このような場合に訪問歯科診療をご利用ください | 第二薮本歯科医院のブログ

第二薮本歯科医院のブログ

東広島市の歯科医院 第二薮本歯科医院 のブログです。
お口や体の健康情報から、医院の日常まで、幅広く情報発信をしていきたいと考えております。

こんにちは。

歯科医師の坂上です。

 

皆さまのご家族、周囲の方で、歯科医院への通院が困難な方はいらっしゃいませんでしょうか?

 

歯が痛い、入れ歯が合わない、お口の掃除をして欲しいなどの悩みはあるけど、自力で通えない・・・

ご家族が高齢なため歯科医院へ毎回連れていくのもなかなか難しい・・・など、お困りの方がいらっしゃいましたら、まずは当院にご気軽にご相談いただき、訪問歯科診療をご利用されてみてはいかがでしょうか。

 

当院でも、通院の難しい患者さま向けに訪問歯科診療を実施しています。

そこで今回は訪問歯科診療についてご説明します!

 

訪問歯科診療では、ご高齢の方やお身体が不自由な方、障害をお持ちの方、入院中の方など、歯科医院への通院が困難な方のご自宅や入居施設などにスタッフが伺って歯科診療を行います。 

 

患者さまの日常生活圏内で診療するので、患者さまやご家族、介護される方の心身の負担を軽減することができます。

 

歯科医院に行けないことを理由にお口のトラブルを放置してしまうと、生活に支障が起きたり、誤嚥による肺炎など全身の健康にも影響が出たりする可能性があります。

 

 

いつまでも患者さまが充実した生活を送れるように、訪問歯科診療で口腔ケアを行い、お口の健康の維持をサポートいたします。

 

 

訪問歯科診療は、

施設や病院に入居・入院中で通院が困難な方、

通院が困難な在宅の方などを対象としています。

 

訪問歯科診療の費用として、医療保険と介護保険が適応となります。

介護保険は自宅または居住系施設に入居されている方で、介護認定を受けられている場合に適応されます。

居住系施設入居者等とは、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居されている方のことです。

 

訪問歯科診療では、さまざまな境遇を持つ患者さまを診療いたします。

ご高齢で嚥下機能が低下している方、外部との接触が少ない方も多くいらっしゃいます。

訪問歯科診療ならば、通院困難な方の生活や介護の状況も理解しやすいので、より適切な口腔ケアを提案することが可能になります。

そのため、当院では患者さまの口腔内に注目するだけでなく、身体的・精神的な負担にも目を向け、誠実・丁寧な診療をするよう心がけています。

 

また、訪問歯科診療を受ける患者さまの多くが、食事に必要な咀嚼や嚥下機能の低下を抱えています。

これらの機能は疾患や加齢によって低下することがあり、悪化すると消化が悪くなったり、誤嚥性肺炎などを引き起こしたりしてしまうこともあります。

 

当院では、誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復のため、摂食や嚥下の訓練指導(リハビリテーション)も行い、患者さまの口腔機能を高めるお手伝いをしています。

もちろん体力に合わせて無理のないように進めていきます。

 

 

日頃から口腔内の状況を理解し診療を行っているかかりつけ歯科が訪問歯科診療を行うことは、いざ介護が必要になった時、治療やケアを安全に進めるために大きな助けになります。

そのため、当院も通院できる時からのお付き合いを、とても大切に考えています。

 

皆さまのご家族、周囲のなかで、歯科医院の通院が困難な身体の不自由な方や寝たきり状態の方で、歯や口腔内のお悩みを抱えておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院にお気軽にお問い合わせください。