作品が大英博物館に所蔵される気鋭のアーティストにして、

 

今年SONYスマートフォン「Xperia」のCM、

 

「美人すぎる!」と話題をさらった

 

現代アーティスト小松美羽さん♡

 

 

ご縁あり、何度かご本人にもお会いしたことがあり、

 

先日こちらでも。。。。

 

 

 

会えばいつも気さくで

 

飾らず気取らず天真爛漫ラブラブ

 

 

描かれた神獣の大迫力とのギャップに

 

神秘的なものを感じていたのだけれど、

 

こちらを読んで、すべて腑に落ちましたサゲサゲ↓

 

 

 

3月8日新刊New☆

 

世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀

 

 

東京ガーデンテラス紀尾井町の個展に行ったり

 

彼女の死生観や、どんなテーマで作品作りをしているのか

 

リーフレットや美羽ファンの友人から聞いて、

 

わかったつもりでいました。

 

 

が、それは全くうすっぺらい

 

上っ面だけの理解だったなあと。。。。。

 

 

今回の書籍を読んで彼女の絵に対しての想い、

 

努力を重ねて、変化・成長を今も尚続けている姿勢に

 

胸を打たれ、どうして彼女の絵を前にすると

 

神聖な気持ちになるのか

 

本当に伝えたいことがこの書籍を読んで深まり

 

今、最も注目を集めている理由が

 

全部明白になったような気がしました!!

 

 

絵が上手な人はたくさんいるけれど、

 

美羽さんの絵には、

 

魂が揺さぶられるような何か絵から訴えてくる

 

迫力があります。

 

 

その独特の作風の秘密が

 

この本を読むと理解が深まり、

 

次回きっと美羽さんの絵に触れたときに

 

以前よりも多くの”何か”を感じられるのではと思うと

 

早くまた美羽さんの絵の前に立ちたい、、、そんな衝動に駆られるほど音譜

 

 

 

子供の頃から今に至るまでの単なる自叙伝に終わらず

 

読み終えた後は

 

生きていることの意味、

 

”魂”の尊さに感動を覚え

 

沸々と”感謝の念”が強く湧き上がるのを感じラブラブ

 

 

 

安に”自分の役割をみつける”

 

=何か特別なことをしなくちゃ という

 

啓発本ではないところが美羽さんらしいメッセージだなあと。

 

 

 

 

2014年「新・風土記」出雲大社奉納、

 

2015年「天地の守護獣」大英博物館日本館永久展示、

 

「遺跡の門番」クリスティーズに出品・落札。

 

2016年「The Origin of Life」4ワールドトレードセンター常設展示。

 

 

 

 

日本に留まらず、活躍の場は海外へ。。。。。

 

 

 

今後の活躍が益々楽しみ!