たまにはマジメに“背中の痛み”の意外な原因を考察してみる | *深紅*

*深紅*

…………


テーマ:

ご無沙汰しております。


いえ、「この度も」ご無沙汰しております、私めで御座います。




――と、いうアレで。



今回は、ブログの更新停滞などを誤魔化す勢いで、タイトル通りマジメにコラムを綴ってみようと考えております。




さくさく参りましょう。



テーマは「背中の痛み」で御座います。



もしも、朝起きて背中や腰に痛みを覚えたならば……


大抵の方は、肩こりや寝違えなど筋肉の原因を疑うことでしょう。




昨日の無理が祟ったのか、はたまたぶつけたのか寝違えたのか……


ピンと思い当たる節があるのなら、それで良いのですけれど。



万が一、思い当たる節が無かったとしたら?


もしも、数日経っても一向に痛みが治まらなかったとしたら――?






……そんな時は是非、内蔵に意識を向けて欲しいので御座います。






実は、背中や腰などの痛みは、内蔵の痛みと深く関わっている事が多かったりするのです。



なんでも、内蔵って痛覚が鈍いのだとか。


まぁ、ど素人の私めですので、詳しく語る事は出来かねますけれども



いとも簡単にまとめ申しますと……



内蔵の痛みは、皮膚痛覚と混同して脳へ伝えられてしまうので、内蔵の痛みをストレートに感じ取る事が難しいらしいので御座います。


だから内蔵の痛みを、皮膚や筋肉の痛みと勘違いしてしまうわけなのであります。



背中の痛みは、内蔵の不調を表現する為の手段なので御座います。



というわけで、背中に痛む箇所があったなら、そこに極めて近い臓器が不調を訴えているかもしれませんから、長く続く場合には注意が必要なのです。


背中はまるで、内蔵の地図のようなもので御座いますね。





―――と。




忘れるなかれ、、、


背中の痛みには上記に挙げた以外にもう1つ、考えられる原因が存在するのであります。






それはずばり、精神の病



私めも経験した覚えがあるのですけれども


いわゆる鬱症状には、背中の痛みを伴う場合が御座います。




私めの実体験ですけれど、、、



背中全体が痛くなりまして、とはいえ痛い箇所がハッキリ分かるというものではなく


そりゃあもう、どこと言って良いか解らないような、痛重い、気持ちの悪い痛みを抱えておりました





当時私めは、その痛みが辛くて辛くて、風邪か筋肉痛かと覚悟を決めて医者へ行ったものですけれど


結果、心の病だったという訳であります。



もしもお心当たりが御座いましたら、無理はなさらずお医者様へご相談くださいませね。



*RUI*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス