放射能から子どもを守る会@やちよ

福島原発事故による放射能影響は千葉県内でも深刻な問題となりつつありますが、ここ八千代市周辺ではどうなのか?
この地で生きる子供たちの為にも、市民で共に考え行動していけたらと考えています。

あの事故が起きた日。自分は何も分かっていませんでした。しかし、放射能の事、チェルノブイリの事、行政の対応の事、この地の汚染の事、知れば知る程、このまま黙っていて安穏と過ごせる事故ではないという事を知りました。誰かが助けてくれるわけじゃない。自分の子どもを、家族を守るためには、自ら知り、考え、行動していかなければいけない。どんなに情報を集めても未来に何が起こるのかは誰にも分からない。でも、だからこそ今出来るかぎりの努力をしていかなければならないと思う。そんな思いを共有出来る人、一緒に協力できる人と繋がる事が出来たら嬉しいです。

ご連絡はこちらまで(メール宛先)
メーリングリスト登録方法
フェースブックグループ登録方法

《ACTION》
【13/07/01】秋葉市長への放射能対策充実の要望書提出!
【13/09/24】八千代市との放射能対策充実に向けた対話会開催報告
【13/10/10】八千代市からの放射能対策充実要望書への回答受領
【13/10/26】八千代市との対話会回答報告-脱原発八千代NW定例会-
【14/8/xx】放射能対策充実への要望書②を八千代市へ提出(予定)
【15/07/17-08/09】八千代市小中学校・公園の詳細放射線量測定”バイバイホットスポット”実施

【15/10/25】甲状腺検診@八千代市!開催!
☆受診可能人数を48名⇒100名に拡大!(15/10/05)
☆八千代市の後援を頂きました!(15/10/10)

テーマ:

千葉県八千代市で11/19に『子ども達への甲状腺エコー検診』を実施します。開催場所は八千代市の総合生涯学習プラザになります。

ご希望のみなさまは以下申込フォームより、お申込み下さい。

 

【11/19甲状腺検診 申込フォーム】

 

 

福島県では県が実施する「健康管理調査」の結果、
震災時18歳未満の子どもたち約38万人の小児甲状腺検査で、
すでに194名が悪性ないし悪性疑いと診断されています。
これは原発事故前の数十倍の多発となっています。

 

出典:福島原発事故の真実と放射能健康被害HP 


放射性物質の広がりには県境も国境もありません。健康環境調査は、福島県以外にも栃木県、茨城県、千葉県(松戸市、安孫子市、柏市)などでも公的に実施されています。

 

八千代市ではまだ公的な取組みはありませんが
子どもたち、ご家族の安心のために、ぜひこの機会をご活用ください。

 

コスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモス

『子ども達の甲状腺検診@やちよ』

日時:2017年11月19日(日)

   午前枠 10:00~12:30 / 午後枠 13:30~16:00

会場:八千代市生涯学習プラザ 第2研修室

 

主催:放射能から子どもを守る会@八千代

   http://ameblo.jp/yachiyopapa/

共催:甲状腺検診ちばの会

申込:以下申込フォームよりお申込み下さい。

   【11/19甲状腺検診 申込フォーム】

問合:

  E-MAIL : 1percent.happy@gmail.com

  MOBILE : 090-2302-7382

コスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモスコスモス

 

※各枠冒頭の30分に担当医師から「検診」や「福島や日本の現状」についての説明会を行います。基本的には受診者向けの説明会となりますが、ご関心のある方はぜひ一報の上ご参加ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10/9に「つながる-311からのみんなの想い-」が無事に終了しました。

当日対応したボランティアスタッフ10名で、正確にはカウントは出来ていないのですがほぼ120名以上の皆さんにご来場頂きました。

ご来場頂いた皆さま、差入れを頂いたり、お手伝い頂いたり、応援のご連絡を頂いたり、関係頂いた全ての皆さまに心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

当日JCOMさん、ふくろうFMさん、やちよ読売さん、まいぷれ八千代さん等に取材にいらして頂きました。メディアの皆さまも大変お忙しい中本当にありがとうございました。

 

JCOMさんでは10/30~11/5の「わいわいTIMES」(0730、0830、1800~等)で放映予定とのことなので、よろしかったらぜひご覧ください。

(他のメディアさんの放送、掲載予定も分かり次第掲載していきます)

 

このイベントは、守る会のこれまで、そしてこれからの活動の根っこにある想いでもある、子ども達の希望ある未来に向けて、いま私たちにできる1歩を作りたい。甲状腺検診、線量測定、給食検査、そして次のアクションへ。みんなが事実を知り向き合える場、話していいんだと思える場を作りたい。

そんな想いを具現化して、多くの皆さんと繋がって、皆さんと共に、ゆるく楽しく今私たちにできることを一緒に考えたい。

そんな想いからの開催でした。

 

 

八千代市民ギャラリーさんとのコラボレーションでの初開催、市内初の311・フクシマをテーマにしたイベントで、以下7つの企画を3つの展示室で行いました。

*映画『小さき声のカノン』上映会

*やちよ大人塾『鎌仲ひとみ監督と話そう』

*アート展示&アート講座『林美蘭の仕事』

*やちよマミーズブラス『アンサンブルコンサート』

*活動展示『子ども達の希望ある未来に向けて私たちにできること』

*WS『コネコネ石けんで遊ぼう』

*WS『ぴーちゃんを塗りつぶそう』

 

いずれの企画にも子どもたち、その保護者の皆さん、またその他大人の皆さんなど本当に多くの皆さんにご参加頂き、大成功であったと思います。

このイベントには「石井食品様」「オカムラホーム様」「大多喜ガス様」に協賛を頂き、また多くの企業や団体の皆さまにご支援やご来場を頂くことが出来ました。

協賛、協力頂いた企業様、団体様にも心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 

ご来場の皆さまからたくさんのご感想やご意見を頂きました。ほんの一部ですが以下ご紹介いたします。

「子どもたちの未来の為に前向きにボランティア活動を行いたい」

「市民が繋がる大切さを再確認しました」

「違和感を大切に。鎌仲監督の言葉が響きました」

「時間の経過と共に考える力が弱まっていることに改めて恐怖心を覚えました。あらためて考えるきっかけになりました」

「情報を得る場、仲間が集う場がある事が大切だと思いました。守る会の活動が広がっていって欲しいです」

「子どもたちの未来を考える事を強く感じました。自分で活動出来る事を少しでもはじめてみようかと思いました。」

「マスメディアにも活用して欲しい作品だと思いました。ぜひ大勢の人に知って欲しいと思います。地道に活動している方々に感動致しました」

「宝物の子どもたちの為に美味しい水、きれいな空気、安全な食べ物、守っていきたいです。」

「福島で避難出来ず被ばくしないように子どもを守りながら生活されている家族。ハハレンジャーさん達の強さに心打たれました。涙をこらえられている姿も、想像を絶するご苦労があったのだろうと。「仲間がいるからやってこられた」本当にそう思います。私自身子育て中で我が子とまわりの子を守るのに精いっぱいですがその中でも何か出来る事があると感じました。このような企画を本当に感謝しています」

「いろいろな方面から無関心な人々を巻き込んで活動に加わる人が増えていって欲しいものです」

「習志野市に住んでいます。八千代市のこのような会があることを羨ましく思います」

 

ご感想を伺うと、多くの皆さまの心にあらためて感じるものがあり、それぞれの皆さんの考えるきっかけになったり、ボランティア活動等への行動のきっかけになる等の声を多数頂き、微力ながら小さな1歩は歩むことが出来たのかなと感じています。

 

守る会がこれまで続けてきた甲状腺検診、線量測定、給食検査などの活動と合せて、次のアクションへ。これをきっかけに、また取組めればとも思います。

 

ぜひ少しでもこれからの活動にご一緒頂けそうな方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡を頂けましたら幸いです。

 

取り急ぎのご連絡となりますが、次のアクションとしては3回目となります子どもたちの甲状腺検診を以下日程で行います。

こちらにもぜひご参加ください。

 

ちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょ

『子どもたちの甲状腺検診@やちよ』

日時:11/19(日)10:00~16:00

場所:総合生涯学習プラザ・第2研修室

申込:申込フォームから登録頂くか、

   申込書をFAX又はメールでお送りください

主催:放射能から子どもを守る会@やちよ

   E-MAIL 1percent.happy@gmail.com

   FAX 047-413-0499

ちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりのブログ更新です。

ご無沙汰しておりますが、今年も守る会はしっかり活動しておりますのでご安心くださいませ(^_^;)

4月、8月にはバイバイホットスポットを7校の小中学校で実施、合計16校となりました。

また、10月、11月のイベント企画に向けて、日々主なメンバーで喧々諤々検討を重ねております。

活動にご関心頂ける方、ご一緒頂ける方、お気軽にご連絡くださいね♪

 

それでは10/9に企画している守る会で初企画となる映画☓アート☓活動展のコラボイベントについてお知らせします。

ぜひ多くの皆さまのご参加や、ボランティアとしてご一緒に活動頂ける方も合わせてお待ちしております。

 

多くの皆さまとの「つながり」を頂けたら幸いです。

 

 

ヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリヒマワリ

『つながる-311からのみんなの想い-』

 

守る会のこれまで、そしてこれからの活動の根っこにある想い。

~子ども達の希望ある未来に向けて、いま私たちにできる1歩を作りたい。甲状腺検診、線量測定、給食検査へのアクション。そして次のアクションへ~

 

みんなが事実を知り向き合える場、話していいんだと思える場を作りたい。子どもを守りたい、そう思った時に守る方法があるんだということを知っておいてほしい。

 

2011.3.11.東日本大震災から6年半。
あの時、被災地から離れていても不安な気持ちはみんな一緒でした。フクシマの問題は、これからも私たちが向き合っていく課題です。風化させない、子どもたちの希望ある未来に向けて。

 

311からの想いを託した映画や絵や音楽を楽しみながら、
今私たちにできること、一緒に考えてみませんか。

2017年10月9日(月・祝)
時間 9:30~16:00


●1000- 映画『小さき声のカノン』上映会&パネル展示

(参加費1000円、高校生以下無料・要申込)

●1210- 鎌仲ひとみ監督と話そう~311からのみんなの想い

●1320- やちよマミーズブラス~アンサンブルコンサート①

●1400- 林美蘭の仕事~絵画と社会を結ぶ~アート講座

●1515- やちよマミーズブラス~アンサンブルコンサート②

 

【1日イベント】1000-1600

●林美蘭の仕事~絵画と社会を結ぶ~展示

●放射能から子ども守る会活動展示

 ~子ども達の希望ある未来に向けて私たちにできること

●アートワークショップ『コネコネ石けんで遊ぼう♪』

●アートワークショップ『#ぴーちゃんを塗りつぶそう♪』

 

*要申込
チラシの内容を確認の上、
インターネットメールかFAXにてお申込みください。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【主催・問合せ】:

放射能から子どもを守る会@やちよ
TEL 090-2302-7382/FAX 047-413-0499
HP https://ameblo.jp/yachiyopapa/

E-MAIL 
1percent.happy@gmail.com

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。