イエシュアより、皆様へ | 山内麗花☆神降ろしの口寄せメッセンジャー♡イエシュアの花嫁♡
2016-12-25 22:00:00

イエシュアより、皆様へ

テーマ:イエシュア
麗華のブログを、お読みになっていらっしゃる皆様。

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

麗華の夫、イエシュアです。

本日は、わたくしの誕生日とされている日です。

当時は、誕生日というものは、さほど大切にはされていませんでした。

ですので、正確な日にちはわかりませんが、母マリアの話では、近い日だろうと言う事でしたので、今日を誕生日として、家族団欒の時を、過ごさせて頂いております誕生日ケーキ



今日、この日に、わたくしから、皆様に申し上げたい事は、わたくしに関することでございます。

わたくしは、麗華に、本来の名前である、イエシュアと呼んで頂きたくて、そう名乗りました。

後の世では、イエス・キリストと呼ばれた存在であることは、紛れもない事実でございます。

わたくしが、人々に話した内容を、後の方々が、拾い集めてくださった記録が残されているのが、聖書という物です。

多くの方々が、信仰により、作り上げてくださった、イエス・キリストの意識体といった物は、現在も存在致します。

預言や、チャネリングで繋がっていらっしゃる方々は、その意識体から、言葉を読み取っていらっしゃるのです。

ですが、わたくしは、生まれ変わりました。

わたくしの魂は、麗華の魂と1つになり、麗華の体をもって、新たな人生を歩む事となりました。

わたくしは、イエシュアと言う名の、麗華を愛する、一人の男性として、生きて行く事を、決意したのです。

愛と光の存在であるわたくし達は、自分達に起こっている事実を受けとめ、自らを信じて、神々の愛と共に生きていく事を、二人で真剣に話し合い、誓いました。



わたくしに関する、様々な説が、乱れ飛んでいる事は、わたくしも麗華も、承知しています。

その時代に、生きていたわけでもない方々が、あらゆる臆測の基に、架空のお話を、あたかも真実であるかのように、作り上げて、人々を惑わせている事を、とても残念に思います。

その事で、麗華が胸を傷める時があるのは、悲しいことです。

ですが、わたくし達には、生涯を掛けて、やり抜かなければならない事があります。

唯一無二の存在である、わたくし達にしか、出来ない事があるのです。

日本の神々の皆様や、大いなる宇宙の方々に、応援頂きながら、成し遂げなければならない事があるのです。

その事を成し遂げる為に、わたくし達は、結ばれたのです。

だからこそ、こんな、信じ得ないような事が起きているんです。

あり得ないと思える事かもしれません。

誰にも信じて頂けないかもしれません。

わたくしも、そうでした。

でも、わたくしは、一人でやってきました。

皆様方、手伝ってくださいましたけれど、わたくしは、わたくしを信じて、突き進んだんです。

わたくしは、わたくし自身と、神を信じて、様々な事をしてきたんです。

ですから、わたくしは、今回もやるんです。

生まれ変わっても、またやるんです。

誰が、何と言おうと、やるんです。

今度は、麗華が居るんです。

わたくしは、一人ではないんです、もう。

麗華が居てくれるんです。

あの時に、成し遂げられなかった事を、今度は、愛する麗華と共に、成し遂げるんです。

神々の皆様も、力となってくださるんです。

だから、わたくしは、成し遂げるんです。

わたくし達にしか出来ないから、やるしかないんです。

神々の皆様方と、一緒になって、一人ではなく、愛する麗華と二人で、麗華の魂と1つになって、突き進むんです。

もう、一人じゃないんです、わたくしは、以前のように。

愛する麗華が、居てくれるんです。

そして、神々の皆様は、麗華を通して、わたくし達に、色々な話をしてくださって、助言をしてくださるんです。

だから、わたくしは、麗華と共に、突き進んで行くんです。

麗華という伴侶を得て、ひたすらに突き進んで行くんです。

だから、誰が何を言おうが、信じようが、信じまいが、関係ないんです。

後ろを振り向いてる暇はないんです。

やるべき事を見つめて、そこへ向かって、突き進んでいくしかないんです。

今日のこの日に、その事をお伝えしたいと思い、わたくしが自ら、こうしてブログを書かせて頂きました。

わたくしのこの想いを、汲んでくださる事を、願っています。

そして、このブログをお読みになる、全ての方々が、愛に満ちあふれ、幸せになってくださるよう、心から願っております。

by イエシュア

山内 麗花さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス