若者と労働 山内 | katsuhiroのブログ

katsuhiroのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今回の範囲では、日本はメンバーシップ型という社会システムで、欧米諸国はジョブ型の社会システムであるなどの社会システムの違いなどが書かれていた。
日本のメンバーシップ型は人を重視して考えている。ジョブ型の必要な技術があればいいという明確な採用基準とは違い、人間性という曖昧なもので判断しなければならないのである。今では学歴を重視する企業も増えている。
メンバーシップ型では就職後その会社の周りの人に信頼されたり良い関係を築くことが大切である。そのためには誠実さ、謙虚さ、自主性といったものが重要であり、大学でこれらを身に付けることで面接の時や仕事に就いた後周りの人に信頼されるだろう。日本のメンバーシップ型の社会でしっかりと順応するためにはこの3つのことを身につけることが必要である。
これは学生がそういう意識を持つことが必要である。大学でもこれらを身に付けるための指導をもっと行うべきであり、そのような講義を行うべきである。

katsuhiroさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス