万年肩こりがこぶになってきた営業Yです。
多分そこから何かが生まれます!

 

 

おもむろに業界人らしい内容に変えてみたいと思います。

私はウェディングの業界に深く携わっていますので、いつもこんなことを聞かれます。

なぜ結婚は減ったのか?

 

この問題は2つの要素を含んでおり、

①なぜ婚姻率は下がったのか?

②なぜ結婚式をあげる人が減ったのか?

に素因数分解することが出来ます。

(まだ素数ではないかもしれないが・・・)

 

①に関しては婚活について書いているブログで検討するので、ここでは②に関し、いろんな角度から見ていきたいと思います。

 

 

なぜ結婚式をあげる人が減ったのか?

 

それに対する有力な答えの一つが「親が援助しなくなったから」だといわれています。

以前は結婚式費用のほとんどを親が負担していた時代がありました。1組の平均費用総額が400~500万円、ご祝儀などを引くと200万円、多くの親は子供一人あたりそれだけのお金をためて、使ったわけです。

これは本当にすごいことですキラキラ

 

なぜそれがなくなったのか?

 

経済的なレベルが下がったのでしょうか?

 → いろんな指標からそれはないと思います

 

親子関係が希薄になったからでしょうか?

 → 少子化の影響で、むしろ親子の距離は縮まってます

 

まったくの私見ですが、私はこの問題の理由が

投資効率の減少

なのではないかと感じます。

 

その時代、結婚式を盛大に挙げて多くの方に結婚を報告し、その後のご指導・ご鞭撻を願うことは、社会上非常に効率の良い投資であったのではないでしょうか?

 

終身雇用が当たり前だったので、主賓である上司はその後永きにわたって新郎や新婦を面倒見てくれることが想定できたでしょうし、参列した多くの親戚や友人と結婚式という華やかな場を共有することでつながりが増し、困ったときに助けてくれるセーフティネットとして機能したのだろうと推測します。

たった数百万円の投資で息子や娘の一生がより良くなる事が確実であれば、喜んで投資する気持ちもわかります。

 

振り返って今はどうでしょう?

 

主賓や列席の方々がいつまで仕事上のお付き合いがあるのか、まったくわからない世の中になりました。交通の便も良くなり、ネットワークが行き届いた社会になったため、周囲の親しい方々とコミュニケートして絆を深める手段はSNSなどで十分です。

結婚式に親が投資しても、子供たちが受ける恩恵は減少したのは間違いない事実なのでしょう。

 

ということは、結婚式に対する投資効率が上がれば結婚式は増える可能性がありますね!

 

そこに関する可能性も見えていますが、それはまた別の回に!

 

 

アディオス上差し

正念場です!

テーマ:

健康診断は1勝2敗だった営業Yです。
*1勝はγGTP、2敗は・・・



こんな制度がいよいよ始まります。

国家試験という形で業界に光を当ててくれるのはうれしいのですが、

その内容に対して求めている結果と掛けている費用がアンバランスに感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

これがあとあと業界バッシングのネタにならないといいけどなぁ~って、憂いております。

*はっきりいってうちらの資格認証試験のほうが、はるかに上だと、私は思うのです。

 

https://bridalnews.co.jp/backnumber/2018%E5%B9%B49%E6%9C%8811%E6%97%A5%E5%8F%B7/

すっかりガリガリ中毒の営業Yです。

暑いっす!

 

 

今回も自戒をこめて。

 

先日うちの奥さんが体調を崩しました。眩暈とだるさを伴い、時々動くこと自体がしんどいときがあります。見ていて本当にかわいそうです。
 

若いころの体調不良といえば風邪とか腹痛だったのですが、40代を超えると日常の活動性を妨げられるような崩し方をするもので、実際奥さんも半月近く体調を観察しながら日々を慎重に過ごしています。

*今回の病気原因は複雑でして、貧血などの身体の衰えと外的要因、特にストレスが大きく関与していると思われますが、安静にして様子を見るしか治療法がありません

 

病気はゆっくり治してもらうとして、ここに至る前に気づけなかった自分に対し、非常にふがいなく思います。
夫婦は他の誰よりも長い時間ともに過ごし、長い時間語り合い、お互いを観察し続けるものであるはずなのに。。。です。

 

これから先、奥さんに対し具合を観察し続ける事はもちろん、少しでもストレスを取り除くために何をすべきか、本当に考えなければと思います。

 

平均的な流れで行けばあと40年は一緒に日々を重ねていく大事なパートナーですからね。

 

 

って、笑い要素まったくなしの反省ブログになっちゃいました。
一日も早く笑い飛ばせるようにしようビックリマーク

日々の酒量を減らしてから、一回に飲める酒量が上がりまくってる営業Yです。・・・あれ?

 

 

今日は日朝首脳会談です。でした。

内容は、そんな感じです。

 

でも、違和感ないですか?

会談した方々、いろんな怖い印象がなかったですか?

やれ機嫌を損ねると死刑とか、

どんな手を使っても○○は手に入れるとか。

 

でも、テレビの中ではにこやかで、どちらかと言えば爽やかな印象。

 

 

どっち?

どんな人?

 

そう、印象は操作できますビックリマーク

 

有名人でなくても、2、3人が結託すればすぐできますビックリマークビックリマーク

 

その意識を、私は忘れないようにしたいと思ってます。

 

 

明日から広島、アディオスグッド!

足腰より先に胃に疲れが来る営業Yです。
いよいよです。。

 

今日は東京にてドレスの仕入れ。

よい発見や、よい勉強や、ひさしぶりの再開や、冒頭の苦難などいろいろありましたが、よい一日でした。

 

ドレスって、やっぱり綺麗で華やかですばらしいものです。

 

そんな一連の流れの中で、有名な神田うのさんのプロデュースドレスの新作ショーを見学する機会をいただきました。
ドレスに関わって18周年なんだそうです。

本当にすごいことですねアップアップアップ

 

そんなうのさんが、最後のデザイナー挨拶でこんなことをおっしゃいました。

「結婚式の業界ってなんだか元気がないような気がしますが、みんなでもっと盛り上げていきたいですね。」

 

とても沈んだ声でした。

「そんなことないのにビックリマーク

誰も声を上げなくて、僕は寂しかった。

ああいう場で、業界にいるみんなで、現状を笑い飛ばせる・・・

そんな空気を作れる人間になりたいなぁと思いましたとさ。

 

アディオスビックリマーク