雲棚ご注文再開。雲棚秘話。 | 「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba
2013-09-29

雲棚ご注文再開。雲棚秘話。

テーマ:商品部



「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba




2013年3月、TV東京「ソロモン流」に出演させていただいたときに

その丁寧な取材に呼応するように、製造キャパを大きく上回るご注文をいただいてしまった雲棚。



放送の翌日にはご注文をいったん締切り、


あまりにも温かくお待ちくださったお客様へ、半年かかって、1つ1つ、お届けしてまいりました。


このたびようやく3月のご注文分を完納できましたので、




WEBショップ「ここかしこ」にて、10月1日(火)0:00より、限定100台のご注文受付を再開いたします!




ここかしこ WEBサイト  http://kokokashiko.jp/










雲棚、誕生秘話>>




2008年から5年間、


富山県内の5つの伝統工芸品(井波彫刻、越中和紙、庄川挽物、高岡漆器、高岡銅器)の


ギフトショー出展の企画・アドバイザーをY2で担当させていただきました。



2011年には、2000社を超えるご出展者のなかから「ディスプレイ大賞」をいただいて。


作り手の方たちと仲良くさせていただき、実に多くのことを教えていただいた濃密な時間でした。




5年目、「なんか高岡ブースはいっつも混んでるね」という通りすがりのお客様のお声を聞いて


あ。これはそろそろ、ブースデザインや商品陳列の編集をがらりと変えるべきだろうと確信。

卒業を願い出たというわけでしたが、、、






作り手の方たちとの交流は、「全体」から複数の個へと自然につながって、現在に至っております。




そのなかの1つが、この雲棚。


シンプルな企画ですが、あの5年で培った信頼関係や相互理解がなければ生まれなかった商品と断言できちゃいますねー。






「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba



イエーイ。




左が、井波彫刻共同組合のsuper広報マンでありhyper調整役であり

ミュージシャン?、占い師?、など肩書きを数えたらきりがない崎田さん。

5年前から、早口な崎田さんの驚愕のオモシロに魅せられてきた我々でございます。




右が、ゴッドハンド・花嶋弘一さん。


雲棚(楠)の生みの親であり、心から信頼して製造監修をお願いしております親方でございます。


花嶋さんの手は、もっとゴツイはずと思っていたら、意外にもふっくらすべすべ



「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba



雲棚をひと彫りひと彫り、製造中のスペシャル動画はコチラから↓


ここかしこ・コラム http://kokokashiko.jp/blog/kumodana2/








ところでどうして雲棚だったのか、というハナシですが



もともと、ウチの事務所で商売繁盛のお札を置くところに困っていたということと、


雲中菩薩が好きだったということがあって





壁との余計な隙間とか、変な角度なく、ピタッと吸い付くようにつけられる雲があったら


きっとかわいいなと、結構長い間、なんとなくイメージしていたんですね。





同じく富山県の企業さんのサイト「ここかしこ」を企画、ブランディングするにあたり、


オリジナル商品として、これ、絶対必要だね、やるべきだね、という話を姉妹でいたしまして


ラフスケッチを描いて、上記のお二人と大野勝人さんのお3人に持って行ったというわけでした。




そこからは、寺社仏閣の荘厳な建築を担う井波のダイナミズムであります。




井波ってこんなところ↓




瑞泉寺


「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba





「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba






「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba






「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba





「Y2の有井のブログの」Powered by Ameba








神様のお札は神道で、雲中菩薩は仏教で、難しいことを言い出したらきっときりがありませんが


いわゆる無宗教で生きている私たちでも、人知人力の及ばない何かを、


「畏れ敬いたい」キモチをどこか欲しているところがありますよね。





本品の企画にあたり、いろいろな神社の神主さんや巫女さんに質問しまくりましたが


皆様おっしゃるのは


「お札は、日のよく当たるキモチのよい場所に。頭より高い位置に。」

「人が気持ち良いと思う場所は、神様にとっても気持ち良い場所なのですよ。」





大切にしたいと思うものを、気に入ったデザインで心をこめて飾る(祀る)のに


特に厳しい決まりごとがないことも知りました。











雲棚の設置は簡単です。


取り付け方の動画でお別れいたしましょう。











Y2有井さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース