文学と演劇と城崎温泉★城崎文芸館(KINOBUN) | 城崎温泉 旅館 喜楽の若旦那ブログ 【城崎観光・周辺観光・お店紹介など】

城崎温泉 旅館 喜楽の若旦那ブログ 【城崎観光・周辺観光・お店紹介など】

旅館、城崎温泉、オンセンジャー、観光、外湯、桜、仕事、プライベートな事、何でも書いていきたいと思ってます。城崎温泉は魅力がイッパイ!春から秋は、季節の会席や但馬牛!夏は海水浴(竹野浜・気比の浜)冬はカニ&スキー(かんなべスキー場)是非お越し下さい。


テーマ:

城崎温泉にある文芸館で、第3回企画展が開催ビックリマーク

 

第1回目の企画展は、万城目学と城崎温泉!!

 

第2回目の企画展は、湊かなえと城崎温泉!!

 

第3回目の企画展は…

 

 

【文学と演劇と城崎温泉】

 

●期間/平成30年5月19日~平成31年3月31日

 

●場所/城崎文芸館(兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1)

 

●開館時間/9:00~17:00

 
●休館日/毎月最終水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

 
※休館日は変更になる場合がございます

 
●観覧料/大人500円、中高生300円、小学生以下は無料

 

2018年、城崎国際アートセンターにて滞在制作される

 

「青年団」の舞台『日本文学盛衰史』。

 

明治時代、近代文学の創始者たちが

 

「いったい、何を、どう書けばよいのだ?」と苦悩する姿を

 

100年後の日本へ甦らせた高橋源一郎氏による奇想天外な物語。

 

この小説を「青年団」主宰の平田オリザ氏がどのように演劇へと

 

舞台化・立体化させていくのかを、

 

城崎文芸館らしくご紹介しようという試みです。

 

『日本文学盛衰史』を通して文学とは何か、演劇とは何か?

 

そして、演劇とはどうできあがっていくのか?をやわらかく伝えます。

 

1. 高橋さん!オリザさん!文学って、演劇ってなんですか!?

 
2. オリザさん、私に演出をしてください!

 
3. 平田オリザ&青年団、れまでの歩み

 
4. オリザさん、ようこそ豊岡市へ

 
5. DESKTOP THEATER ─「小説」から「演劇」へ─ 

 

詳しくは、コチラからダウン

 

城崎文芸館 KINOBUN

http://kinobun.jp/

 

 

 

【無料宿泊券が当たる】1泊2食ペア宿泊券♪

https://ameblo.jp/yado-kiraku/entry-12394155214.html

 

 

 

 

 

【ブログ記事一覧】

 

城崎温泉(きのさきおんせん)の宿 旅館 喜楽(きらく)

温泉兵庫県豊岡市城崎町湯島495

電話0796-32-2503

 

お料理(春~秋)お料理(冬)施設のご案内貸切風呂外湯巡り空室情報

予約特典宿泊予約アクセス周辺観光地酒口コミ陶芸 七宝焼 絵付け

リラクゼーション サイトマッププライバシーポリシー城崎温泉

 

 

読者登録してね

城崎温泉 旅館 喜楽さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス