自分との戦い〜おかやまマラソン当日編〜 | 岡山スポーツ障害専門S先生(Jewel整骨院)成長痛足の痛みで悩んだら岡山駅近くのS先生に相談

岡山スポーツ障害専門S先生(Jewel整骨院)成長痛足の痛みで悩んだら岡山駅近くのS先生に相談

スポーツ障害や怪我は多くが予防できます。
身体の調子や自律神経まで整えベストコンディションで試合に臨めるようトレーニングやコンディショニングをしています。
岡山でスポーツ障害、怪我、トレーニングに悩んだらS先生(Jewel整骨院)に相談

おかやまマラソンに出場された皆様お疲れ様でした。
目標達成できた人、できなかった人。
それぞれの思いを胸に…

さて、私は無事にゴールしました!


テッテレー🎶古っ。

フルマラソン翌日の今日もばっちり働いているので目標完全達成ですチョキニヤリ

とは言え、完走直後は思いました。

「おいおい。これ明日の仕事ホントに大丈夫かよ」

レース直後から全身筋肉痛で、もはや家に帰るにも一歩も動きたくない状態。
1時間ぐらいジップアリーナで放心状態でしたガーン

アフターケアをしっかりしたお陰で今日は元気に動けています。

さてさてさーーて。
来年の出場を目指す方の為にレース当日を振り返ってみましょう。

AM5:00起床
いつもよりかなり早く起きて朝食をとりました。
メニューは
赤飯(先祝いw)
サラダ
みかん
コーヒー
これからフルマラソンを走るわけですから大量のエネルギーが必要です。
(レース後にガーミンで出た消費カロリーは運動消費だけで2880kcal)
朝食抜きなんか持っての他!必ず食べましょうおにぎ
炭水化物は欠かせないエネルギー源。
野菜やみかんでビタミンやミネラル補給
コーヒーのカフェインがパフォーマンスを引き出します。

AM7:40会場入り
会場に着いたら直ぐに着替えます。
この時期の朝はかなり寒いので体を冷やさない服装で行ってレース用の服に着替えます。
着替えの後にチューブのエナジー系サプリメントをチャージ。
周囲にはカッパを着ている人が沢山いました。
防寒対策でスタートして熱くなれば脱ぎ捨てられるから便利なんだとか。

AM8:00トイレ
手荷物を預けたらトイレに並びます。男性だからと侮ってはいけません。小の方でも長蛇の列ができます。15〜20分かかるので早めにもよおして無くても並ぶぐらいでいいかもしれませんね。
また、生活リズムが違うと大の方が朝出てくれないという事も!
数日前から早起きの習慣をつけておくといいですよ。

AM8:20スタート地点へ
各エリア内のスタート位置は並んだ順になります。エリア内の前の方を取りたい人は早めに並びましょう。
私はトイレ渋滞にハマったのでかなり後方からスタートでした。




AM8:45スタート!
レースが始まっても最初は走れません。前が進まないので押さず抜かず、流れに任せて歩きだんだん走り始めます。
3km地点に到着するのに25分程度かかりますが焦る必要はありません。
7:30/kmぐらいで走れば10km地点の頃には5:30のペースランナーが見えてきます。

給水ポイントとトイレ
最初の給水ポイント手前側はとんでもなく混雑します。慌てなくても奥に長く続いているので少し後で取る方がスムーズに受け取れます。
まだ飲まなくても大丈夫とは思わないこと!
レース当日は興奮状態。朝は寒くても知らず知らずに脱水の魔の手が…ゲッソリ
トイレは15km地点ぐらいまでどこも渋滞します。
我慢のしすぎにはご用事を。
それ以降はばらけてくるのであまり並ばずに入れます。

源吉兆庵前
軽食に吉備団子が。
マラソン中に吉備団子?と思っていましたが疲れてきた身体に甘くて美味しい吉備団子が染み渡ります。
給水エリアはスポドリ、軽食、水の順なので最後に水で口をサッパリさせるのがおすすめです。

17km地点
ハーフを折り返した選手たちが見えてきました。速いランナーの知り合いがいる場合はここですれ違えるかもしれません。
応援したい人は左に寄って走るといいでしょう。

30合線折り返し地点
Uターンなのでここは少し混雑します。
慌てず焦らず、押さず抜かさず譲り合い。

ここからしばらくは左側を自分より後ろのランナーと対向して走ります。後ろに友達がいる人はまたまた左端を走れば励まし合えますおねがい

ハーフ地点
やっと半分か〜。と、少しホッとしながらも
まだ半分か…とも思うところ。
ここらで少しストレッチしたり前半で強張ってきている筋肉をほぐすといいですよ。
先はまだ長いので、そこで止まる数分は残り半分を乗り切る為に必要なブレイクになります。

ハーフを過ぎた辺りから大会関係ではない一般の方が給水や軽食、エアサロンパスなどを持って
「頑張れ〜!栄養とって〜!水分、スポドリあるよ〜!サロンパス使ってよ〜!」と声援とサポートをしてくださいます。
とっても温かい気持ちになり、背中を押されました笑い泣き

30km地点
ここに待つのが岡南大橋ガーン
マラソンは30kmに大きな壁がある。よく言いますが、それは体力や精神的な話でコースコンディションではありません。
おかやまマラソンは登り坂という最大の難所を迎えます。
登り坂のポイントは重心を前に歩幅を小さくコツコツ刻むこと。


この辺りで周りのランナーさんを見てもスマイルはだんだん減っていきます。笑

33kmラーメン広場
おかやまマラソンと言えばラーメン?
橋を渡り切ったところで美味しいラーメンや餃子が待っています。今年はピーチジュースも。
ちょうどいい量になっているので残り時間と相談しながら是非いただきましょう。
ここから正念場を迎えるので休み過ぎは厳禁。軽くストレッチなどもして身体を整えてリスタートします。
おっと、ストレッチといってもジワーっと伸ばしてはいけません。
ラジオ体操のように動かしながら伸ばすのがポイントです。

ここからは永遠とも思える土手沿いを走ってゴールを目指します。
この頃から全身筋肉痛、身体の残っている機能を探して動かせるとこを120%使って走るようなイメージでした。
歩く人も増えます。
倒れる人もいました。
ここで追いついた知り合いは「両足がつってキツイ」と言っていたので塩飴をプレゼントしました。
私はチューブタイプのエナジージェルを3つ持っていたのでラスト一個を摂取したのがこの辺りでした。

肉体も精神も限界との勝負。
「足が痛い?気のせいじゃろ。」
岡山弁でドSな看板を持って応援してくれている人も。笑
そう。脚が痛いなんて気のせい気のせい…笑い泣き

この辺りから残り◯キロの看板が出てきます。
自分のペースと逆算してあと何分走れば終わるのかゴールのタイムは?
だんだんゴールを意識して少し気持ちが元気になります。

最後の難所がJRをまたぐ高架。
行きも通った同じ橋なのに全く別物に感じます。そして、沿道からは
「もう少しだよー!お帰りー!よくがんばったねー!あとちょっとー!頑張れー!ナイスラン!!!」
もう限界で止まりそうな体を前へ前へと運んでくれる声援に涙がちょちょ切れそうになります笑い泣き

そしていよいよグランドに入りトラックを一周するとゴール!
ここでは先にゴールしているゲストランナーさん達が出迎えてくれます。
「あと少しー!」とハイタッチをしてゴール!!

学生さん達がタオルと飲み物とメダルをかけてくれて「お疲れ様でしたー!」と声をかけてくれます。

スタジアムを出たらしばらく居座れる所までは止まらず進みましょうね!
止まったら最後、二度と動きたく無くなります😂

長々と書き綴りましたが、フルマラソンの全貌。
走った後はしっかり栄養をとりましょう。
完全にガス欠の身体は回復するどころか免疫力まで低下。ウィルスの格好の餌食です。
痛いところはアイシング。
帰ったらゆっくりお風呂で全身をモミモミ。
ご飯を食べたらさっさと寝る💤

ビールは美味い…でしょうけど、回復を遅らせますから代償も大きいことはお忘れなく🤣

ってことで朝からもう一度、自分のマッサージもした私はもう走れるぐらいに元気です💪

中には1週間以上ダメージと脚を引きずる人もいます。そうならない為にどんな工夫をすればいいか?

私の挑戦を元に来年以降のビギナーさんにアドバイスしていきます。

ご声援ありがとうございました😊

ちなみに、ランナーに多い爪のトラブルも一切なし👍

き、汚い…
じゃなくて、参考資料としてご了承ください💦