銅メダル獲得の谷井「自分のパフォーマンスを出せた」 =世界陸上・男子50キロ競歩コメント | solomonykのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

solomonykのブログ

ブログの説明を入力します。


銅メダル獲得の谷井「自分のパフォーマンスを出せた」 =世界陸上・男子50キロ競歩コメント男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した谷井は「自分のパフォーマンスを出せた」とレースを振り返った【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】
 
陸上の世界選手権第8日が29日、中国・北京で行われ、男子50キロ競歩では、谷井孝行(自衛隊体育学校)が、3時間42分55秒で3位となり、世界選手権、五輪において日本勢初となる銅メダルを獲得した。優勝はスロバキアのマテイ・トスで3時間40分32秒。

 レースは序盤、スローペースで始まったが、トスが先頭に飛び出すと、2位集団がそれを追いかける形になる。
 谷井はその集団の中でペースを刻むと、30キロ付近で5人に集団が絞られる。そこからオーストラリアのジャレド・タレントが抜け出し、2位を歩くが、谷井らがそれを追いかけるように銅メダル争いを展開。最後は谷井が前に出て銅メダルを獲得し、来年のリオデジャネイロ五輪代表の内定も決めた。

 荒井広宙(自衛隊体育学校)は3時間43分44秒で4位入賞、山崎勇喜(自衛隊体育学校)は4時間3分54秒で34位となった。

以下、レース後の谷井のコメント。

■谷井孝行(自衛隊体育学校)「力をあわせて取れた3位、4位だった」

 レース前にエントリーリストをみて、メダルを狙ったレースができるんじゃないかと思っていましたし、去年から言ってきたことなので、それを実際に(達成)することができて良かったです。3位に食い込むことができたのはしっかりとベストパフォーマンスができたからだと思います。

(先頭に飛び出したトスは放っておいた?)この暑さの中、自分の中で(ゴールの)目安のタイムもありましたし、他の選手もトスを追いかけていかなかったので、(第2)集団の中でリズムを作っていこうと思っていました。

 序盤はスローペースで20キロのタイムが1時間30分くらいだったので、3時間43分前後になるのではと思っていました。その後、ペースが上がったときにもしっかり対応できましたが、銀メダリストのタレントがペースを上げたときは対応できなくて、一人になってキツイ場面もありました。その後、荒井選手が追いついてきて自分もリズムを整えることができたので、二人で力をあわせてこの順位をとることができたのではないかと思います。

(一時は4位、5位になりましたが)二人(荒井選手と)で前を見て追いかけていましたし、40キロ過ぎぐらいに3番手だった選手が落ちてきて、二人の会話の中で「メダルを取ってやろう」と話していました。自分だけメダルを取ってしまったので、本当は(荒井選手と一緒に)銀、銅が良かったんですけど、力をあわせて取れた3位、4位だったんじゃないかと思います。

 世界陸上は2大会連続で9位でしたし、今回はメダル狙いのレースをしてそれが達成できなかったとしてもしっかり8位以内(入賞)に入ると会見等でも言ってきました。しっかり粘って3位に入ることができたので、この暑い中で自分のパフォーマンスを出せたのではないかと思います。

引用元:Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000102-spnavi-spo