ひと雨ひと雨秋へ向かっている感じがする。朝方寒気がしてナースに布団をかけ直してもらった。


病室の向かいにある小学校も今週から学校が始まり、校庭から子供たちの賑やかな声が聞こえる。



立ち上がれない人間にとって、その光景は見ることができないが、耳からは感じ取れる。気持ちが明るくなれる。




たまにリハビリが中止になる時がある。

そうなると、ベッドに横になったままの時間が数十時間となる時があり、体も痛いし、それよりも精神的にイライラの限界を超えそうになる時がある。そんな時に精神状態をうまく維持するのはなかなか大変だ。



両親と姉、そして石川 さんが交互に病室に来てくれ、俺の体をストレッチやマッサージでほぐしてくれる。

凄く助かる。

体が生き返り気持ちが復活する。


特に石川 さんは、抱きかかえ車椅子へ乗せてくれる。そして座った状態でのストレッチや食事介助をしてくれるため、良いリハビリにもなる。

本当にありがたい!。


俺は本当に恵まれていると思う。

感謝しています。



感謝しながら病室の天井に向かって、「ありがとう、ありがとう」と

独り言を言っていると、なぜか気持ちも呼吸も少し落ち着いてくる。

だから、


「ありがとう」と言う言葉は、すごい力を持っているのかも…と考える。


言葉の持つ力…、すごい!!


俺の場合「ありがとうございます」の「ございます」をつけると、力が落ちるような気がする。



さぁ明日は、久々の外出。

気持ち良い天気になればいいな…



悠人   お前の「ありがとう」はなかなかいいよ!




いつも、いいね、コメントありがとうございます。
なかなか返事ができませんが、コメントは全て読ませていただいて、パワーをもらっています。
「ありがとう」

☆電子書籍、近日出版予定です。
どうぞよろしくお願いします。