第2回 浅野塾にて

テーマ:

先週の土曜日は、浅野塾第2回目の講義。


女性支援塾なんだから、これから上がっていきたい!そう思っている方が受講している。


全員で10人。年齢バラバラ、やっていることもバラバラニコニコ

そんな色々な価値観に触れることができる場☆



1ヶ月に1回。4回コースとなっている。

つまり、4ヶ月間お世話になることになります。




原動力とか使命感とか自分のコアもみつけていくのだが、そんな簡単には分からないもの。

自分自身の納得感もなかなかの時間を必要とするので、4ヶ月たっぷり時間をかける。



その中で、自分自身の振り返りというものは、どうしても必要になってくる。

第2回は、使命力や原動力の話。そして、インタビューに自己史である。

盛り沢山☆☆



そんな長くも短くもあるとっても充実した1日☆



授業も終えて、居酒屋での懇親会も終えて、浅野塾にてもう1人の先生である

熊谷和美先生からお店の外に出たときに言われて言葉。





『専業主婦って名乗るのもう辞めたら?

起業すればいいじゃん!しちゃいなよ!って。。。。』





ギクっ。。。


まず、専業主婦を名乗ってるという意識。

なぜ分かる???



そう!

なんとなく、主婦であることに居心地の悪い気がしていて、実際自分でもそんな実感がなかったから、

思いかみ締めるように、この数ヶ月、自分のことを主婦主婦…と言ってきた。


だって、なにしてるの?って言われたら、

「無職」と答えてもいいけど、社会的に私は「専業主婦」という立場ということになってしまう。


先生、よく分かったな~と思った。笑!




そして、最近、起業に興味があること。





まったく言ってなかったのに、見破られてしまった感覚であった。笑!!





あと、大きくきづいたことがあった。

授業で出てきた自分の自己原動力の3モデルの話。



私はどうやら、

親族関係型×克服飛躍型である。


まず、そもそも家族がこんなに自分に深く影響力を発し、関係してたなんて思ってなかった。

自分史を書いてたり、深く考え巡らすほど、大きな大きな影響を受けてきたなんて。



きっと、「這い上がりたい!!」そう思うのも、親に負けたくない!追いつきたい!とか

あるいは認められたい!


そんな気持ちも私の大きな原動力になっているんだと思うんだ。

こんな風にたどり着くとは思わなかった。




おそらく、自分史は、親や親戚までひっくるめて書くことになるかもしれない。笑。


それほど、私のあらゆる大事な節目節目の判断や、選択、価値観に対して深く根付いているんだと思う。





今月は、自分史の提出があります。同時並行で自分は何をしたいのか。何ができるのか。

並行して考えていきたいー。

ネタとして、いくつか勉強会・コンサルなどの予定も入っている。

アイディアをどんどん見つけて行きたい。



一応、自分で決めたリミットの2月の浅野塾までは、突き詰めて考えたい。

そのための時間としても考えているから。

また、1歩進んだ気が音譜


結果を出したい思いなり。





そして、授業も面白いけど、懇親会も面白い。

そんな中、面白いなと思ったのが、

結構、皆さん、ご主人には、ちゃんと言わず来ていること!



個人的にだけど、主人には、言えないな。

妻の向上心とか抜け出したい気持ちはぶつけることに抵抗がある。


きっと、自分の中で決意がかたまったら、色々言う日がくるのかもしれないね!

決意を固めるためにも、ぶれない軸をしっかり作っていくことが大事の大事。

最初は、周りは大概反対するのが、世の常だと思うから。



早くそんな日がきてくれたら嬉しいなべーっだ!アップ


突っ走るのだ!!!!DASH!DASH!DASH!

AD