複写式の2枚め以後に字が写っちゃったら・・・?~車庫証明~ | 美しが丘の行政書士の『美しき』日々

美しが丘の行政書士の『美しき』日々

札幌市清田区美しが丘で開業した行政書士の日常を公開!たまに真面目な話もします。
平成24年10月に事務所が中央区に移りましたが、依然「美しが丘(在住)の行政書士」です。


テーマ:
月末は自動車の業務が立て込みます。

今日の自動車登録は事務所スタッフに任せ、私は車庫証明の旅へ・・・。


朝一番で自宅から苫小牧署に直行!

そのまま次は江別署へ!



苫小牧-江別間の移動は初めてだったのですが、かなり遠かったです・・・。

昼ごろ事務所に入り、1件アポを済ませてから白石署→北署のルート。

夕方事務所に戻り、2件受任した会社設立の資料を作ってます。


さて、やっと今日の本題です。


車庫証明の申請書は4枚あります。

通常は複写式の申請書(通称「4枚つづり」)に記入・捺印して提出します。


今回問題となったのは、(おそらく)複写式の申請書を下にしいて他の書類に名前を書いてしまい、変なところに氏名が複写されてしまった!という事案。

私の目の前で書いてもらう時はこんなことは起こらないのですが、すでに書いている申請書を受け取ると、まれにこういったことがあります。


窓口である警察署の対応はどうかというと・・・

札幌市内のどこかの警察署では訂正を求められませんでした。

しかし、今日の苫小牧署では、訂正して訂正印を押さなければならないとのこと。


普段は書き直してもらったり、予め訂正印を押すのですが、今回トライしてみたところダメでした(受取時に訂正印持参すればOKということで受理はしてもらいました)。


警察署によって対応が違うのは何とも困るところではありますが、誤って複写式の申請書に写ってしまったときは、はじめから書き直すか訂正して印を押すようにしましょう。

行政書士八重樫洋平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス