鉛スッテの修理w | 考作釣具工房

考作釣具工房

美味しい魚狙いで海に釣りに行ってます。

マニアックな釣りが大好きです^^

工夫したオリジナル釣具の製作もしてます。

前回のイカメタルで、釣りが終わって船長と話ししてた時

 

これ、直したらって渡されました

お客さんが捨てていった、ボロボロになった鉛スッテ(^^;

 

サゴシが多いので、スッテはボロボロになります。

赤白のスッテは、400円くらいの安いやつですね!

 

すぐに破れる薄い布を巻いただけのスッテです。

赤緑のスッテは、ちょっと高いやつかな?

 

良質の布で、中に綿が薄く巻いてあります。

全部裸にしました(*^-^*)

毛糸巻いたら、修理完了w

 

簡単に毛糸巻いてるだけですが、毛糸もバカにできませんよ!

 

毛糸巻きのスッテ使って分かったことがあります。

 

イカがスッテを放しにくい感じがします。

 

表面のボサボサ感が良いのか?

 

少し弾力もあるし、アタリがあって合わせが遅れてもしっかり掛かることが多いです。

掛かってる場所がしっかりスッテを抱いている証拠ですね(*^-^*)

 

ここに掛かると、バラシもほとんどありません。

 

毛糸巻きのスッテ、お勧めです^^

スリムタイプの鉛スッテ、一番使うサイズの20号

 

ホゴオモリを使って作りました。

 

自分用に25個作りました(*^^)v

 

こらだけあれば、サゴシにやられまくっても大丈夫!(^^)!

 

本気で作ろうとおもったら、型を作って鉛鋳込んだらもっと綺麗に作れますね。