痛い身体で練習しない

テーマ:

ジュニアコンディショニングを

月に1回行っています。


Ken'sテニスクラブ


小学生の身体をみています。


小学生なのに身体中が痛い・・・


触るだけで身体が痛い・・・


「痛い身体で練習しない」


このことを伝え続けたいと心から思います。




故障をしないことはラッキーではない!


練習の質、身体の使い方は指導者

身体を作る栄養やケアーはおやごさん


強い選手になるには周りの大人の存在が大切です。


そう思います。