海外添乗員の食べ歩き

特別なツアーで南仏へ



またまた日本企業の偉いさん方と一緒に南仏へ。


ブログはいったん停止しますが、このツアー帰ってきたら復活させるよていです。

アメブロメンバーの方々には帰国したらメッセージでご連絡致します。

アメブロに参加されてない方は、別の方法で告知いたします。


また、このブログは当分の間は閉鎖いたしませんので、どんどん遊びに来てくださいね。




    $海外添乗員の食べ歩き    オスロ 旅行情報

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ブログ復活させていただいております!!

アメブロを更新しなくしてもうすぐ 2 年になろうとしていますが、現在他のところでブログを復活させ、細々と続けさせていただいています。

もうご存知の方もたくさんいらっしゃいますが、もしご興味がありましたら、メッセージいただければ新しいサイトもご案内いたします。

なんだかんだ規制が厳しくなって、やりにくくなりましたねぇ...

そんなわけで、今後ともよろしくお願いします。


突然のお知らせですが...

突然のお知らせですが、

しばらくの間このブログの更新を停止いたします。


僕のブログの内容で、問題のあった記事がいくつかあったようで、ある方々が、僕と非常に関係の深い場所に異議申し立てがあったようです。


ブログの内容から、情報漏えいだとか、こんな記事を書かせていいのか、

などなど。


もちろん僕に直接文句を言っていただければ対処できるのですが、僕にはわからないように、いろいろな部署に何度かクレームを出されているようです。


というわけで、このままブログを続けていくと、何かしらの処分が下りそうな気がするので、一旦閉鎖させていただきます。


今まで読者になっていただいた方や、記事を読むのを楽しみにしてくださっている方には、まことに申し訳ございませんが、ご理解いただきたいと思います。


なお、こちらのブログは全部消去することは、まだいたしませんので、しばらくは楽しんでいただけるかと思います。


しかし、せっかくここまで書いたブログ、このままやめてしまうのは、悔しいのともったいないので、しばらくしたらまた別の形でブログを書いていきたいと思います。


ブログを始めて3年と2ヶ月。

ようやくページビューが、毎日2000を超えるようになり、一ヶ月では、60000を超えるようになったのですが、残念ですね。


ま、芸能人のにはまだまだ遠かったですが...


今後、どこのブログ会社で、どういった形で、どんな記事を書くのかは、突然のことなのでまだ考えていませんが、以前よりもパワーアップしてやっていきたいと思っています。


今度はそういう方々には、絶対にわからないようににひひ


また、記事を再開しましたら、読者の皆様、ご連絡をいただいた皆様にはお知らせいたしますので、それまでの留守をお許しくださいませ


再開は、新しいブログの場所と契約したらなるべく早くしたいと思っています。

できれば年内をめどに。


なんてったって、たくさんネタがたまってますからね。

それに忘れ去られるとやですからね。


それでは、今まで訪れていただきました皆様、ありがとうございました。

そして、勝手することをお許しくださいませ。










ナンシーの昼食はいつも場所

ナンシーに入って、ランチはもう最近ここばかりというくらい、お馴染みの場所になりました。


ザ・アールヌーボーという感じの L'EXCELSIOR です。


メニューも同じような感じなんですが、ここで、やっぱりワインにこだわるお客様が多いということもあり、

ここ、ロレーヌ地方のワインを注文してみました。


本当は、Vin Gris を注文したかったのですが、たまたまなかったので、

この地方で栽培されている、Auxerrois という品種の白ぶどうから作ったワインです。


海外添乗員の食べ歩き




飲み口もさっぱりしていて、グイグイ飲めますね。


そんなに高くないし、美味しいし...


やっぱり地元のワインはいいですね。


ロレーヌ地方のワイン、なかなか日本には入ってきてないので、珍しい体験でした。


Vin Gris のお話は今度それを飲んだ時に書いてみますねべーっだ!


で、食べたもの。


おなじみキッシュ・ロレーヌ


海外添乗員の食べ歩き





サーモンの蒸し焼き


海外添乗員の食べ歩き





デザートは、フォンダンショコラ...


海外添乗員の食べ歩き



なんですね。

見た目は


でもお店の人は、なんとかというちょっと違った名前で言っていました


なんだったけかな?


同じようなものなんですが、中のチョコレートの溶け方が違うんだとか


もうひっくるめてフォンダンショコラとしているところが多い中、

やっぱりこだわりがあるんですね。


中からチョコレートがトローリと...


海外添乗員の食べ歩き





このとろけるような甘さ、美味しかったです。


お店の詳しい案内は以前書いたこちらの記事からどうぞ。





にほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村



ボーヌ2日目の夕食はフリー

ボーヌ2日目は、夕食が付いてなかったので、

お客さんのレストランを数件予約し、お店も紹介したあと、

一人参加のお客さん数人と街のレストランへ出かけました。


街のいいなぁと思ってたレストランはどこも満席。


でも、旧市街の並びにある、とあるレストランがガラガラだったので、

大丈夫かなと思いつつも入ってみることにしました。


Le Grand Café De Lyon


海外添乗員の食べ歩き





店内はガラガラでしょ?


海外添乗員の食べ歩き





なんか場末のフランス風大衆食堂って感じです。


まずはみんなでビールで乾杯ビールニコニコ


海外添乗員の食べ歩き




いつもはさっぱり系のフランスビールだったので、今回は珍しくベルギーのビールを。


この Affigem ってのは、1074年にベネディクト派のアフィリゲム修道院

が建てられたのですが、その後、1129年から巡礼者たちのためにビールを作った...

というのが起源の醸造所です。


グラスに1074って書いてますね。


これが修道院が建てられた年数です。


このビールには blond ・ dubbel ・ tripel の3種類があって、

それぞれアルコール度数が、6.8%、6.8% と 9.5%


ガッツリきます。


これは blond ですが、ベルギービールらしく、 コクがあり

修道院ビールの特徴がよく出ているビールです。


その割にはそれほどクセがないので飲みやすいですね。


日本のビールのように、キレやのどごしを求めたらダメですよニコニコ


アルコール度数も日本のビールより若干高めなので、

ゆっくりの味わって...

そうそうワインを飲むような感覚で飲むといいですね


あ、ちょっとビールのことを書きすぎてしまったにひひあせる


食べたものは、まずはみんなで少しずつ本場のエスカルゴを食べてみました。


海外添乗員の食べ歩き





12コ入りで10€60

これをみんなでシェアしました。


海外添乗員の食べ歩き





このあたりでワインを注文


海外添乗員の食べ歩き





ま、普通のこのあたりのワインですね。

当然ピノノワール


これで、29€ だったかな?


ま、お手頃な価格で、味もそこそこ美味しかったですよ。


で、メインはめいめい好きなものを注文しました。


僕は、やっぱり生肉に惹かれて、タルタルステーキを。


海外添乗員の食べ歩き





ここはタレを別に持ってきてくれたので、それを入れてグッチャグッチャと、かき混ぜました。


赤ワインとあって、美味しかったですよ。


こちらは付けあわせのポテト。


海外添乗員の食べ歩き




というわけで、お昼もお腹いっぱい食べたので、これくらいがちょうどいい量でした。


こちらはセットメニューも数種類あって、19€ からいろいろと選べるんですが、

ちょうど食べたい組み合わせがなかったので、アラカルトにしてみました。


セットメニューも結構お得感がありますよ。



お店

名前 : Le Grand Café De Lyon

住所 : 36, Place Carnot 21200 Beaune

TEL : 03 80 22 23 00



ボーヌ旧市街のカルノ広場にあるカフェレストラン。

このあたりには、気軽に入れるブラッセリーやカフェなどがたくさんあって、

いつも賑わっています。

中でも人気店は、予約が必要なので、出かける前にでも電話一本入れたほうがいいですよ。





にほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ



昼食の前菜はフォアグラから

ワインのテイスティングのあとは、ボーヌの観光。


そして、お昼はボーヌの城壁のちょっと外でゆったりといただきましたニコニコナイフとフォーク


レストランは、HOTEL DE LA POSTE の中にある、Le Bistrot です。


海外添乗員の食べ歩き




入口はこの右の緑のところでしたが、レストランは突き当たりのお花が飾ってあるところでした。


って、そこは夜しかやってない高級レストラン、Le Relais ってとこ...


聞いてみたら、夏場でランチ場所は閉めているので、

特別に高級レストランの方で食事することになりました。


って、ラッキーラブラブ!


ま、メニューは同じなんですが、雰囲気が全然違いますからね。


ではお食事を。


まずはアミューズ・ブッシュということで


海外添乗員の食べ歩き




ニュイ・ドールというブルゴーニュ産のチーズを使ったパイみたいなのと、

ジャンボン・ペルシェ(ハムとパセリを使ったゼリー寄せのテリーヌ)


これがまたウマイのなんの


そして、前菜がフォアグラのテリーヌ


海外添乗員の食べ歩き




フォアグラには、Gewürztraminerワイン といきたいところでしたが、

アルザス以外では、なかなか無いものですね。


でも、このフォアグラ、甘味もあってとっても美味しかった...


やっぱり値段なのかな?


メインは、チキンの胸肉のグリル グラタンポテト添え


海外添乗員の食べ歩き




このソース、なんだったけかな?

濃厚クリーミーだったけど、なぜかさっぱりいただけたんですよ。


チキンもジューシーで、柔らかかった....


デザートは、カシスのムース


海外添乗員の食べ歩き




ということで、至極のランチをゆったりといただきました。


美味しかったラブラブ!



お店

名前 : Restaurant "Le Bistro" Hôtel de la Poste

住所 : 3-5 Boulevard Clémenceau 21200 Beaune

TEL : 03.80.22.08.11

営業時間 : 12:00~14:00/19:30~21:00

定休日 : 火曜日

URL : http://www.poste.najeti.fr/


ブルゴーニュの城壁から少し出たところにある、ホテル&レストラン。

旧市街中心地のホテル・デューあたりからだと徒歩10分弱で行けます。

ランチのセットメニューで20€ちょっと。

さすが食事とワインの国と納得させるようなコストパフォーマンスの高いお店です。

ゆったりとした気分で召し上がるにはちょうどいいですね。





にほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>