人事のブレーン社会保険労務士日記

経営者の納得する提案をコンセプトに人事制度、賃金制度及び就業規則の提案。
問題社員への対応方法や労働組合への対応を行う特定社会保険労務士のブログです。


テーマ:

まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ


昨日は八王子商工会議所工業部会次世代工業研修会で「中小企業の経営者が最低限知っておきたいマイナンバーの知識と実務」と題してお話をさせて頂きました。

 

経営者に対する研修会ですから、実務担当者のような細かい知識は必要ないので、マイナンバーの今日的動向と企業の安全管理措置について中心にお話をしました。

 

「色々な業者が見積を持ってくるけどどの程度の投資が必要なの?」

 

ここが経営者の本音であると思います。

 

この点を掘り下げて「情報流出する場合とはどの様なケースが想定されるのか」を明らかにして対策を考えていきました。

 

ハッキングより誤送信や紛失が最も多いのです。

 

これは設備投資で解決できる問題ではなく、社内ルールをしっかりと作り、厳格に運用していくと言うことです。

 

保管についてはクラウドにするのか紙にするのか、自社のサーバー等で保管するのかでコストが違ってきます。

 

この点も明らかにしてお話をしました。

 

細かい話をしないように心がけましたが、過剰投資をしないようにアドバイスをさせて頂いたつもりです。

 

機会を頂きありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

昨日は八王子商工会議所工業部会次世代工業研究会でマイナンバーの講師を務めさせて頂きました。
 
テーマは「中小企業の経営者が最低限知っておきたいマイナンバーの知識と実務」です。

制度の概要をお話しして、「番号法とガイドラインの関係」「就業規則とマイナンバーの関係」をお話しした後、どの様にマイナンバーを回収し、管理をして行くのか。

その為に何を決めればいいのか。

この点を掘り下げてお話しを致しました。

マイナンバーに関してはガイドラインの位置づけに対する誤解が多く、番号法とガイドラインの関係をしっかりと整理する必要があります。
ここを理解しなければ、マイナンバーに関する書籍などを読んでも正しい理解ができません。

中小企業の実態に即した対策を、大企業用の特定個人情報取扱規程と中小企業用の規程を比較してお話しを致しました。

この比較が一番分かりやすいと思います。

立春の日に宅建協会八王子支部でお話しさせていただきます。
弊社主催の特定個人情報事務取扱担当者研修もございます。

マイナンバーに関しては中小企業のうち、中規模企業のマイナンバーの取扱が一番悩ましいです。
小規模企業で社員の出入りが少ない会社では紙媒体で管理できます。
一方大規模な企業では、マイナンバーに関する設備投資ができます。

紙媒体で管理するのが難しく、予算も掛けられない中規模企業のマイナンバー対策が今後のポイントになってくると思います。

中規模企業のマイナンバー対策もしっかりとご提案出来ます。
どうぞご相談下さい。

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは一日一回下記をクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ

今日はメルマガ執筆日。

今回は「平成28年改正労働基準法その1」をテーマとしました。
中小企業にとって影響の大きい、労働基準法第39条の年次有給休暇の改正。
使用者が年間5日、付与日の時季指定を行うということが改正点です。
年次有給休暇の国際比較や年間休日数を検討し、対策をお話ししております。

本年より8月11日に山の日ができて、我が国の祝祭日の日数は16日です。
祝日数は国際的にみて多いのです。
この点は私がまとめた年次有給休暇取得率の国際比較をご参照下さい。
http://www.yamamoto-roumu.co.jp/knowledge/column_vol33.html

次に平成22年の労働基準法改正で創設された月60時間を超える残業時間に対する賃金の割増率を1.5とする規定が中小企業に猶予されていましたが、平成31年からその猶予が廃止されるというもの。

またフレックスタイム制の清算期間が最大で3ヶ月となった内容について掘り下げてみました。

フレックスについては使いやすくなりましたが、今回は誌面の関係で取り上げられませんでしたが、高度プロフェッショナル制度や裁量労働制の改正により、労働者の健康管理に対する措置が厳しくなります。

この点は中小企業にとって厳しい内容です。

これらを掘り下げておりますので、どうぞメルマガもご覧下さい!!
http://www.yamamoto-roumu.co.jp/knowledge/mailmagazine.html

人気ブログランキング
1日一回のクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓

Banner2_2

社会保険労務士法人山本労務
http://www.yamamoto-roumu.co.jp

覚悟の瞬間
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)