防災を考えよう!〜断水の話〜 | 東伏見のDONの地域活性化への道!!

東伏見のDONの地域活性化への道!!

地元・東伏見の街の出来事など日々報告していきます。

みなさん!おはようございます!!




引き続き好天の東伏見です晴れ


しかし昨日は残暑というには

あまりに暑く堪えましたがアセアセ

今日はどうなんでしょうか。。。



そんな季節の変わり目ですが

防災士の資格を持つ炎

私、東伏見のDON!

(画像はココスポ防災訓練)

防災を考えよう!

と題してお届けしておりますが

本日は断水について話しますタラー


一昨日、和歌山県の紀の川にかかる

水道橋が崩落したことによりドンッ

和歌山市内の約6万世帯に

大規模な断水が発生しています汗汗
電気・水道・ガスなどを

ライフラインと言いますが

今回はその中の一つ上差し

だけ、しかも上水という

飲み水など供給する水が

停止されましたバツレッド


不謹慎な言い方かもしれませんが

こういった機会を是非とも!

災害時を想定した訓練と考えて

生かしていただきたいと思いますパー


以前にもこのブログで

について書きましたが

自然災害では他のライフラインや

もう一つの水、下水

機能しなくなります!!


最新型のトイレ🚽で一回4ℓ

10年以上前の型式だと

一回7〜9ℓの水を使用しますガーン


お風呂の水を溜めておく事も

以前オススメいたしましたが

一般的なご家庭の浴槽の場合

200〜300ℓ溜めておけます温泉


何にどれだけ水が必要なのか!?

家族の人数や生活習慣など

みんなで話し合って準備する拍手

そして情報を共有しておく携帯


起きてしまった事は仕方ない!

当事者には大変失礼ですがあせる

こういった事も無駄にしないよう

生かしていただきたいと思いますウインク


あとは地域によりますが

ご近所に震災用井戸という

札が掲示されている家を家

ご覧になった事ありませんか!?


その地域の大地主さんか農家など

敷地が広いお宅が多いんですが

そこには地下水を汲み上げる

施設が施されています長音記号1


昔は井戸端会議などと言われ

ご近所の方々が集まって

井戸水を汲み上げて

生活用水にしていましたお茶


いざという時には

こういった地域資源もある事を

是非覚えておいて下さい上差し



そんな訳で、和歌山だけではなく

自分の地域はどうなんだろう!?

そんな事を考えること自体も

防災への一歩です!


来るべき災害に備えて

防災意識を高めましょうメラメラ




では、また〜!(^_^)v