泣かずにはいられなかった、いのちの話② | 気づいて変わった女の話

気づいて変わった女の話

約10年間彼氏なし。タラレバ娘の劣悪版だった喪女から脱出。
フルタイムOLで兼業主婦の私が、日々の出来事を面白おかしく
ときに真剣に、学びや気付きを交えてお届けします

 

前回右矢印 泣かずにはいられなかった、いのちの話① からのつづき

 

 

宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白

 

出会ってから3週間。

 

家族として迎え入れることが決まってから一週間。

 

 

うちの子になる予定のチワワは、また体調を崩して

 

お迎えが延期になってしまった。

 

 

宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白

 

 

心配でたまらない私達は、毎日のように様子を確認しに行った。

 

 

毎日のように行ったにもかかわらず、お店のスタッフさんは、

 

「今日は体調が良くないので会えません。」

 

次の日に出直しても、

 

「今日も体調が良くないので会えません。」

 

 

そんな日が続いた。

 

 

 

家族になる予定の人間にも会わせられないってどういうこと!?!?

 

 

 

私達夫婦、そして実家の親にまでも不安と不満がつのっていった。

 

 

 

そして、そんな状態なのに、

 

なぜ病院に連れて行ってくれない!?

 

 

宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白

 

 

最期に会えたときも、うちの子のチワワは、

 

 

ひどい目ヤニで、身体もすごく汚れていた。

 

 

きっと下痢が止まっていないからだろうと思ってあまり深くは突っ込まなかったけど、

 

 

 

よくよく思い返してみると、どんどんショップに対して不信感がつのっていった。

 

 

 

宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白

 

 

私はショップの店員さんにかけあった。

 

 

「下痢が止まらなくて、ご飯も食べない状態が2週間も続いているのはよくあることなんですか?

なんで病院に連れて行ってくれないんですか?」

 

 

 

店員さんの答えはこうだった。

 

 

 

「瀕死の子以外は、スタッフの独断では病院には連れていけず、

飼い主さんの要望でも本社に確認しないと許可が下りないんです。。」

 

 

宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白

 

 

 
このまま同じ状況のまま、何日も、何週間も過ごせと言うのか?

 

 

あんまりだ・・・

 

 

私達の心配は限界を超えていた。

 

宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白宝石緑宝石白宝石白

 

つづく