身勝手なセンチメンタリズム | the decade of greed|強欲の10年間

the decade of greed|強欲の10年間

北海道に戻り、2012年で丁度10年。
又と無い10年目のメモリアルに向け、今素直な気持ちを持って記載しよう!


テーマ:
私小説って括りのものを初めて読んだ。

$味噌汁だって、ご飯のおかずです。 

正確にはwikipediaで調べてみると「東京タワー~~」も「限りなく透明に近いブルー」も私小説として紹介されているので、どちらも読んだ以上厳密には初めてではないが、、、

私小説って何?と意識して買った事は初めて、うんまぁどうでもいいか。

ただひたすら文章から伝わる魂(soulと読んで頂きたい)に圧倒され読みきった。
よくこの主人公の様な破天荒な生き方をロックだと片付ける風潮や比喩があるけど、

そんな曖昧な表現では覚束無く、

この小説に流れる極めて身勝手なセンチメンタリズムを感じながら読むと、また多少自分に重ねたりすると
まぁ奥底のセンチメンタルが刺激された、はは。

センチメンタル、ジャーニーだ、ふっ37歳まで、もう少し。

yabu4942817さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス