ぶんむぎ わさしち もろ〃日記

ぶんむぎ わさしち もろ〃日記

地味ぃーに色々ありまして。ときどき予約更新デス。


テーマ:

お久しぶりです。

とても長くて文章が乱れていると思うので

今、気持ちが健康なかただけ、よろしければ読んでください。

 

今日は我が家の長男文蔵の誕生日です。

ですが、
実は、文蔵の居ない2回目の誕生日です。
昨年、2017年の2月27日、犬生に幕を下ろしました。
どうしてもすぐに報告が出来ませんでした。
なんで?どうして?と聞かれても答えられないと思いました。
私がまだなんで?って信じられない思いのままで、診断にも納得出来てなくて、
自分を許せないからかも知れません。
「ありがとう」なんてとても言えなくて
ごめんねばかり。
もっときっと何か出来たんじゃないかと思っています。
診察室に飛び込んだ時、まだゆっくり心臓が動いていましたなんて聞いたせいかも知れません。
どんな慰めも励ましも、聞くのは地獄だと思ってしまいました。
それはやっぱり病気にしてしまった、苦しませて死なせてしまった、後悔や罪悪感
もっと走れば間に合ったのか?
あの時もっと不安を言葉にできていたら?
もっともっと前かもしれない
そんなはずはない、文蔵は寿命じゃなかったはずだと思ってしまうから
どこに遡ってやり直せば、今も文蔵は生きていられるんだろうかと
そればかり考えてしまいました。
文蔵の居ない初めての季節を迎えるたび涙が止まらなくて、
気づいたら1年以上泣いて過ごしてしまいました。
とても愛くるしかったはずなのに、
その姿を思い出したいのに
最期の苦しい姿や息遣い腕の中の感触とぬくもり、
酸素マスク心臓マッサージ繰り返される先生のどこか遠くで響いているような「もう戻らないと思います」「止めていいですか」の言葉、耳鳴りと止まらない震え
動かなくなった文蔵を起こそうとする麦やわさびの姿が、まだ昨日のことのように思い出されて
スマホの画像もひらけなくなったまま
何度か、親しくしていただいてた方たちに、報告しようと思いましたが、その度に息が苦しくなってしまいました。
 
きっと悔いのない別れなんてそうそうあるものじゃなくて
辛くない別れなんて絶対ないのに
大事なペットを亡くして色々な思いを抱えていても、みんなちゃんと前を向いて必死に生きているのに、
なんで私はこんなにダメなんだろう
なにをしても文蔵の不在が強く感じられてしまって
天国も虹の国も信じられなくなってしまって
こんなことでは周りの人まで苦しませてしまうと思いました。
 
文蔵が亡くなって
麦が急に弱ってしまいました。
咳や逆クシャミが長く頻発しました。
すぐに心電図検査をし、心不全にプラスが出ました。
貧血になり体力が落ち、感染症になりました。
なんとか元気になったと思っていたら
急にそれまでと違う咳き込みをし、
気管虚脱の診断が出ました。
文蔵とは違う病気だけど
文蔵に続いて、麦にまで苦しい思いをさせるかもしれないと思うと目の前が真っ暗で、
とても見届けられる自信がないと思いました。
そんな姿を見るなら自分が先に終わってしまいたいと思いました。
最期まで寄り添うのが飼い主の当然の姿だと信じて疑わなかったのに
無理かもしれないと思ってしまった自分がいました。
 
だけど、ほんのちょっと入院する機会ができて
なんの準備もないまま
一時帰宅も許されなくて
麦やわさびたちのことが心配でたまらなかったです。
何も出来なくても苦しくても
そばにいられることは幸せなことなんだなと思いました。
当たり前のようでも、それが出来ない時だってあるから
一緒に居られる時間をちゃんと大事に過ごさないといけないなと思いました。
 
苦しくて先延ばしにしてしまったことで
良いタイミングというのがわからなくなって辛くなってしまった
私が今まで出来なかったこと
 
いつでも誰かの
悲しい日かもしれなくて
嬉しい日かもしれなくて
辛い日かもしれないから
私がつい感情移入して苦しくなったりしたように
誰かを苦しくさせたらごめんなさい。
 
子供のような存在だったのに
助けてあげられなかったから
まだ立ち直れなくて
ちゃんと思い出してあげられないけど
1年以上が過ぎて
涙は出るけど、誕生日は悲しい日じゃないって思うことが出来ました。
今日は悲しい日じゃないから
ほんの少し、前を向くために
文蔵から勇気をもらって
遅くなりましたが
報告でした。
 

テーマ:
要らない頂き物をしまして
返すわけにもいかず
困っておりました1週間。

インフルA型・・・(´-∀-`;)
流行に乗っちゃった(*ノωノ)てへっ

冬だから寒いだけかと思いました。
ウロウロバタバタしてたので筋肉痛と思っていました。
ゆえに怠いのも疲労かと思いました。
〇鹿はなんとかって言うのにねぇ・・・

皆様気を付けてええええ

テーマ:
耳が遠くなってる&こたつの住民になってるお年寄りコンビ(文蔵と麦)
に代わり
飛んできて出迎えてくれる猫次男しちみ

癒しのひととき
・・・降ろすまでこのまま・・・
肩しびれます・・・かわいいけど・・・


こんな可愛い猫次男ですが
異食症です
ひも系 ゴム系 袋系は即効で片づけないと
う〇こで出てきたり
ゲボで出てきます
じゃらしも隠さないと棒と玩具だけになっています

一度、焼き菓子をいただいて、きれいに包装&リボンかけしてあったのを
テーブルに置いていたら
いつのまにかリボンが消えていまして・・・
そのことに全く気付かず(包装だけだったかなぐらいに・・)
猫トイレの中の長ーーーくつながったう〇こを見て
震えながら反省したという・・・
困ったかわいこちゃんです←やっぱりあふぉ


テーマ:
7日というか8日に日付が変わって
文蔵が・・・下痢った(´-∀-`;)
トイレシーツを持って文蔵のうしろを必死についてまわる私

お腹冷えたんかなぁ・・・
寒いよぅ・・・
と思いながら
シーツdeキャッチ
落ち着いたのは午前3時半ごろ

朝ごはんの後
また下痢るんじゃないかとハラハラしたけど
大丈夫だった・・・良かったぁ

夜散歩のときは
なかなか出なかったけど(下痢で出したからねぇ)
まあまあ固形だったので
今夜は大丈夫かな

ご老体コンビぶんむぎは
あんまりお腹こわさないから
たまにこういうことがあると
飼い主ぱにくります
なぜか猫チームが興奮して走り回ってたし(;´・ω・)

明日は予定外だけど
家長が帰ってくるので
文蔵も安心するかなー

あ。写真がない・・・後で貼ろう



テーマ:
実家の猫
わさびの妹のんちゃん
12月撮影↓

病院にいく日は
怖がって毎度おもらしをしてしまうらしい
怖いのは病院か
猫キャリーか
はたまた気合いの入った両親の顔か・・・
多分・・・最後のやつだ

テーマ:
昨年末頃のおさしん
なかよしこよしなカップル

の背後のアダルトなカップルがなんかやらしい


暗いからイケナイんだわっ。きっと


ぐしゃぐしゃが際立っただけだった・・・


新年になったら写メじゃなしに
ちゃんと一眼ちゃんで撮って
コメ欄も開けて
ちょこちょこブログ更新

というのが目標ではあったのですが
BUT!だが!しかし!
なにやら不穏よ!しょっぱなから不穏よ!
バタバタの気配しかしない

ので
まだしばらく一方的に発信

現実逃避に変な時間にピグってたりしますので
出会ったら
ケツを蹴り飛ばしてくださいまし。Mなの?どうなの?

テーマ:
相変わらず出遅れまくりで
おめでとうございます┏(゚益゚)ゞ

年末に家長が戻ってきました。

あぁ・・・そうだった・・・

ぬくぬく隊の大ボスだったな・・・

ハロゲン前の密度高ぇな・・・まぁ・・常に一つ所に固まる家族ではあるが・・・

ていうか・・・こいつら・・・動く気無ぇな・・・

南国から戻った家長が寒がるので
とうとうコタツ出しました。

犬猫をコタツに入れたり出したり
・・・面倒くさっ

シマシマが布団(寝具)でゲボって
洗濯したけどなかなか乾かなくて
寒くて心の中で号泣しました。

そんな愉快な年末年始
今年の年越しは『笑ってはいけない』を見ながら
島根のそばをざるでいただきました。
んまんまでございました。・・・写真から「面倒くさい」が聞こえてきそうだYO

年明けて勢いで3社廻ってきましたが、雪降ってて寒うございました。
コタツ出してて良かった・・・

おうちde正月

適当おせち(の一部画像)を必死で食べた三日(段々鬼盛)・・・作り過ぎだYOもう食べたくないYO

家長が南国に戻って行って
我が家の正月が終わった

明日から通常営業でがんばんべ

と思っていたらちと不穏な空気の連絡が。
厄明けるっていうのにね。
どきどきハラハラと親友な私。
今年も刺激的にやっていこう。

テーマ:
ハロゲンの集い写真では
幻と化している猫次男七味
ぬくぬくゾーン(ぶんむぎのそば)に慣れるまでちょこっと時間がかかります
ヘタレですからねぇ
気は優しくて力持ちなんですけどねぇ
えぇえぇ
手先器用な天才ですしねぇ
(引き戸も開き戸もマスターしちゃったYO!
 トイレも落ち着いて出来ないYO!
  最近もろみが弟子入りしちゃったYO!)

そんなヘタレが傍に来てる時は(分離不安なので見えるとこには居るんですけどね)
テーブルに乗っちゃダメでしょとは口が裂けても言えないのですよねぇ

そんな七味くん。
前脚のパッド~指の股
炎症起こして11月より投薬中でございます。
アレルギー疑惑もあり・・・去年もあったんですよね
ブルータスよ!お前もか!?
若干凹みつつ
余計にあまあま・・・は前からか?


そして膝の子を言い訳に今日も掃除をサボる・・・?

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス