2005年06月25日(土)

<クールビズ論争>

テーマ:閑話休題

そろそろ議論も出尽くした感のある省エネファッション。

小泉総理があのファッションで初めてインタビューに答えているのを見て
昔の省エネルックよりはマシな気はしたけれど・・・(笑)
(これを思い出せる年齢の人は大体同じように思ったはず)





まあ、営業職の人にはかなりキツイ流行になりそうですね。

クールビズを取り入れてない取引先やお客さんを訪問する時に
営業マン&営業ウーマンがラフな格好過ぎてもいけないだろうし
失礼にならない程度の服装の特集番組などを見て研究しないと
「あんな格好で来るやつと取引出来るか!」なんて怒られるかもしれないし。






クールビズをやるやらないは企業のトップの決断次第なので
雇われの身のサラリーマンはどちらになるか待ってるだけって状態の企業も多いようですが・・・

事務系の社内作業組の比率の高い会社は既に便乗して
「クールビズ出社OK」になったところもあるみたいですね。





表に書ける私の職歴の中で、一番長くやった職業はコンピュータのソフト開発。

パソコンやネット関係ではなく大型汎用機と言われるものです。
名前を出せば誰もが知ってるような大企業が使うデッカイコンピュータです。


私はそこへソフト開発の専門会社として開発するために出向き

請け負ったシステムの開発をしてたわけです。
だから事務屋組に入ると思います。


今回のクールビズの前の「ノーネクタイデー」の取り入れも、他の業界に比べて早かったと思います。
社内で開発してる時はGパンTシャツの人も結構いたと思います。
客先常駐の場合は無理でしたし、出向かないといけない時は着替えたりしてましたけどね。




で、パソコンとの違いは何?と聞かれると・・・

大型汎用機と言われる機械はコンピュータ専用ルームがあり
機械から発せられる熱で室内温度が異常上昇するので
エアコンや空調などを全て管理されていると言うところでしょうか?


大型汎用機とつながっている端末は一般の事務部屋や現場に置けるのですが
本体は大きなものですから、別の場所(部屋)で管理されているのです。




普通にソフト屋として行ったケースでは事務部屋で仕事をしているのですが
話の流れによってはコンピュータ専用ルーム(業界用語でマシン室)へ行くこともあります。


普通にソフト開発を専門にしているSE(システムエンジニア)は

ハード(機械そのもの)の知識が薄いと思われているようで
CE(Customer Engineer:機械の搬入・設置、保守などをするエンジニア)あたりから
ちょっとバカにされながら色々なうんちくを長時間聞かされたりすることがあります。


夏でも冬でも、マシン室の設定温度が18度~20度と異常な部屋の中で
1時間も立ち話をされた日には寒さで震えがきたものです。

{{(>_<)}}・・・(>o<)ヒックシッ!!


まあ、こんな設定の事務部屋はないと思うのですが・・・。





今のパソコンやネット関係の開発には女性の進出も目覚しく
男女比率が変わらなくなってきているかも知れませんが
私がSEで雇われていた頃は、男性の方が多かったので
ソフトの開発チームの常駐部屋も男性に合わせた温度設定。


真夏でも上着とひざ掛けは必須アイテム。
それでも業界2年目の夏には「クーラー病」になってしまい
毎年、エアコンの入り始める6月頃に体調を崩すのが恒例となってしまいました。




あの頃からずっと思ってたんだけど、男性の体感温度って女性とは全然違いませんか?
私が調度いいと感じる室温の状態で、大半の男性は「暑くない?」と聞いてきます。


大体の男性は、私が上着を探すくらいの室温で調度いいと思ってませんか?
温度で言うと22~23度くらい?




この温度で、例えばエッチしてる時でも、男性が大汗かいてる状態で
女性はほんのり汗ばむ程度って感じじゃないですか?
同じ程度の興奮状態でも汗の量は全然違うと思うんですよ。


運動量の違いがあるかも?!と言われるかも知れませんが
女性上位の場合だと運動量は逆転しません?

たとえ女性上位で激しく動いてるときでも、滝のように汗を流す女性って
あんまり聞かないような気がするんですが・・・。


クールビズの話しでもエッチの話題かい?!と突っ込まないでください。
そのくらい体感温度が違うんだ、と思って頂ければいいんです、はい(笑)






で、話しを元に戻すと・・・




仕事場でスーツを着てる男性と一緒にいるとしたら、女性は冷え性になるのも当然だと思います。
何故か、男性の基準でエアコン設定されることが多いんですから。


男性側からの理論だと「暑いからってスーツは脱げない」
「寒かったら重ね着で防御出来るじゃないか」と言うところでしょう。




でも、これって理不尽な意見だと思います。


冬の寒さと違って、エアコンは人工的な寒さだということ。
部屋にいる男性には涼しいかも知れないけど
一歩外に出たら室外機の熱風や灼熱の日光の高温に晒されて
体内温度調整の機能がついていかない私のような女性の体調が崩れてしまいます。





「お前ら男だけのためのエアコンかい?!」(゚Д゚)クワッ


ずっと思ってきた私は、基本的にクールビズでエアコンの温度設定を
例え1度でも上げてくれるかも知れないことへは賛成なんです。




でも、スーツ姿に慣れてしまったおじさま世代のクールビズファッションが
どの程度のものなのか、まだまだ未知数なので不安はありますね。


見るからに変な格好で出社しそうな若者世代と同室で

おじさまたちがミスマッチな雰囲気をかもし出し、部屋の不快指数が上がってしまって
エアコンの設定温度で揉めてた頃の方がよかった!ってことにならなきゃいいのですが・・・(笑)






今日の記事はさらっと流したなあ?と思っても 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)
2005年06月20日(月)

<Sの心理>

テーマ:閑話休題

先日、<M女の香り> という記事をUPしたところ
読者の方から疑問質問のコメントを多数頂きました。

私のわかる範囲ではありますが<質疑応答> という形で疑問にお答えしたところ
コメント欄にtaketake さんから、このようなメッセージを頂きました。





---コメント引用---


■自論ですけど…

Mに関しては、痛みを伴う事で
悦びを感じる人と、
そうでない人の2タイプがあって、
Sに関しては…
攻めるS(責め好き)と
任せるS(受身好き)の2タイプ
ありませんか?

taketake (2005-06-13 17:13:53)


(Sの心理については、後日記事を別にさせて頂きます<(_ _)>)


この部分に対する反響もあったようですので

今日は一番最初の部分にあたる<SM論> と絡めてSの心理を覗いてみたいと思います






今日の記事からお読みになる方は上記の引用記事を先にお読みになってから
ここから下の記事をお読みくださいませ。









taketake さんの持論ではSに関して2タイプあると言うことなので
そちらから話を進めてみます。





攻めるS(責め好き)

これはM女M男を言葉や道具を使って責めることで
M女M男たちの反応を楽しむことの出来るタイプのことだと思います。


今までの記事をお読みになった方はもうご存知かと思いますが
自分の気持ちだけが先行して、SMプレイに持ち込むのではなく
相手の反応や好みも考慮に入れながら
責めた時のMの表情や体の反応を楽しめるSなのだと思います。


勿論、Sのタイプによって恥らう表情が良かったり、苦悶の表情が好きだったり
その人の好みですから、責めが1つではないように
何を重視して責めるのかは、それぞれ違うとは思いますが
自分の中のサディズムを満足させたい人ではないでしょうか?


だから、鞭打ちや吊るし、蝋燭などの行為自体に感じるのではなく
その行為を受け入れるMの反応を楽しむという、脳で感じるタイプではないかと思います。







任せるS(受身好き)


これはM女M男に命令して、何かをさせることが目的というのを指してると思うのですが・・・


命令という行為を通してMを服従させ、Sが男の場合はフェラチオをさせるとか
Sの女王様の場合はクンニさせるとか、自分の体に対しての命令の受身という形になるのであれば
先ほどの「脳で感じるタイプ」ではなく、体で感じるタイプになると思います。


もし、上記のようなケースしかプレイにならないような場合は
完全なるSではなく、どちらかというと両刀タイプに近いと思いますが・・・。

単独で受身のみのSの人は、私の知る限りでは少ないように思います。

逆に受身のみのSは本来のSとは言えないのではないでしょうか?
(どちらかと言うとM・・・?)



どちらの面が強く出るのかは、人によって違うと思いますが。

複合的に上記の2つを持っているSの人は多いとは思います。






そして、taketakeさんのコメントを貰った時、私がコメレスで
「大きく分けるとすると、2つに見えるけど・・・
 Sに関しては、もう1つあると思ってるんだけど」
と書かせて頂いたSの種類について。






「SはサドのSではなく、サービスのSだ!」と言われるSの方がいらっしゃいます。
これは言い得てると、私は深く納得した記憶があります。


SMの世界をちらっとでも覗いた事のある方や、本ででも読んだ事のある方は
ひょっとしたらピンとくることがあるかもしれませんね(笑)



先日の記事を読んで頂いてると、おぼろげながらMの輪郭がわかって頂けると思うんですが
M(特にM女さん)は自分の中の快楽への欲求は涌き出る泉のごとくです。


どれだけスパンキングを受けていても、どれだけアナルを責められていても
「もっとお仕置きしてください」と懇願するのはMの方なんですよ。


これはSから「言え!」と命令されて出る言葉ではなく
より深い快感を求めて、口から迸る(ほとばしる)んだそうです。





もし、私がSな女王様をやっているとして、Mから「もっと」と言われたら
「まだ叩いていいの?!」「まだやっていいの?!」と、腰が引けてしまうと思うんですが・・・

真性のS(男性)から聞いた話では「よし!いい子だ!」と責め続けることが出来るそうです(^^;






でも、その人の話では

「Sって偉そうに命令したりするけど、結局のところ、Mの望む通りの快感に導いてるだけで
 ご奉仕してるのはこっちじゃないか!って気分になるから、SはサービスのSとも言うんだよ(笑)」

と言うことでした(笑)







例えば、無線リモコン付きのローターを下着の中に仕込んで
コンビニなどで「買い物してこい!」と命令をして、レジの店員の前でスイッチを入れて
身をよじらせることも出来ず、恥らう姿を見ていて喜んでも
それが、後の彼女の深い快感に繋がる訳ですから、サービスの一環と言えるのかも・・・(苦笑)



だから責め好きも受身好きも複合型も、最終的にはM女の快楽のための
サービスのSが根底に流れているのかも知れません。





と、ここまで一連の記事を読んで頂いてから、冒頭でリンクさせた<SM論>
もう1度ゆっくり読んで頂けると、私の言いたかったことがより明確になるかと思います。




「サービスのS」は知らなかったわ~!って人は 1クリックヨロシク(*- -)(*_ _)ペコリ (笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005年06月15日(水)

<陪審員制度>

テーマ:閑話休題

昨日のニュースを見ていて違和感を持ったことが1つあります。
米歌手、マイケル・ジャクソン被告(46)が無罪評決を受けたと言うことです。


裁判なのに「判決」ではありません。
これはアメリカの裁判が陪審員制度を採用しているからです。


この裁判の結果については陪審員制度と言う、日本ではまだ導入されていない制度が
この評決への流れを変えたのではないか?と疑問が私の中で沸きました。





以前、確か和久俊三さん(現役弁護士で小説家)の小説だったと思うのですが
アメリカの裁判制度を細かく描写したものを読んだことがあります。

内容は1級殺人の被告人の司法取引も含む長編だったと思います。

その時の記憶に間違いがなければ、アメリカでは陪審員に選ばれた時
(日本人なら誓約書のようなものに署名捺印をするのでしょうが)
聖書の上に手を置いて神に宣誓し、公平な審議をすることと
評議の内容を他言しないことを約束していたように思います。


だから、この裁判の陪審員たちの議論の内容も守秘義務が課せられていて
一切外に漏れないようになっているはずのなのですが・・・


どこのニュースでも「と判断した模様です」とか「と言う流れになったようです」とか
ある程度の推測も含まれています。


この推測は、どこで裏付けを取ったものなんでしょうか?


評議の終わった陪審員にマイクを付きつけてインタビューでもしたのでしょうか?
これは有り得ないと思います、てか守秘義務あるでしょ?!って感じ。

(マイケルが有名人であることは考慮に入れていないとコメントした陪審員はいるらしいけど)


それとも、日本の裁判の判決文のようなものに評議の成り行きが含まれているんでしょうか?
評議の流れまでいちいち解説するような判決文は
日本の感覚では有り得ないようなことが、アメリカなら有り得るのかも知れませんが・・・

でも、私の日本人的感覚ではどちらもちょっと考えにくいです。



ニュースでは「少年の証言などに信ぴょう性が欠けている」とか
「少年の親の心証が悪かった」とか、まことしやかに伝えられています。
私にはマスコミの印象か、マイケルジャクソンの弁護団のコメントのように思えますが(苦笑)




陪審員に選ばれる人は、法律の専門家や法律に詳しい人である必要はなく
ごく一般市民の中から選ばれるので、収入も生活環境もバラバラです。

そんな複数の人がある程度まで意見の一致を見るまで
延々と評議するのですから大変なことだと思います。

この裁判の評議が難航し7日間に及んだと言うことでしたが
そのくらいで終わったことの方が驚きです。
全世界が注目するような事件なのですから・・・。






と、ここまで考えていて、もう1つ不安になることが出てきました。


日本でも2009年までに裁判員制度がスタートすることが決まっています。
アメリカの陪審員制度の真似っ子みたいなもんです。
(戦前にも、これに近いような制度があったはずです。)


選ばれた一般市民は仕事を休んで参加することが義務付けられています。
まだ正式に金額は決まっていませんが、日当や交通費は出るようです。


でも法務省の決めることですから、日当はどんな人も一律の可能性が高いですよねぇ?
これって、いいんだか悪いんだか・・・。






一般企業の会社員だったら「裁判員に選ばれましたので」と言えば
特別休暇扱いになって、基本給は保証されているでしょうし、日当も頂けてラッキーかもしれません。


自営業の場合はどうなんでしょうか?
お店をやってるような人は、その日だけ店番を奥さんに任せて、出廷することも可能かも知れません。


でも、企業のトップにたつ人だったらどうなるんでしょう?
大企業なら1日抜け出しても会社自体は安泰かも知れませんが
中小零細企業の場合は、それが命取りになることもあるかも知れません。





日本の裁判は時間が掛かることでも有名です。
何度も何度も、尋問や証人喚問で日を改めて開廷しますし
証拠も全て出揃ってから審議に入るとなると
裁判員は何日くらい裁判所に通わなければならないんでしょう?


マイケルジャクソンの裁判のように、メジャーで難解な事件を担当することになってしまって
最終審議に入って、1週間も拘束されたら、お店をやってる自営業の人も「店が回らなくなる!」
というハメになるかも知れませんよねぇ?






実は私、自己啓発とお勉強を兼ねて、裁判の傍聴のため、地裁に通ったことがあるのです。




守衛さんに当たる人が受付を兼ねて裁判所の入り口に座っていたので
「何か勉強になるような事件の傍聴はありませんか?」と訊ねたら
傷害事件の初公判が何件かあるよ~と教えて貰ったんです。


被告人が複数の傷害事件の方が1人くらい「オレはやってない」とか言いそうだしと言うことで
「揉める公判になるかも知れないから
 勉強がてらの見学なら、これにしてみる?」とお勧めの裁判を選んで貰いました。


この段階はまだ事件名を知らず、○○号法廷だからと言われて
エレベータでその階に下りたんですが、かなりの人が廊下に溢れていて
「裁判所って混んでるんだな~」なんて思っていました。





私が○○号法廷に入り座っていると、目的の裁判が始まり
人定質問と起訴状朗読で「これって新聞やニュースで騒がれた事件だ!」と
ようやく気が付きました(^^;


公判の初日はマスコミの人が一杯いて、座る席も隅の方でしたが
第二回公判で被告人たちへの尋問が始まって
全員が犯行事実を認めると、第三回公判にはほとんどマスコミも来てませんでした。


第三回公判の時だったと思うんですが、傍聴席の一番後ろにカップルが座っていて
裁判が始まる前からボソボソと喋っていました。
開廷してからもずっと、男の方が女に小声で解説をしているようでした。


今から考えると、私のように見学に来た人たちだったのか
被告人の身内か友人などの関係者だったのかだと思います。


男の方がず~っと喋っているので、裁判長が注意をしたのですが
一瞬黙っただけで、しばらくすると声のトーンを落として、また男が喋り始めました。


裁判長も2回目の注意だったので、口調もキツくなって
「これ以上騒がしくするようでしたら退廷して頂きます!」と、かなりキッパリ言い放ちました。

さすがにその後は静かになりましたけど(笑)





で、4回目あたりで弁護側の情状証人の出廷があって・・・

確か5回目には「次回公判で判決を言い渡します」と
長引くだろうという予想を遥かに上回るスピード結審となりました。

私は判決の日を入れて、都合6回ほど通いました。




大体裁判って、月1回程度の開廷ですから半年だと思うでしょ?


ところが、裁判官や弁護士のスケジュールが合わなくてズレたり
(あの裁判では、検察官の都合でズレたってのは、なかったはず)
お盆休み中は裁判所がきっちり休むので2ヶ月後だったりで、結局、9ヶ月くらい通ったことになります。


被告人たちが素直に認めてるケースでさえ9ヶ月ですよ?!




これがもし、犯行を認めないケースや複数の容疑の裁判だったら

どれだけ掛かるのか予想もつきません。


仕事の合間に、自己啓発のために裁判所へ通った私ですが
日当としての報酬を貰い、仕事として通う事が義務付けられて
しかも自分の意見が裁判官と同じ重みに扱われて
被告人の刑罰を決めないといけない立場だったとしたら
かなりの気持ちの負担になると思います。


まして、最終弁論終了後、評議の結論が出るまで缶詰状態にされて
気になる仕事も1週間ほど放り出しているとしたら・・・
「もうどっちでもいいんじゃない?!」とか言い出しそうです(^^;


もし「どうでもいい」とか口に出しても出さなくても
その結果が被告人の人生を決めるようなことになってしまったら
心の負担は相当なものになるでしょう。





マイケルジャクソンの裁判に関わった陪審員たちも
1週間ほどの缶詰状態で「もういいでしょ」的な判断を下してはいないだろうか?と・・・


アメリカの、どこの誰ともわからない陪審員の気持ちをちらっと考えてみたりしました。






今日は<Sの心理>の予定じゃなかったの?!と思っても

 1クリックヨロシク(*- -)(*_ _)ペコリ (笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(53)  |  リブログ(0)
2005年06月08日(水)

<花田家の誤算>

テーマ:閑話休題

ここのところ、元大関貴ノ花の二子山親方(本名・花田満氏)がお亡くなりになったことで
喪主はどちらだ?!とか、兄弟の亀裂は修復不可能だ!とか
若貴兄弟が連日ワイドショーを賑わせているみたいですねぇ・・・。


本場所中以外はあまり話題にならない相撲界が
これだけ話題になるって、すごいことだと思います。




二子山部屋を継いだのは次男坊(元大関貴ノ花、本名花田満氏)ではあるけど
花田家としては長男としての意地とプライドで喪主を務めたいみたいな感じで

こりゃ揉めるよなあ・・・と思っていたところ、yahooニュースをチェックしたら
日本相撲協会の北の湖理事長が仲裁に入ったみたいな記事がUPされてました。
(参考:デイリースポーツ 6/7記事




花田家の葬儀は家庭の担当だから喪主は長男の花田勝氏で
会社の社葬にあたる日本相撲協会葬(両国国技館)の喪主は
次男でも二子山部屋を継いだ貴乃花光司親方がやればいいのに・・・
と、私が勝手に思っていた通りの結果に収まったみたい。


でも、これって本当に兄弟喧嘩の延長線上だけだったんだろうか?





角界の詳しいことは私にはわからないけど・・・
この前TVでちらっと見た貴乃花親方のインタビューから受ける印象は
誰かに何かを言わされているってイメージでした。


まげ姿の印象しか持っていなかった私が久々に見た貴乃花親方の髪型に
違和感を感じてしまったのが悪かったのかも知れませんが(笑)





私が見ていたワイドショーでは、あの髪型に関するコメントがなかったので
世間ではどんな評判なのか想像もつきません。
ただ「取って付けた」ような印象を持ったのは私だけではないでしょ?(笑)




ハッキリ言って・・・似合ってません (* ̄m ̄)プッ






あれは恐らく、元CXアナウンサーの河野景子さんの好みなのでしょう。
あ!今は二子山部屋のおかみさんでした(笑)
確か、9~10才くらい年上でしたよねぇ?



昔、某放送局系列から流れてきた噂では「河野景子は計算高い」ということだったんですが
貴乃花との婚約会見を見た時に「やっぱりな~」と思ってしまいましたよ。




だって、小さい頃から相撲界しか知らないおぼっちゃまくんを
彼女の絶妙なベッドテクニックで骨抜きにしてから意のままに操って
見事結婚まで持ち込むなんて、そんなスゴ技は彼女にしか出来ないと
私は睨んでおります(笑)


貴乃花クラスだったら谷町筋からのご祝儀も、かなり高額が期待されるから
バブリーな生活も保証されてるようなもんですからねぇ。


しかも、若乃花(当時)の嫁さんのことは「私よりバカっぽいじゃない」とバカにしていただろうし
「いつか、光司(貴乃花)に二子山部屋を継いでもらえるよう、私がなんとかしてみせるわ!」
と決意して結婚したんだろうし・・・。


年上女房の計算通りにことは進んできたわけで・・・(笑)



ま、年上の女房は金のわらじを履いて探せと昔から言われているくらいだし
スポーツ選手のお嫁さんは年上の方がしっかりしてていいとは思いますが・・・






そういえば、花田勝氏の奥さんも国際線スッチー出身の年上女房だったはず。


最初、長男の勝氏が二子山部屋を継ぐ予定だったと記憶してますが
どんな事情があったのか、突然渡米してアメフトやってませんでしたっけ?


あれはご本人の意思じゃなく、奥さんの意向だったんじゃないかな?と(笑)


「お相撲さんの世界って大変~!私はおかみさんやるの、もう飽きた!
 ねぇねぇ・・・これからは国際派でいかないとダメなんじゃないの?
 アメリカで暮らしたいわぁ~♪

 そうだ!アメリカのスポーツ選手にならない?プロの!
 今ならまだTV局も注目してくれて、取材もあるだろうし
 そっちの方が格好いいわよ!ねぇ!やろ~よぉ~!」


さすが、元国際線乗務員!
見事な論理で勝氏をアメリカへ連れ出すことに成功!みたいな(笑)



こちらも小さい頃から相撲界だけに生きて来てるので
年上女房の誘導作戦に引っ掛かったのでは?と推測してみたりしております。






だから、今回の葬儀関連の騒動にも裏では女性たちが暗躍してたのでは?
と想像してみました (* ̄m ̄)プッ







まずは長男の勝氏の家庭にて。

嫁「お義父さんの葬儀の喪主は当然長男がやるものなんでしょ?」

勝「でも部屋を継いだのは光司だし・・・」

嫁「お義父さんのお葬式って、部屋を継いだとか関係ないじゃない?!
  あなたが長男なんだから、喪主は当然でしょ?!」

勝「そうは言っても、オヤジは親方だったわけで・・・
  葬儀をやるとしても、角界の人たちも来るんだから
  オレがやってると光司にもメンツがあるだろうし・・・」

嫁「じゃあ、長男のメンツはなくてもいいと思ってるわけ?!
  親方が現役で亡くなった訳じゃないのよ?!
  部屋を光司さんに引き継いで、いわば隠居したようなもんじゃない!
  それだったら各家庭の問題なんだし、あなたが喪主をやるべきよ!」

勝「そっ・・・そうかぁ・・・?」

嫁「大体、私は景子さんって気に入らないのよね!
  本来は私が長男の嫁になるんだから、私のことをもっと立ててくれてもいいはずでしょ?!
  あなたがあの部屋を譲ってあげたから、今、おかみさんとして図々しくやってられるはずなのに・・・。
  感謝の気持ちのかけらもない人だわ!」

勝「おいおい・・・今回はオヤジの葬儀の話しであって、景子さんのことは関係ないんじゃ・・・?」

嫁「そんなこと言ってるから、次男の光司さんにナメられるのよ!
  もっとしっかりしてよね!
  あなたは花田家の長男なんだから!喪主は譲っちゃダメなのよ?!わかったの?!」

勝「あ・・・う、うん・・・。」

嫁「さっきから家の前をTV局の人がウロウロしてるわ。
  どっか出掛けるフリをして、長男として喪主をやります!って
  先に宣言してらっしゃいよ!わかった?!
  グズグズしてたら、景子さんの思うツボよ!」

勝「わかったけど・・・出掛ける理由が・・・。」

嫁「そんなの何でもいいじゃないの!
  じゃあ、私の3時のおやつにケーキでも買ってきてよ!」

勝「わかったよ。買いに行けばいいんだろ?」

嫁「ケーキ買うのが目的じゃないのよ?!
  長男ですからってTVにアピールするのよ!わかったわね?!」



こうして葬儀の喪主騒動の先制攻撃が始まった。







その光景がオンエアされると同時に二子山部屋でも作戦会議が練られた。


景子「まあ!あなた!これ見てよ!」

光司「なんだよぉ・・・」

景子「お義兄さんが喪主を勤めるのが当然のように喋ってるじゃないの!」

光司「ふぅ~ん・・・」

景子「ふ~んじゃないわよ!一体どういうことなの?!」

光司「どういうことって・・・兄貴が喪主でもいいんじゃないの?」

景子「そういう訳にはいかないわよ!
   あの人たちは、この部屋を投げ出して相撲界から出て行った人間なのよ?!
   それなのに、お義父さんの葬儀の喪主をするって言ってるのよ?!」

光司「だって、兄貴が長男なんだから、いいんじゃないの?」

景子「何を言ってるのよ!この部屋の親方は誰なの?!あなたじゃないの!」

光司「でもオヤジは親方のままで死んだ訳でもないんだから
   花田家としては長男が喪主でいいんじゃないの?」

景子「ほんと、あなたって呑気ね!花田家としての葬儀だけで済むわけないでしょ!
   角界の親方衆や谷町筋の人、それに政界や財界からも葬儀参列に来るのよ?!
   部屋を投げ出しただけじゃなく、相撲協会からも逃げるように出て行った人に
   お義父さんの葬儀の喪主をさせていいと思ってるの?!」

光司「そんなキツイ言い方しなくてもいいじゃないか・・・」

景子「あなたは何もわかってないわね!
   この部屋には何人の力士がいると思ってるの?!
   その部屋の頂点にたって、親方として頑張ってるのはあなたなのよ?!

   そして、この部屋の力士を世話をしてるのは、この私なの!
   おかみさんの立場を投げ出した美恵子さんに、葬儀を取り仕切られるなんて
   私は絶対にイヤですからね!」

光司「それって、嫁の立場だけじゃないか。
   俺たち兄弟で決めればいいことなんじゃないのか?」

景子「こんな時くらい私が喪主の嫁としてスポットを浴びさせてもらえないなんて、おかしいわよ!
   それでなくても、普段から地味な仕事を私が一手に引き受けてるのに!
   あなたが喪主をしないって言うんだったら、私、出ていきますからね!」


光司「今、出て行かれたら、若い衆の面倒は誰が見るんだよ・・・」

景子「知りませんよ!
   それが心配なんだったら、喪主は勝さんにさせないで!」



こうして喪主バトルのゴングが鳴った(笑)






花田家兄弟戦争はTVカメラの前で公式に発言したことで
お互いに引っ込みがつかなくなり、兄弟絶縁宣言にまで発展した。


日本相撲協会の北の湖理事長も若くはないので
長男としてのメンツも理解出来るし、次男の親方としての立場も守ってやりたい・・・と考えて
兄弟だけを呼び出して、個別に面談し説得することにした。


当然、嫁の同席は認めなかった。





3人の密談の結果、北の湖理事長は真ん中を取って
花田家の葬儀は長男の勝氏に、日本相撲協会葬としては貴乃花親方で・・・と、妥協案を提示した。

花田家兄弟は算数が苦手で、香典と葬儀費用の計算を2回もやりたくなかったので
それぞれが1回づつで済む妥協案を受け入れた・・・。




はい、一件落着(笑)





でも、本当に算数が苦手だったのは、この兄弟の母・憲子さんではなかったんだろうか?


この兄弟に、年上女房のOKを出したことが一番の誤算だったんですから(苦笑)






これってあるかも~!って思った人は 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)


いいね!した人  |  コメント(43)  |  リブログ(0)
2005年06月02日(木)

<┐( -"-)┌ヤレヤレ...>

テーマ:閑話休題

私のブログペット「ミッキー」が昨日から行方不明になりました。

MyClip経由でプロフ欄の直下に表示されてたのですが、昨日いなくなりました。


ヽ(-0-ヽ)Ξ(/-0-)/ えー?!家出か?!と思ったのですが・・・


どうやらMyClip自体がおかしくなったのかも?と気がついて調べてみたら

ドメインが更新出来ていないとか・・・。

信じられない・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


情報の元はMyCilpの大元会社ドリコムの社長のブログ



突発的な要因で、誤作動、エラー、サバ落ちなんて話しなら

「まあ人間のやることに完璧はないよね~」と、ある程度我慢出来ると思うのですが

ドメイン管理会社様とのミスコミュニケーションって言われたら


仕事やる気あるんかい?!( ゚Д゚)ゴルァ!!

 と、お下品に叫んでしまいそうになります。


DNSの更新なんて、連絡ミスしたら、こうなることはわかってることなのに

こんな重要なことも「連絡ミスってましたあ~」って言い訳にもならないでしょ。



でも、私はこの社長の発言が、勇気あるということは認めるし

ミスの原因も普通の感覚だと「格好悪いから言いたくない」レベルのことなのに

わざわざ自分のブログで、正式発言しているところは評価してあげていいんじゃないか?と思う。



だって・・・



MyClipのトップページそのものが表示されないので、告知の場所がなかったってのもあっただろうけど

かつて、大々的なリニュ後不具合続出の最中に、豪華な飯記事をUPしてたどこかの社長より

「正直でよろしい」と思ったのは私だけ? (* ̄m ̄)プッ





\(・д\)イヤミはこのくらいで(/д・)/オイトイテ





アメボロ  アメブロではまともに解析ツールを入れられないので

MyClip経由でリンクさせてた私は、データが全く取れない状態ですわ・・ (;-_-) =3 フゥ


 

復旧まで最長1週間程度って長い!(゚Д゚)クワッ


アメボロといい、MyClipといい、なんとかならんもんですかねぇ? (-"-;)






たった今もアメボロにやられた・・・ バタリ (o_ _)o ~~~ †


激重の中1クリックしかしてないのに、この記事4つもUPされてたし・・・。





-----追記 14:30


さっきから、なんとか行方不明のミッキーちゃんが表示されてるみたい。

社長のブログに山のようなコメントとトラバがあったから、かなり性急に処理したんだろうな(苦笑)

ご苦労様~って感じです、はい。


 

こんな可哀想な環境でブログしてる私に愛の 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)

いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)
2005年06月01日(水)

<見解の相違?>

テーマ:閑話休題

朝、必ずyahooニュースのトップ記事をチェックするのが日課な私が
(゜Д゜) ハア??と目が点になったのは日刊スポーツの記事。

聖子、SAYAKAのけんかに警察出動

普通は親子喧嘩に警察は動かないでしょ?!と思ったら、近所の人の通報だったって話し。


私の住んでいるところの近所でも、かなり激しい親子喧嘩をしてるところがあるけど
大声で怒鳴りあう程度で「激しい物音」まではしない(苦笑)


近所の人が通報するような喧嘩って、どんなだろう・・? (・・*)。。oO(想像図)







仕事を終えた松田聖子が成城の自宅に戻ったのは深夜23時すぎ。
娘のSAYAKAがミネラルウォーターをペットボトルのまま飲みながら
リビングで、母・聖子の帰りを待っていた。

聖子「ただいま~!まだ起きてたの?」


sayaka「この間の話し、終わってないわよ!」


聖子「休業宣言の話し?もう遅いわよ!マスコミ各社にFAXし終わってるんだから。」



学業優先の名目でSYAKAの活動停止を母として決めたかのような内容で
faxを流し、SAYAKAの芸能活動を一時休止させたのはつい最近の話し。






SAYAKA「なんで勝手にするのよ!私は私のやりたいようにさせてよ!」


聖子「じゃあ北野正人と付き合うのはやめなさい!」


SAYAKA「私が誰と付き合おうとママには関係ないでしょ?!
       ママだって離婚する前も離婚してからも、男遊び止めないじゃない!」


聖子「失礼ね!遊びじゃないわよ!少なくとも相手はね!」


SAYAKA「ほら!ママは一時の浮気気分で本気になったことがないから
       私の気持ちなんて、わかんないのよ!」


まだ18才のSAYAKAが初めて付き合うことになった
人気ユニットday after tomorrowのギタリスト北野正人に本気モードで惚れているのだ。


聖子「本気になる値打ちのある男だったらいいけど
   北野正人はSAYAKAにメリットはないわよ?」


SAYAKA「恋愛にメリットデメリットは関係ないでしょ?!」


聖子「まだわからないの?芸能界で生きていくにはデメリットな交際なんか、してても無駄よ!
   sayakaのパパと結婚したのは年齢的にアイドルの限界を感じたから
   ママドルの座が転がってくることを計算してたのよ。
   波多野パパだって、審美歯科治療がタダになるから(笑)
   バンドのギタリストなんて、メリットないじゃない?」


SAYAKA「だから原田さんとも適当に付き合ってるってことなのね?!
       ママは女としても人間としても失格だわ!」


現在バックバンドの原田真二と長い間、交際関係にあるのは有名な話しだが
母・聖子が好きで付き合っていると思っていたSAYAKAは
利害関係だけを考えて付き合ってる自分の親が許せなかった。







聖子「人間としてはどうかわからないけど、女として付き合ってるのは確かよ?
   だって、原田くんは夜もテクニシャンだもの(笑)」


自分の娘の前で性生活を奔放に語る母親もどうかと思うが
元々オープンな家庭に育ったSAYAKAにとって気になるところではない。



SAYAKA「エッチの上手い下手だけで決めるなんておかしいわよ!
       一番大事なのは気持ち!愛情じゃないの!」


聖子「いい女になるには、いいセックスも必要よ。
    ヘタクソと付き合っても、女として綺麗にはなれないわ!」






こんな家庭環境で育ったSAYAKAだが、人間として何が大事なのかは知っているようだ。
芸能界に染まりきった母・聖子とは男に対する見解が違うのだ。


SAYAKA「ヘタクソでもいいじゃない!
       大事にされてることが伝わるような抱き締め方してくれる方が
       精神的にも肉体的にもよっぽどいいわよ!」


聖子「違うわ!北野正人は下手過ぎるって言ってるのよ!」


この言葉を口に出した聖子はハッとした。
言ってはいけない一言だった。


SAYAKAもこの一言で全てを悟った。





まだ北野正人が売れる前、松田聖子のバックバンドに起用しようと思い
スカウトがてらにつまみ食いをした時「この子、ギターは上手いけどエッチが下手」
と不採用にしたことがあったのだ。

現在、原田真二がバックバンドに居続けるのはバンドマンとしてのテクニックはなく
夜のテクニシャンとして採用されているからだ。






今まで北野正人との交際を反対され続けた理由を理解したSAYAKAは
かっとなり、頭の中が真っ白になるほどの怒りを感じて
手に持ったままだったミネラルウォーターのペットボトルを母・聖子に投げつけた。


聖子が右手で避けるとペットボトルから水しぶきが上がった。


SAYAKA「本当に見境のない雌豚!淫乱女!節操ってないわけ?!」


聖子「サゲチンをサゲチンと言って何が悪いのよ!」


髪にかかった水を左手で払いながら整える聖子。
こんな時でも身繕いは忘れない。





SAYAKA「親としても最低だけど、人間としても女としても最低!
       自分にメリットがないからって、サゲチンはないでしょ!」


聖子「あの程度がsexだと思ってるSAYAKAがおこちゃまなのよ!」


SAYAKA「なによ! ((o(>皿<)o)) キィィィ!!


親子で取っ組み合いの喧嘩が始まり、物を投げたり体当たりしたり・・・





2人のテンションは下がることなく続き
さすがに近所の人たちも騒動に気がついて警察に通報・・・






こんな感じじゃなかろうか?と思ったのは私だけだろうか?(笑)




あるある~!って思った人は 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)


いいね!した人  |  コメント(49)  |  リブログ(0)
2005年05月23日(月)

<風太の独り言>

テーマ:閑話休題

僕、千葉市動物園に住むレッサーパンダの風太。
2才なんだけど・・・僕のこと、みんな知ってるよね?
今、旬の話題「直立レッサーパンダ」だよ。


レッサーパンダのくせに、何故立てるようになったのか?って?

じーちゃんが2本足で立てるから、んじゃ僕も♪って感じで
ちょっと試しに立ってみたら、「これ結構いけるジャン!」って思ってさぁ。

飼育員さんがいない時に、すんごいがんばって筋トレやって
タイムを計ったら10秒以上立てるようになったんだ。


最初はじーちゃんと同じで3秒くらいが限界だったんだけど
10秒を越えるあたりから、段々自分に自信がついてきて
ちょっと飼育員さんの前で披露してみたんだ。

「w( ̄△ ̄;)wおおっ!すごい!

  風太はじーちゃんを越えたぞ!」

って、飼育員さんがすんごい喜んでくれてさあ。

他の子が見てないうちに、僕の好物のエサを1つ余分にくれたんだ。
ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ


頑張ったら、また美味しいものをくれるかも知れないな~って思って
昼間も少し練習しようと、お客さんの前でも立ってみたんだよ。

そしたら、立つバランス感覚もかなり身についてきて

な・な・なんと!20秒くらい立ったままでいられるようになったんだ!

筋トレ、頑張ったかいがあったなあ (´ー`)┌フッ




最近、TVなんかで取り上げられたもんだから、僕んちの回りは人が一杯でさぁ・・・。
飼育員さんもズルイよなあ。
最近、うちの動物園全体の入場者数が減ってるからって
僕の話を勝手にマスコミにリークしてくれちゃったもんだからさぁ・・・。

この土日は黒山の人だかりって言うの?
すんごい人だらけで、みんな口々に僕を呼ぶんだよ。

( -。-)スゥーーー・・・(o>ロ<)o「風太~!風太く~ん!」

小さい子どもなんか絶叫してる感じ?

あんまり叫び過ぎると、明日、喉が痛くならないのかなあ?って
こっちが心配しちゃうよ (━_━)ゝウーム


子どもたちに呼ばれると、つい振り返っちゃうんだけどさ。
その子どもの親やじーちゃんばーちゃんまで叫んでる (;´▽`A``






いや、あのぉ・・・突然、人気者扱いされてもさ。
今まで、ずっと普通に暮らしてきてたのにさ。どうしていいのか、わかんないよ ┐(´-`)┌


一応、僕も男だからね。
子どもたちは別にして、大人が僕を呼んでくれるんだったら
じーちゃんやお父さんたちじゃなく、ギャルがいいなぁ。

( ̄△ ̄;)エッ・・?動物のくせに贅沢かなあ?


でも、男の本音としたら、男よりは女の方がいいに決まってるし
同じ女性でも、ばーちゃんよりはお母さんたち、お母さんたちよりお姉ちゃんの方がいいし
お姉ちゃんの中でも、綺麗でスタイル抜群の人希望 (*´σー`)エヘヘ


最近、交尾してないから、おかず欲しいんだよ(爆)



まあ、いくら美人でも、手を振って叫んでくれても

どうせ、飼育員さん以外からはエサが貰えるわけじゃないし
今まで通り、子どもたちのアイドル的存在のままがいいや(笑)









あ!それと、ここだけの話なんだけどさ。

これ、異常な人気が出る前に発情期が済んでてよかったよ ( ̄o ̄;)ボソッ


これだけの人に囲まれて、交尾してるところ見られた上に、全国放送なんかされたら

恥かしくってしょうがないじゃん(苦笑)

レッサーパンダ組合から、怒られちゃうよ (・・。)ゞ テヘ









今は報道陣も一杯いて、TVカメラなんかも僕をずっと取り続けてるんだけど
動物園って昼間しか開いてないからね。
夜はぐっすり眠らせてもらえる分だけマシかな?

昼間の撮影だから、カメラマンもフラッシュやレフ版を使わないで撮影してくれるし
今のところ、ストレスは最小限度で済んでるんだよね~。


調べてもらったら、すぐわかると思うけど、僕らの死亡原因のトップはストレスなんだよ?
人間界もストレスから病気になったりして、大変なんでしょ?
レッサーパンダに限らず、パンダはストレス大敵!


それを知ってか、知らずか、わかんないけど・・・

土曜の昼過ぎくらいに来てたお客さんでさぁ、なんか、すごい人がいたんだよ。
ちょっと聞いてくれる?






動物園に遊びに来る人たちって、12時きっちりに昼食しないでしょ?
お弁当を持ってない人たちは、食堂とか混雑を避けるのに
お昼ご飯の時間をズラしてるんだよね?


調度、そんなくらいの時間だと思うけど
僕のことを呼び続ける人の数が減ってきたなあ・・・って
(´▽`) ホッとしてたんだ。


ずっと見詰められ続けるのも大変なんだよ?ちょっとくらい休憩させて欲しいもんだって思った矢先。

人垣の隙間がまばらに出来てきた向こうから、変な男の人が1人で僕の方に近づいてきたんだ。


天気も悪くないのに、変な薄手のジャンバーみたいなのを羽織って
中にはアニメの絵のTシャツ。
ちょっと小太りで色白な男で、黒いふちの眼鏡もかけてる。

肩からショルダーバックをタスキ状に掛けてて
ひょっとして、これがアキバ系?!」って思ったんだ。






オタクな人も、僕を見にくるんだな~って妙な感心してたら
大きなショルダーバックを肩から下ろして、出してきたのが一眼レフ。
オートフォーカスのすんごいやつみたい。


ここんとこ取材が多くて、パッと見ただけで高そうなカメラかどうか、見当つくようになったんだ。
あれはきっと20万は下らないはず!
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!


そのカメラに500mmの望遠レンズを取り付けてる姿は
かなりマニアックに見えたよ ε- ( ̄、 ̄A) フゥー


そのアキバ系が高級カメラをこっちに向けてきたから
ポーズ取ってあげないと悪いかなあ?って、チラっとは思ったんだけど
突然、スポットライトの直撃みたいなのを浴びたんだ!



Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)






何がおきたんだ?!と、一旦、顔を背けて様子を伺うと
アキバ系の被ってる野球帽のツバの上に、手鏡みたいな反射板が!
眩しいはずだよ・・・ (w_-; ウゥ・・


取材にきてたTV局のカメラマンが、係員に通報してくれて
アキバ系はどこかに連れていかれちゃったけどさ(笑)
ほんと、こういうことは迷惑だから止めてよね?







あ!そうそう・・・

今日のことは多分TVでは流れないと思うよ?
だって、あのTV局のカメラマンは通報する時、カメラ回すの忘れちゃってたから!(爆)


他の局の人たちは、あのアキバ系と係員とのやり取りに気が付いてなかったし・・・。

あのカメラマンがカメラを回していたら、スクープ映像ってことで
日曜の夜のニュースで取り上げられたと思うし
会社から「いい映像が撮れた」って誉めてもらって金一封とか貰えたりしたのに(笑)

残念~~~~!って、ギター侍みたいに叫んじゃいそうになったよ(* ̄m ̄)プッ







あ、ちなみにこの土日は入場者数がUPして、久しぶりに大入り満員だったって。
おかげさまで、僕はまたおいしいもの貰えたよ v(=∩_∩=) ブイブイ!!


でも、愛想を振りまいて疲れてるから、平日はちょっと休憩させてね~!

で、次の土日くらいに遊びに来てよ。


僕を見てるだけで気持ちが和むんだってね?

ちょっと前に流行った 卑しい 癒し系の僕を見にきてよ!
千葉市動物公園だからね?!間違えないでね! (⌒^⌒)b うん


来てくれたら、僕の恋人も紹介するよ。

僕の指導のおかげで、1~2秒だけ立てるようになったんだ。

ちょっと気が強いんだけど、僕に惚れてるらしくて

僕が立てるように教えたら素直に練習してた ⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ






さっ!立ち過ぎて疲れてるから、腰のストレッチでもしよ~っと♪
ヾ(=^▽^=)ノバイバァイ





それともう1つ!

最近、みきさんが気にしてるランキングの分なんだけど、順位下がってるよね?

可哀想だと思う人は 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)


以上!着ぐるみ風太の独り言でした!

じゃ、今度は本当にヾ( ̄◇ ̄)ノ))バイバイ


いいね!した人  |  コメント(41)  |  リブログ(0)
2005年05月20日(金)

<通勤電車をみていて・・・>

テーマ:閑話休題

今日は女性読者から読者登録を削除されるのを覚悟で
敢えて、偏見たっぷりでチャレンジャーなロング記事を書きます。

不愉快に思われるフェミニストな男性や
同性として許せない!と激怒する女性もいらっしゃるとは思いますが
私の個人的な意見(偏見)ですので、ご容赦下さい。



ここ数年、家の近所で働いていた関係もあって、長らく通勤電車に乗っていなかったのだけど
私が電車通勤をしなくなってから「女性専用車両」が増えた。
自家用車通勤組の私には縁の薄い話しだったのだけど・・・

つい最近、通勤ラッシュの時間帯に電車に乗ることがあった。


ラッシュ時の電車が久しぶりなのと、携帯メールをしたいのと、で
女性専用車両に乗ることにした。
混雑してる中、メールをしてると、後ろから読まれてるような気がして
ちょっとでも人の少ない車両がいいかな?と思ったのです。


実際、3両目の女性専用車両の停車予定位置は、待ってる人が少なかったし
1、2両目のホーム混雑度合いとは、明らかに違いがある。
満員電車における体の負担は半端じゃないので
ちょっとでも空いているのは、体力のない私にとって、とてもありがたい。


「女性専用車両は空いているんだ。ラッキーかも」なんて考えながら
電車がホームに入るまでの数分の間、私は携帯でメールを打っていた。
うつむいていたので、回りの風景は一切確認せずに電車を待っていた。

駅構内のアナウンスで電車の到着が告げられると同時に
私の立ってるホームに電車が滑り込んできた。

スピードを徐々に落として、電車が私の目の前を通過して行く。


1両目は異常な混雑度合いだ。ドアに人が押しつけられている。
続く2両目も1両目と、さほど変わらない。
そして、3両目の女性専用車両が私の前に停車した。

どう見ても、空いていると感じてしまうほどに乗客が少ない。
立っている人と人の間に余裕の隙間がある。

「これなら携帯の画面を後ろから見られることもないな~」
私はそう思いながら携帯を2つに折って、ドアが開くのを待つ。


この駅は急行停車駅なので、降車客が降りるのを避けないといけないし
乗り込む際に段差で足を取られてコケるのも格好悪いので
携帯から目を離したのだ。


通勤の時間帯だし、若いOLたちが乗っているものと予想していた私は
電車のドアが開く前に、ガラス越しの社内に愕然とした。

社内に見える乗客の半数は・・・


おばちゃん、デブ、ブス・・・


同性の私から見ても、絶対に痴漢に遭遇する可能性の低い人たち。





デブは、普通の車両に乗ると混雑を高める効果があるし
世の中にはデブ専も存在するので、女性専用車両に押し込めるのもいいだろう。


ブスも若いと言うだけで、背後から痴漢に襲われる可能性がなきにしもあらず。
普通の容姿の子に比べて、かなり確率は低いと思われる。
私から見て「この子、女性専用車両に乗る必要性あるの?!」程度の子が
堂々と、この車両の中の人なのには、どうも納得がいかない・・・。


そして、おばちゃんで女性専用車両にお世話にならなければいけない人って
かなりの自意識過剰な人では?と・・・。
痴漢に目をつけられそうなおばちゃんって、多いとは思えない。


それでも、例外がない訳ではなく・・・。


昔、地下鉄を使って通勤していた私は、こんな信じられない光景を目撃したことがある。




身動き1つ取れない地下鉄に押し込められた状態で乗っていたある日
急ブレーキが掛かり、乗客が進行方向へ押しつけられるようになり
私の左側に人間の体の幅で言うと3人分くらいの隙間が出来て偶然目撃してしまったのです。


車両の最後尾部分の手すりに掴まって立っていた女性のスカートが捲り上げられ
その女性の背後に立つ男性の左手がパンツの中に入っているところを!


痴漢している男性の年齢は推定40才前後。
通勤時間帯なのだから、同じ車両には20代のOLも沢山乗っているのに
何故、おばちゃんを狙ったんだろう?と、かなり疑問が残る。


一方、痴漢されているおばちゃんの推定年齢は少なく見積もっても60代。
正直言って、おばちゃんと言うよりもおばあちゃんなのだ。

こんな通勤ラッシュに乗り合わせることが不自然に見えるくらいに
顔立ちも服装も髪型も上品そうではある。
年齢の分を差し引いて考えると綺麗な方だったとは思うが・・・
それでも年齢を推察させる雰囲気は、後姿からも十分にあると思う。


ひょっとして、この痴漢野郎は・・・マニア・・・?


例えば、この痴漢が女性の外見認識を誤って触っていたとしよう。
パンツの中に手を入れていたんだし、直接肌に触っているのだから
肌の弾力やしっとり感の違いで
「この人、若くない」と気がつかなかったのだろうか?


触られていたおばあちゃんも、パンツの中に手が入っているのに
全く気がついていた素振りではなかった。
あの年齢になると、皮膚感覚が衰えてしまって
自分が触られているのか、感じなくなっているのだろうか?


どう考えても納得いかない光景だったが・・・
痴漢が狙うのは若い美人ばかりとは限らないということを知った。





---閑話休題---






話しを元に戻そう。


そんな訳で(どんな訳?!笑)、色んな経緯があって
痴漢に遭遇する可能性のある人や、痴漢に不愉快な思いをさせられた人が
女性専用車両に乗っているのだろう。
恐らく、後者の方が人数は多いと思うけれど。


しかし、私が一番驚いたのはその後だ。

ドアが開いて降車客が降り、人の途切れ目のタイミングを計り
車内に乗り込んだ後に、私は思わず目を疑った。


デブ、ブス、おばちゃん複合技の人が堂々と女性専用車両に乗っているのだ!


しかも、両隣には若いOL風の女性が座っている。
これが悲しいくらいに、おばちゃんの凄さを引きたててしまっている。


犬嫌いな人が犬に遭遇した時、犬から目を離せなくなる現象と同じく
私はそのおばちゃんに、目が釘付け状態となってしまい
「ジロジロみちゃいけない。見るんじゃない!避けるんだ!」
自分に言い聞かせながらもフラフラとおばちゃんの前に立ってしまい、つり革に掴まった。


私は携帯をポケットから出すのも忘れ、つい、おばちゃんを観察してしまう。


マウンテンゴリラに似た鬼瓦系の顔立ち。
化粧は口紅だけで、ファンデーションも塗っていない。
浅黒い顔に赤い口紅が妙に浮いている。


両隣の女性は女性専用車両でも膝頭をつけて座っているのだが
マウンテンゴリラは膝を広げて座っている。
パンツルックだから、膝を広げていいのか?!
疑問は残るが、これもまあ見逃そう。


マウンテンゴリラのインナーは、どう見ても紳士物。
着るものに頓着のない性格なのか?!
色も男性用Tシャツなどによくあるグレー。
色黒の女性には、絶対に似合わない・・・。


夏でなくて良かったなぁと思うのは、このおばちゃんの腕の太さ!

恐らく、肩から前足を出しているように見えるだろう。

長袖の上から見ても、おばちゃんの肘から下は私のふくらはぎに見える・・・。


おばちゃんの太股(これは本物の)の上あたりに置かれているバックは、ママさんバックと呼ばれるもの。
通勤に使うには、あまりに大きくて邪魔だろう。
カバンの口にファスナーなどがないから、スリに合う危険もあり
通勤電車内に持ち込むには不向きなバックなのだ。


センスのないおばちゃんであることは上記の描写でわかって頂けるでしょうか?


あまりジロジロと見てしまうことに気が引けた私は、ポケットから携帯を出し

メールの操作をしているフリをして、携帯越しに、更におばちゃんを観察する。


ママさんバックの上に置かれた手の左薬指に結婚指輪を
[壁]スッ≡( ̄ー『+』ゝ発見!!


こんなおばちゃんにも、旦那さんがいるのだ!そう思いなおして、もう1度おばちゃんを見る。


今はマウンテンゴリラ顔だが、昔々のその昔は
彫りの深いエキゾチックな顔立ちだったのかもしれないし
口紅だけの化粧はナチュラル志向なのかもしれない。


センスのない服装は、昔「ボーイッシュだね」と誰かに誉められた名残かもしれないし
ママさんバックも荷物が多くて、他のバックには入りきらないのかもしれない。


私は頑張ってマウンテンゴリラな鬼瓦を庇うように考えてみた。




でも・・・

どう考えても、彼女が女性専用車両に乗ることに脳が拒否反応を示し
私は目的の駅まで、思考が停止した。


仕方ないので、通勤電車への考察は帰りの電車内で考えることにした。





と、ここまで書いて、書いた私の集中力の限界が来たので

続きは明日UPします(^^;


長々と読んで頂いてすみません<(_ _)>

評判悪かったら、続きどころか・・・この記事も削除しますので

遠慮なくお申しつけ下さいませ!




取り合えずの 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年05月06日(金)

<アンケート集計・結果>

テーマ:閑話休題

先日のアンケート に、沢山のコメントありがとうございました。 <(_ _)>

みなさん、真面目にご協力頂きまして、大変感激しております。

この場でお礼申し上げます。



で・・・


やはり私のブログは大人の読者の方が多いようで・・・
「エロ必須」とは言わないけど、多少は
と言うご意見が多かったと言う結果でした(笑)


高1時代の純情アルバイト話より、高2以降のリクエストが多かったのは

私のエロ話しを期待してるんでしょうけど(^^;




私の話より、その回りで起きた出来事の方が、よっぽど興味深いと思うのですが(笑)

純情アルバイト話は、またそのうちにUPしていきたいと思います。

(エロばかり続くと、私の人格が疑われそうなので・・・笑)



で、コメント頂いた中に入っていなかった業種をセレクトしてみようかなあ?と考えてます。

誰もが経験出来るような普通のアルバイトも、親しみを持ってもらえるとは思うのですが

ブログの楽しみは「自分の知らない現実の世界」が覗き見出来ることもあると思うんですよ。


実際、私自身も読者登録させて頂いてる方のブログの大半は

私の経験してない業界の方のブログですしね。




ということで・・・



私の経歴の中から、なるべく皆さんの知らない世界で興味のありそうなものを選び

ちょっとだけエロあり、その業界暴露話系、で記事を1本書いてみようと思っています。

(もう時効だと思うしね・・・笑)




あまり遠くならないうちに、書き上げるように頑張ります(笑)






お!期待してるよん!って方は 1クリックヨロシク<(_ _*)> (笑)

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005年05月04日(水)

<JR脱線事故報道を見て>

テーマ:閑話休題

死者107人という列車事故最大の被害者を出したと言うだけのことはあって、連日TVのニュースやワイドショーで取り上げられてます。


事件の直後から色々と思うことはあったけど、私としてはブログの記事として取り上げる事に気が引けた。
事故の程度も成り行きもはっきりしたことがわからないうちは、推測でブログの記事にしたくなかったから・・・。


でも、段々と事件の全容が明らかになり始め、亡くなった方の葬儀が一通り終わり、生存者の方の事故当日の話が取り上げられるようになってきた今、少しだけ私の感じることをどうしても書きたくなったのです。


玲子と友美の番外編の続きを期待されてる方、ごめんなさい。
この記事を先にUPさせて頂きます。


また、これから書く私の記事の内容が、どこかのブログで書かれていたり、TVなどでも同じような意見が既出だったらすみません。
私個人の感想ですので、この件に関して触れたくない方はここから先をスルーして下さいますようお願い致します。





事故直後のJR側の記者会見で「置き石ではないか」の発言を見た瞬間に「こいつら、ウソついてる」と思ったのは私だけでしょうか?


その後、事故調査委員会なるものの調査結果で「違う」とされた時も「やっぱりなあ」と思ったのは私だけでしょうか?



TVの記者会見中継などのノーカット場面は、どんな声のどんなトーンで話したか、どんな表情をしたかがリアルに伝わります。
何度も同じシーンを繰り返して放映された結果ではなく、初めて見た瞬間の受け取り側(この場合、私)が直感的に受け取るものが、一番真実に近いのではないかと思うのです。


特に最近のTVは、製作側の意図するところをクローズアップして、繰り返し映像を流します。
これを見た視聴者は、製作者側の思惑に洗脳されるのではないでしょうか?


バラエティ番組などの芸人のセリフのテロップなども「ここで笑えよ!視聴者!」と言う製作の強制を感じてしまうのですが、ニュースやワイドショーにもこの手法が取り入れられていて、一般視聴者の心理を方向付けるかのように仕向けられているような気がしてなりません。


こういう状況を、私は個人的に「報道による洗脳」だと思っています。


繰り返し見せつけられ、同じようなコメンテーターのセリフを繰り返し聞かされると「そんな気がする」と思い、次はそれが「あたかも自分の意見」のように思え、友人知人と事件事故の話しをする時には「キャスターの○○さんが言ってたんだけど」と言う前置きの部分を抜いて、自分の意見のように話している・・・なんてことは良くある話しです。

だから、私はTVのニュースやワイドショーを見る時には「最初に見た印象」を大事にします。




どこかのワイドショーで放映されていた、被害者の祭壇の前でJR西日本の社長が土下座しているのを見た時も、かなりの違和感を覚えました。
被害者の遺族の方に泣かれ、怒られ、怒鳴られて、初めて遺影の前で何事かつぶやいた直後、「大きい声で言え!」と罵倒されたシーンです。


土下座したJR西日本の社長の姿に浴びせられるフラッシュ。
「申し訳ありませんでした!」と口に出した社長の声。


沢山のTVカメラの前で遺影に向って手を合わせている社長の、その姿に異様な違和感を持ったのは私だけでしょうか?



代表取締まられ役社長の今日のブログ を見て、1つ違和感が納得出来た。


それはJR西日本という巨大な企業の社長なのに、苦労している雰囲気が見当たらなかったこと。
代表取締まられ役社長の記事やコメントを見ていると「社長業は苦労心労で髪が薄くなる」のだろうと推測出来るにも関わらず、あのTVに映った社長は髪がフサフサなのである。


叩き上げで社長に就任したのか、どこかからの天下りでやってきたのか、私は全く経緯を知らないし、ハゲてないのは遺伝や家系なのかもしれないし・・・。
それでも、自分の会社の事故で亡くなった方の遺影の前に出るのだから「腹をくくってやってきました」と言う雰囲気(苦労や苦悩)が滲み出ていなかったように思う。


私からはそんな風に見えても、あの社長も本当は亡くなった方たちへの哀悼の意を持っていらっしゃるのかも知れない。
こればかりは本人にしかわからないけれど・・・。



枝豆さんの今日の記事 を見て、もう1つ違和感が納得出来た。


この記事の冒頭あたりで触れた「うそによるその場しのぎ会見」で、マスコミからバッシングされまくった挙句、これ以上糾弾されるのを恐れてるのかもしれないと・・・。


だから、とは言わないけど、JR西日本を代表して現場で献花する姿もマスコミ対策用に見えてしまうのは私だけだろうか?
疑い出せばキリがないのは十分わかっているつもりだが、つい意地悪な目線で見てしまった。




そして、私が一番違和感を覚えるのは、このJR西日本の社長が「責任を感じて」辞職するのではなく、自殺しないだろうか?という不安を持ってしまうこと。


それも、事故で亡くなった方に対してや、事故を起こすほどに追い込まれていたであろう該当車両の運転士に対して、責任を感じて自殺するのではなく、カメラの前で土下座までしなければならなかった自分のプライドから。



もし、本当に自殺するなら、当然遺書も残すだろうし「亡くなられた方々に大変申し訳なく」などと書かれるのだろうけど、今回の事故の場合、運転士もある意味被害者だと私は思っているので、そのあたりは「感じるべき責任」のうちに入ってらっしゃるのだろうか?とゲスな考えを持ってしまう。


残された遺族の方々からすれば、「お前が死んでも、あの子(あの人)は生き返らん!」と余計に憤慨されてしまうのはわかっていることだと思うので、遺族への十分な慰謝料や壊れ掛けたマンションの住人への保証問題などをクリアにし、あの事故現場の後処理(慰霊記念公園にするとか)も済ませ、社内の教育方法も抜本的な見直しをしてから、辞任なり自殺なりして頂きたいなあと・・・。


まあ、死んでお詫びされても、仕方のない話しなのだけれど・・・。




どちらにしても、今回の事件でかなりのお金が動く事は間違いないはず。


JR西日本はJR東海と比較しても利益は高くないので、また「赤字です」と国に泣きつくハメになるのかも知れない。


旧国鉄の累積赤字が一向に減らなくて、いつも煙草が値上げされるのだから、今回の事故で「○○円かかりました。また赤字で~す」と言う話しになって今年の秋か、来年の春あたりに煙草の値上げが申請され、認められることになるのかな?なんてことを、ふと思った。




喫煙者に責任を振るなよな・・・と思った私は、ため息をつきながらメンソールの煙草に火をつけた。


亡くなった方々へ、心の中で合掌しつつ・・・。








何のオチもない、思いつくままの記事になりましたが、よろしければ 1クリックヨロシク<(_ _*)>

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。