Withコロナ・withマスク時代 ~マスクと共に~ | 第二薮本歯科医院のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

第二薮本歯科医院のブログ

東広島市の歯科医院 第二薮本歯科医院 のブログです。
お口や体の健康情報から、医院の日常まで、幅広く情報発信をしていきたいと考えております。

こんにちは。歯科衛生士の尾辻です。

新型コロナウイルスの感染拡大で日常的にマスクを手放せない日々が続いています。

 

マスクを着ける事が常識となり、

1日中マスクを着けていると臭いが気になる人もいるのではないでしょうか⁉

 

 

マスクに付いた臭いには3つの原因

「雑菌」「唾液」「口臭」が考えられます。

 

1つ目は「雑菌」

マスクの内側には自分の息で温度と湿度が高い状態になって、

息(吐く時の息)に含まれた雑菌が繫殖して臭いが発生します。

 

 

2つ目は「唾液」

マスクを着けたまま話しをした時に飛んだ唾が臭っています。

 

 

3つ目は「口臭」

マスク内の臭いの原因が自分の口臭だと思っている人は90%以上にもなります。

 

むし歯や歯周病のお口のトラブルはもちろん!

口臭の大きな原因は「口の中の渇き」です。

 

口臭を抑えるための4つのポイント

 

1 歯を磨き過ぎない 

口臭を気にして1日に何度も歯磨きをすると、

口の中の粘膜を傷つけて唾液の分泌が減ってしまいます。

 

2 スマートフォンやパソコンから時々目を離す

下を向いてスマホを見ていると、舌が動きづらくなってしまいます。

唾液を出すためには、舌を動かすことが重要です!

 

3 コーヒーや紅茶を控えめに…

コーヒー、紅茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、

体内の水分が抜けやすく、口の中が渇く原因になります。

 

4 生活習慣を見直す

生活習慣の乱れはストレスにつながります。

自粛によるストレス、日々緊張や不安も口を乾燥させ、唾液を減らします。

 

口臭は口腔内だけでなく、胃腸など内蔵の健康状態にも関係があり、

自分の口臭を感じる事で、体調のバロメーターにもなります。

 

よく噛む事で唾液が出やすくなり、口腔内環境も整います✊

 

唾液には自浄作用があります

唾液は嚙んだり、話しをする事で、唾液腺から分泌されます。

 

唾液の分泌は自律神経の影響も受けるので、

不安やストレスがあると唾液の分泌も減ります。

 

口の中をきれいに保ってくれる唾液を減らさないように心掛けましょう😊

 

抑制策として…

・ 食事は規則正しく、よく噛んで食べましょう。

 

・ マッサージで唾液腺を刺激してみましょう。

 

 

・ 軽い運動をして、人と会話をしましょう。ストレスを解消し、唾液腺も刺激します。

 

 

・ 睡眠を十分とり、疲れをためないようにしましょう。

 

日頃から口腔内細菌を減らしておくことです。

当院では、位相差顕微鏡で口腔内細菌を見ることが出来ます。

 

 

お気軽にスタッフまでお声掛け下さいね😊

 

この機会に普段の生活習慣や口腔ケアも見直してみて下さい。