愛知県豊川市職員の堀照伸さん(当時55歳)がうつ病で自殺したのは、自分の部下に対する上司のパワーハラスメントなどが原因だとして、妻しずゑさん(62)が公務災害認定を求めた訴訟の控訴審判決が21日、名古屋高裁であった。高田健一裁判長は「パワハラなどが心理的負担になり、うつ病を発症した」として自殺と公務の因果関係を認定。1審名古屋地裁判決を取り消し、原告側逆転勝訴の判決を言い渡した。

 原告代理人の岩井羊一弁護士は「直接ではないパワハラを心的負荷として認めた画期的な判決」と評価した。

 判決によると、堀さんは02年4月、豊川市児童課長になったが、難易度の高い仕事が多かった上、自分の部下に対する上司の叱責(しっせき)が心理的負担になり、うつ病を発症。同5月、上司を批判する内容や「もう疲れました。無念」などと記されたメモを残して自殺した。

 判決は「上司は大声を出し高圧的に部下を叱責することもあり、パワハラは明らか」と認定。その上で堀さんについて「心理的負担を受けた」とした。

 判決後に記者会見したしずゑさんは「無念と言い残した主人に『これでよかった?』と聞けるような判決でうれしい」と話した。【沢田勇、高木香奈】

【関連ニュース】
三井造船:肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁
裁判員裁判:制度導入1年を前に反対集会開く 会見も
過労死:国が上告 認定の名古屋高裁判決
石綿:中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初
過労死控訴:障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決

マルチ商法 仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」(毎日新聞)
普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛(産経新聞)
家畜空白地帯って?増え続ける子豚どうする(読売新聞)
ぜいたく品を北朝鮮に輸出 鳥取、容疑の業者捜索(産経新聞)
アジサイが見ごろ=長崎市〔地域〕(時事通信)
AD
【名言か迷言か】

 鳩山由紀夫首相は5月13日朝、米軍普天間飛行場移設問題の決着期限について、自ら公言してきた「5月末」までという期限について、こんなふうに言った。

 「当然、5月末という期限を私は作りましたから。国民とのお約束の中で、できるかぎりのことはいたします。そして、当然すべてというものが果たせるかどうかということでありますから、当然6月以降になっても、また詰める必要があるところがあれば、当然努力はいたします」

 5月末決着に向けて努力はするが、6月になっても未決着の部分は残ると言っているわけだ。このため、各マスコミは「普天間問題 5月決着を断念」と大きく報じた。

 翌14日朝のことである。鳩山首相は記者団にこう述べた。

 「ずーっと申し上げている通り、5月末までに決着をすると。そのように申し上げておりますから、アメリカの皆さん、その前に当然、沖縄の皆さんと全国特に移設先にかかわるという地域の皆さん方に理解をいただいてこれでいこうという方向でまとめていくということでございまして、それ以上でも、それ以下でもありません」

 5月末に決着するのかしないのか、これでは、何が言いたいのかさっぱり分からない。わざと分からないように言っているのか。それとも、本人は分かるように言っているつもりなのだが、まったく相手に伝わらないのか。あるいは、聞く側に問題があるのか。

 一方、内閣支持率が下降の一途をたどる中、鳩山首相も心理的余裕がなくなってきたのか、記者団とのやりとりも丁寧(ていねい)さを欠いているという指摘もある。5月12日、記者団は鳩山首相に、「最近、朝も夜も首相の答えが短くて冷たい感じがするって声があって…(中略)…鳩山首相らしさが消えてしまったという声もある」と質問した。これに対して、鳩山首相はこう答えた。

 「あのー、一番ぶら下がり(取材)で、時間が短かったのは、小泉元首相。皆さんもご案内の通りであります」

 小泉純一郎元首相の政治手法は「ワンフレーズ・ポリティクス」とも呼ばれ、発言はわずか一言だったり、短くそっけなかったりした。だが、話者としての小泉元首相が高く評価されたのは、その短く鋭い一言で、的確に相手の心をつかんでいったからだろう。短ければそれでいいというわけではないのだ。

 鳩山首相は「極力丁寧に(答えるよう)努めているつもり」としており、たしかにその発言は小泉元首相ほど短いわけではない。だが、長いわりには意が尽くされているわけでもない。もちろん、小泉元首相ほどには短くて当意即妙だというのでもない。

 「冷酷無比」と言われたほど、ドライな決断を得意としていた小泉元首相よりは、鳩山首相の方が温かみがあるような気がする。そうした良い点は残しつつ、発言はもう少し「丁寧」にした方がいい。「丁寧」というのは、言葉づかいが厳しくない、鋭くない、きつくないというだけが問題なのではない。相手に分かるように話すことが大事なのである。(五嶋清)

◇…先週の永田町語録…◇

(10日)

 ▽根回し下手

 鳩山由紀夫首相 根回し下手だとか、いろいろ言われるかもしれません。そう言われてもかまわないと思います。(米軍普天間飛行場移設問題について記者団に)

 ▽当然の結果

 市田忠義共産党書記局長 (普天間飛行場移設問題で)国外撤去か最低でも県外と言っていたのに、「公約でない」と(首相が)居直る姿を見て、支持率が落ちるのは当然の結果だ。(世論調査での内閣支持率下落について記者会見で)

(11日)

 ▽議論を重ねれば

 鳩山由紀夫首相 議論を重ねれば重ねるだけの進展はあると期待してます(米軍普天間飛行場移設問題をめぐりワシントンで開く日米実務者協議への期待について記者団に)

 ▽人間の物差しを

 谷川秀善自民党参院幹事長 宇宙人と言われているから(辞めないでしょう)。物差しが違う人を首相に頂いた国民は不幸だ。せめて人間の物差しを持ってほしい。(鳩山首相が退陣する可能性について記者会見で)

(12日)

 ▽へっちゃらだ

 亀井静香国民新党代表(金融・郵政改革担当相) 大変厳しい。逆風の中で戦っていく。支持率なんかマイナスでいい。へっちゃらだ。はね返すから。(参院選情勢に関し記者会見で)

 ▽横文字で済ますな

 平沼赳夫たちあがれ日本代表 「マニフェスト」という言葉はもともと「政権公約」。何でも横文字で済ますのはよくない。国民に分かりやすい表現を使うべきだ。(記者会見で)

(13日)

 ▽非公開に理解を

 鳩山由紀夫首相 すべてを明らかにして議論すると、うまく進まないこともある。必ずしもオープンにすることが望ましくないテーマもあったということをご理解願いたい。(米軍普天間飛行場移設問題をめぐる交渉経緯について記者団に)

 ▽破壊に歯止めを

 谷垣禎一自民党総裁 参院選で与党の乱暴な政治、日本の基礎を破壊する政策に必ず歯止めをかけなければならない。(参院選に向けて、全議員懇談会で)

【関連記事】
生きていた鳩山首相に強い味方が登場
民主・尾立参院議員「事業廃止です。これまでご苦労さまでした」
「愚かな首相」は共感を得られるか
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理

「番組介入しない」原口総務相、電監審強化で(読売新聞)
引きこもり殺人勃発…“爆弾”を抱える家族の実態(産経新聞)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
「官僚答弁だ」患者落胆 厚労相、B型肝炎原告団と面会(産経新聞)
正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
 東証1部上場の「昭和電線ホールディングス(HD)」傘下の電気機器開発「アクシオ」(東京都港区)に勤務していた30代元社員が、パソコンなどを転売して約4千万円を詐取していた疑いが強まり、警視庁捜査2課と愛宕署は11日、詐欺の疑いで、元社員を逮捕した。

 同課の調べによると、元社員は平成17~18年ごろ、別会社に発注して納入したパソコンなどの備品を発注自体がなかったよう装い、備品を転売する手口でアクシオに約4千万円を支払わせ、だまし取った疑いが持たれている。

 同社の内部調査などで不正が発覚。同社が昨年、詐欺罪で刑事告訴するとともに、元社員を懲戒解雇処分としていた。

【関連記事】
東京株終値、166円高で1万530円 3営業日ぶり反発
東京株、3日ぶり小幅反発で始まる 欧州危機の協議難航で様子見 
ギリシャ国債格下げ 東京株にも冷や水 一時330円安
欧州株式、急反発 ほぼ全面高
NY円、93円前半 欧州経済の不安感後退
少子化を止めろ!

親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺(産経新聞)
中国の中間層にビザ、観光誘致へ要件緩和方針(読売新聞)
<千葉県銚子市>08年9月休止の市立病院 診療を再開 (毎日新聞)
やまねメディカル、3割超の減益―行政処分が影響(医療介護CBニュース)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)