地元の病院の、受付?の人からセカンドオピニオンの説明と、どの先生で予約取りたいか?と、
その病院(以降 SO病院)の先生の一覧をプリントしてくれた。

先生の顔写真、経歴や専門分野などの紙なんだけど今ここで決めろと言われても、イマイチよくわからない💧
専門分野と顔(優しそうだった)で決めた。笑


さてさて。
この時「30分で1万円掛かっちゃうから、質問事項はメモにまとめておいでね!」と聞いていた。
セカンドオピニオンは高いと聞いていたけどこういう事か…と。


当日は、顔にそのまま優しさが溢れていた人のようで実際も優しい口調だった。
若干オネエ気質も感じるほど。

身内に同じ症例がないか聞かれたり、
地元の病院からもらったデータを見ながら見解を示してくれた。その時点で既に15分は超えていた。

カテーテル検査してみてもいいかもと言われたものの、全体的には地元の先生と言ってることは変わらなかった。
まぁ、それが答えだと確信が得られたってことで👍

30分を過ぎたところで(こっから金額ってどうなるんだ?)と疑問が出て来たが、
お金優先でせっかくのこの時間を早く切り上げてしまうのはそれこそ勿体無いと思った。

自分の意思でペースメーカー入れるのであれば
SO病院でも可能だけど、術後の経過など通う事も考慮しないとね。って言われた。
にしても、地元病院での手術は親が嫌がりそうだ。


私の質問も出尽くしたところで45分経過。
(30分+15分で、1万5千円くらいかな。)
と予想していたところ、お会計なんと2万円滝汗滝汗滝汗

チョトマテーイ
と思って回想してみれば、
30分を1秒(👈極論)過ぎた時点で追加は1万なのだね。。。

正直…なんちゅうシステムなんだって思った(´Д`。)
カテーテル検査…痛いらしいじゃん?怖いなー。


結果などは、SO病院から地元病院へ送ってくれたようで
その後の私は地元病院にすら行っていない。(行けよ)

今思えば、
地元病院から貰ったデータが保管されるのか、
カテーテル検査をSO病院で受けられるのかも聞けばよかった。