今回は「KSR110」のフロントフォークのオイル漏れを何とかしたいと思いますニコニコ
なお、このフロントフォークは前オーナーが半年前にオーバーホールしたばかりだと聞きましたが、オイルシール交換時にキズでも付けたんでしょうか…キョロキョロ

ところで、このブログは、バイク好きの素人が整備の状況を記録に残すための「備忘録」となっております。手順等、正規ではないことも多々あるかと思いますがご了承下さいウインク

「フロントフォーク」を分解していきますが、KSRから取り外した「フロントフォーク」は、インナーチューブとキャリパーサポートの結合部付近のサビが目立つため、インナーチューブについては予備のフォークのものと入れ替えようと思いますウインク

と言うことで、予備のフロントフォークも分解していきますウインク

何せ、KSRのフロントフォークのように「なんちゃって倒立フォーク」の分解は初めてなので、一応「サービスマニュアル」に従ってやっていきますニコニコ

(左)予備のもの(右)KSRから外したもの

ん?あれっびっくり

(左)予備のもの(右)KSRから外したもの

KSRから外したフォークには上の部分に何か着いてますね。外れるのかと試してみましたが、カシメられており外れません。そのまま入れ替えてよいものか分からないので、今回は入れ替えはせず、そのまま使うことにしましたキョロキョロ

サビが浮いて表面がデコボコになっていた「インナーチューブ」でしたが、引っ掛かりが無くなるまでひたすら磨きましたキョロキョロ
これをやっておかないと、せっかく交換した「オイルシール」にキズをつけてしまいますからねニコニコ

インナーチューブにラップをかぶせ、新しいオイルシールを組み込んでいきますニコニコ

「フォークオイルシールドライバ」でオイルシールを圧入していきますニヤリ

フォークオイルは「Kawasaki純正 G10」ニコニコ

今回はオイルシールの交換のみ、インナーチューブ内も完全乾燥させてないので、サービスマニュアルにある既定値(165ml)を入れますニコニコ

エアーを抜き、「フロントフォークトッププラグ」を取付けますニコニコ

もう片方の「フロントフォーク」はオイル漏れはないため、今回はオイル交換のみとしますウインク

オイル交換の終わった「フロントフォーク」を車体に取付け、

タイヤを装着後、何度か強めに「ダンピング」させ、オイル漏れがないか確認しますニコニコ

取り敢えず、今回はここで時間切れウインク

何とかフロントタイヤまでは取付けることができました。後は、チェーン清掃、リアタイヤ取付け、ブレーキキャリパー整備、外装取付け、キャブレター交換…、時間的には1日もあれば終わりそうな作業です。夏休み最終日でしたが、残念ながら期間中には終わりませんでした。でも、引き続き頑張ります、それでは〜ウインク