傾聴カウンセラー 伊藤夕貴ブログ

傾聴カウンセラー 伊藤夕貴ブログ

元教員、障害者福祉を経験したカウンセラー♪
女性の心を紐解くカウンセリング
自分の心の向き合い方について書いています。

こんにちは♪

 

 

 

 

傾聴カウンセラーの

伊藤夕貴です^^

 

 

 

 

 

 

今日はわたしが

カウンセラーを

目指すようになったきかっけについて

書いていきます^^

 

 

 

急ですが

なんだか書きたい気分になったので♪笑

 

 

 

 

 

 

何度かブログで書いているのですが、、

わたくし、

以前は小学校の教員をしてました^^

 

 

 

そして、

大学卒業してから新卒で教員になり、

一生続けていくものだと思ってました。。

 

 

 

そんな教員を退職するきっかけとなったのが

教員生活6年目、

クラスの学級崩壊でした。

 

 

 

 

立ち上がる子

喧嘩をする子

 

毎日が戦争のようで、

気持ち的に、もうぎりぎりで

病院で抑うつの薬をもらって、

なんとか乗り切る日々でして

 

 

 

3月までは続ける!

と何とか自分をごまかしごまかし

続けて、

3月末に退職しました。

 

 

 

その後はすぐに、

福祉職についたんです。

 

 

 

 

 

 

ある時、

一緒に働いていた

付き合う前の旦那さんに

学級崩壊の経験を話したところ、

 

 

 

「じゃあ、ゆきさんは

この職場でうつになった人がいたとしたら

誰よりも気持ちがわかってあげられるね!」

 

 

 

ってそんなことを言われたんです。

 

 

 

そこでわたし

 

(ん?)

 

 

 

 

 

 

 

(ん?)

 

 

 

 

 

 

 

 

(なんか

それ違う!!)

 

 

 

 

そう思ったんです。

 

 

 

 

 

 

「気持ちがわかってあげられるじゃなくて、、

 

 

 

 

わたしは

その人がうつになる前に

助けたい!!」

 

 

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

 

一人でしんどい思いをして

体と心を壊す前に

その人をサポートしたい!!

って。

 

 

 

 

 

この時、

心から湧き上がる声に

自分ではっとしたんですよね^^

 

 

この言葉で

カウンセラーになることを決意しました。

 

 

 

 

 

 

 

頑張る。

一生懸命やる。

 

これってすごく

素敵なことだと思うけど、、

 

 

心を置いてけぼりにしてしまうと

気づかないうちに

心が悲鳴を上げて、

 

 

自分でも、

何を感じて

何を思っているのか

分からなくなってしまうこともあるんです。

 

 

 

そうなる前に、

 

 

自分と向き合って

自分の強さも弱さも受け入れて

ありのままの自分を大好きになる。

 

 

 

 

 

 

そうやって

自分の心と向き合って

自分のことが大好きだと感じられる

そんな

サポートをしていきたいんです。

 

 

 

 

 

まだまだ、

わたしは駆け出しのカウンセラーです^^

 

 

 

でも、

一人一人と向き合って、

この人を全力でサポートする!!

 

 

 

そんな気持ちは誰にも負けません^^

 

 

 

ありのままで

自然体で自分のことを心から

大好きな人

 

 

 

そんな女性を増やす活動を

全力でしていきますね^^

 

 

夕貴

募集中♪いい子は卒業!
自分と向き合って
あなたが築きたい理想の関係を作る
パートナーシップミニセミナー

★日時 7月28日(日)10:00~ 2時間程度
★場所 都内 お申し込み後場所をご連絡いたします♪
★価格 4000円
★募集 2名→満席♪♪→2名増席しました♪
★特典 90分の個人セッションをプレゼント♪ (セッションは、お申し込み後日時をご相談♪)
★お申し込みはこちら
★詳細はこちら

 

   絡まった心を紐解く
◇体験カウンセリングセッション募集中◇

普段流してしまっている
モヤモヤやイライラと向き合って
“自分のことが心から好き”
そんなあなたになりませんか?
*詳細はこちら
*お申し込みはこちら


フェイスブックやってます♪

 

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

image

伊藤夕貴プロフィール
 
1987.6.2生まれ、東京在住
 
文教大学教育学部卒業。
教員免許状を取得。
 
幼少期からダンスを始め、高校時代は部長としてチアダンス一色に。全国大会での成績が認められ、世界大会にも出場。
広い付き合いを苦手とし、狭くて深い人間関係を築く。
 
大学卒業後、小学校特別支援学級の担任に。
子供達の一人一人の得意不得意や発達に合わせた指導をし、日々成長する様子にやりがいを感じていた。
その後、通常の学級の担任となり
教員生活6年目、学級崩壊を経験する。
 
年度末まで勤めて退職したが、この経験がトラウマになり、思い出すと胸が苦しくなる状況が1年以上続いた。
退職した劣等感をなんとかしようと、模索している中、ひとりのカウンセラーと出会う。
安心安全の場で心の奥に追いやっていたその時の想いや感情を思ったままに話すことができ、今の自分を受け入れるようになる。
 
この経験をもとに
無理して頑張る女性の心をほぐして、そのままを受け入れていく女性を増やしたいと
カウンセラーになることを決意し、現在活動中。