハの業績になったりしません。(例外は少しはあるでしょうが。。)

無理をしないこと、それでいて「変える」努力をあきらめないこと。

両方をしっかり意識していかなければ、自分が枯渇してしまいます。

 

だから、少しづつでいいのです。

 

その少しづつの変化が、社員に何かを感じさせ、自分を鼓舞してくれます。

 

自分が経営を意識してから大分経ちますが、やはり世の中には早道など無いのだと、最近つくづく思うのです。

 

そんな想いで1年間、やっていこうと思ってます。

 

アディオスグー

 

AD

腹痛よりもスイカを選ぶ営業Yです。

 

 

備忘録として短文を。

「精神的に参っているから」という理由で一線を引くとき、

周囲の人はすごく敏感になり、傷つきます。

 

「あの時あんなことをいっちゃったから・・・」

って、後悔します。

 

引きこもる行為は

①心身的に限界状態になり、思考のバランスが崩れる

②何かから逃げたい欲求があり、そのマインドを「精神的疲労」と解説してみる

の両面があるから厄介です。

 

もっと厄介なのは、そうなってしまった責任を、その人が多くの時間を過ごす「仕事先」が負う慣習があることです。

(もちろん本当に責任があるのなら仕様がないのですが)

そうなると職場は一気に疲弊し、二次的な被害が起きます。

そんなことを考えるとき、上記①か②なのかが非常に問題になるわけです。

*診断はごまかせます


やってしまったことは仕方ないし

傷ついた人は本当にかわいそうだけど

ナーバスになりすぎで大きなものが崩れることはとても悲しいのです。

がんばれ!某団体!!

AD

婚活すっべ

テーマ:

年々エアコンに弱くなる営業Yです。
抗えません。。

 

私の会社のメイン事業は「ウェディングコスチュームのレンタル」なわけですが、それ以外の事業として

 

『婚活事業』

 

をやってます。

*何度も書いてますが・・・

 

事業に取り組んで1年半、ようやくこの事業・業界のことが少しずつわかってきた気がします。

(その件に関してはまたじっくりと)

 

その気づきを生かし、事業の形態を少し進化させます。

結構大きな決断と、多くの時間を使っての改革です。

 

婚活事業は会社に大きなものをもたらしてくれる可能性があります。それは「お金」ではなく、「ファン」だと思ってます。

人の役に立つことで、私たちは

 

「あって良かった会社」から「なければ困る」会社になれる

 

そう思ってます。

 

アディオスグー

 

AD

土用を待たずにうなぎをほおばる営業Yです。

大好物です!

 

 

さて、

いつもながら、

その時思った事を、

自分のために、

正直に。

 

 

間もなく当社は期末を迎えます。

今回は結構大きな節目です。

1年の終わりが見えると、そこに引きずられて

人はいろんな事を「節目っちゃう」生き物です。

 

今日はそんな減少を展開解読いたします!

 

 

①はじめよう 編

一年を振り返り、ひそかに立てていた誓いが達成に程遠いと気づく時、人は目標の変換を行ないます。

「1週間に2回ジムに行く」

「階段をメインで使用しつつ、週末にジムに行く」

 

要は言い訳なのですが、上手い事自分を納得させるスキルだけは、誰もが一流です。

はい、俺の事です。。

夏からジム頑張りますアップアップアップ

 

 

②やめよう 編

とかく人は自己批判をする事で「成長した」と思ってしまうことが多く、その典型は

 あ~もう辞めちゃわないと、俺ダメになるわ~DASH!

的な思考です。

その場合、ほとんどの事例で他人から見た場合

「それってどうって事ない~」

いわば自意識かじょうセントラル(by MC GATA)の極みだったりします。

そもそも「やめる意識」はあまり必要ではありません。

「何かをやめないと身が持たない」なんて人、ほとんどいないんです。

と、僕は考えてます。

 

③ものさしが歪んでる 編

前述の何かをはじめ、何かをやめようとしている人は、逆に言えばとても健全です。

問題は、自分の物差しをしっかり持っていないために、切り替えのタイミングで自分の方向性を見失い、異次元の決断をしてしまうケースです。

EX)

人が一人働いていたとして、

そこにはいろんな原動力があります。

①自分のヤル気!

②周囲の方の応援

③社内の仲間の期待・依存

④ユーザーの想い(感謝など)

⑤社会の流れ

そこに気づかず、全部を考えることなく

①の自分の想いだけで結論を出したらどうなるでしょう?

②~⑤が、今後の人生でどんどん減っていきますよね。

それって、金銭や財産以上の損失だと思いません?

 

だから、何かを変えようと思うなら①~⑤がどれだけあるのかをしっかり確認し、納得してから変えるべきなんです。

 

 

あ~9月から釣りを始めますうお座うお座うお座

 

 

アディオスチョキ

 

大切な習慣

テーマ:

歯の痛みを抑えるためにハードトレーニングをこなす営業Yです。
不毛な相殺合戦の先にあるものは何なのでしょうか?

 

 

超久しぶりの投稿になりました。
理由は・・・特にない。。
残すべきものを別の手段で残す事を覚えてしまったので、優先順位が下がったのかな?でも、やっぱりブログは続けようと思います。

なぜなら、13年間続けている大切な習慣だから。

 

 

そして、その延長線上において今大切にしている習慣が
SNSに近況を投稿する

ことです。

 

そんなこと、かなりの人がやってるよ!
って言われそうですが、習慣の持つ価値は個人評価によるものだけなので、良しとしましょうグッド!

 

そのSNS投稿において僕が大事にしている事は、

頑張った瞬間を投稿する

という事。(あたりまえ?)

 

ただ、頑張っている瞬間だけを投稿するとこんな事を言われます。

「忙しそうだね」

「活躍だね」

「偉くなっちゃったよね」

「忙しいふりして」

「偉そうな投稿」

まぁ、いろんな事を思う方がいます。

 

マイナスなイメージもあるかもしれないのですが、それでも続けているのは

「自分が社会で生き易くするため」

です。

 

僕は元来人見知りなので、だれかれ問わず話しかけられるのが苦手ですし、自分から話しかけるのに苦痛を感じます。

だから、接する人間をある程度限定する一つの手法としてSNSを活用しています。

 

「忙しいふりして」って思う人は話しかけてこなくなります。

実に好都合アップ

 

私が「頑張っている」内容に共感してくれる人は、端的な質問を投げかけてくれます。答えやすいし、聞いてくれる方に応えようと思えます。

 

 

いろんな人と話して、関わってきましたが、

本当に自分にとって必要な人とは必然的に知り合います。

その瞬間を、興味本位の第三者にマスクされたくないなぁと思うのは傲慢でしょうか(笑)

 

なので今後も偉そうな、忙しそうなSNSをガンガン投稿しようと思うわけです。
投稿しなくなったら本当にヒマになっている証拠なので、そん時は釣りに誘ってくださいうお座うお座うお座

 

アディオスチョキ