脆弱性

テーマ:

これを東北の震災地でまじめな顔で「きじゃくせい」と堂々と読んだ、某フジテレビ女子アナウンサーはいいとして

 

たとえば、田舎の家

 

鍵はかけてないし、かけてあっても簡単に入れる

 

脆弱性だらけです

 

しかし、それを責めることができるでしょうか?

 

ふつうは、強盗や空き巣をする人間が悪いって話になりますよね。

 

でも、これは日本という社会で通用するお話です。

 

支那のギャングや強盗には通用しません。

 

おそらく、日本の若者にも通用しません。

 

田舎の粗末の家でつつましい生活を送る。

かつての日本では理想的な暮らしでした。

 

でも、今では生命の危険がある恐ろしいことです。

 

時代とともに脆弱性いや、全ての常識が変化します。

普遍的な科学の分野ですら、時代とともに変化します。

 

じゃあ、庶民はどうするべきか?

 

ちゃんと新聞を読むなり、情報を追いかけて、自分で安全・安心な暮らしを探す必要があります。

 

最近のアホ政府は、自分の都合で急激に国民生活を変えようとしています。

 

それも、ただ嘆くだけではなく、政府がどんな政策をとっても生きられるようにするべきなのです。

 

強い人はもちろん別ですよ。

 

自分の力でブルドーザーのように突き進めるのですから。