前回のブログで、ホルンのハイトーンを出すために、大まかに言って三つの条件があることを書きました。



今回はその、条件別の練習方法。
①息の圧力を高める
について、書いてみたいと思います。


まず、金管楽器を理想的に鳴らす上で、大前提を知っておきます。
以前(かなり前)、パイパーズという管楽器の雑誌で、マウスピースに穴を開けて圧力を計る実験がありました。

結果は、一流のプレイヤーは、
低い音ほど圧力が低く、高い音になればなるほど、圧力が高まったということ。


正比例のグラフを思い浮かべると良いでしょう。数学が嫌いでなければ(笑)



はい。
ということは、上手い人のようにハイトーンを出すためには、息の「圧力」を高める必要があるということが分かりました。



それでは、ここから実践です。
息の圧力を高めるためには、



大声を出しましょう!
カラオケで、思いっきり歌ってみましょう!


どうでしたか?
張りのある声が出ていれば、あなたは既に合格です。
ハイトーンを出す上で、おそらく十分な息の圧力を出すことが出来るでしょう。



それとも、あまり大きな声が出ませんでしたか?


ここでつまづく人も多く居ます。
その方々のために、大事なことをお教えします。


ヴァイオリンを弾いている時、その人の体は動いてることがはっきり分かりますね?腕とか。


ホルンだって、例外ではないのです。
しっかりと動いているところがあります。
あなたはひょっとしたら、体があまり動いてないのではありませんか?



これから実践することは、特に胸とお腹の動きが大切です。
上の画像のように、胸とお腹に手を当てているとわかりやすいと思います。


①吸うとき



お腹は前に、背中は後ろに膨らみます。
画像では分かりませんが、お腹の両脇も外側に膨らんでいます。
このあと、さらに吸った分だけ、上にも膨らむので、最終的には肩までやや押し上げられます。



②吐くとき



吸った時に膨らんだ背中と、特にお腹はへこんでいきます。
①の画像と比べれば、目で見て分かるくらい動いていますよね?
へこんだお腹に押し上げられて、胸は外側に、特に上に上がってきます。



大きな声が出ない人の多くは、この体の動きが外から見て分かりません。
一度姿見(出来るだけ大きな鏡)を見ながら呼吸してみてください。


そして、ここで注意です!!

③力むのは逆効果



グーッ!と力を入れる。いわゆるりきんだ状態は、楽器を操る上で逆効果になります。
②と比べてみてください。
お腹のへこみ方はなんとなく半端な感じがしませんか?
胸も上がってきません。
力が入って、首や肩が前に出てしまっています。

もしこの状態で歌おう、または大声を出そうとしても苦しそうな声になってしまいます。
楽器も同じ!


このまま吹いても、苦しそうな音にしかならないんですよ。



体も動いているのに、それでも圧力が上がらない…


こういう時は…



おっと、長くなりすぎたので、次回に回しましょう。

画像編集を、初めてやったので、矢印の書き込みが下手なのはお許しを~(苦笑)