厚底ブーム再来!今回はギャルじゃなくランナー! | 岡山スポーツ障害専門S先生(Jewel整骨院)成長痛足の痛みで悩んだら岡山駅近くのS先生に相談

岡山スポーツ障害専門S先生(Jewel整骨院)成長痛足の痛みで悩んだら岡山駅近くのS先生に相談

スポーツ障害や怪我は多くが予防できます。
身体の調子や自律神経まで整えベストコンディションで試合に臨めるようトレーニングやコンディショニングをしています。
岡山でスポーツ障害、怪我、トレーニングに悩んだらS先生(Jewel整骨院)に相談

おかやまマラソンまで
あと1カ月!!

マラソンで膝が痛くなったという人のご相談はピークを迎え、ご予約は午前中しか取れない日が多くなっています。

既にトレーニングやインソールを作っている方は痛くなくたってリフレッシュのケアは必要ですから早めに予約は取っておいていただければと思います。

いきなり宣伝から始まりましたが、本題は靴選びについて。

つい先日、岡山から宇野までのハーフマラソン練習会を行いました。
この日はいつもよりゆっくりなペースで、走る事自体は楽でした。
しかし…
足の負担はこのペースの方が大きかったようで、3日経った今日も足に軽い痛みが💦原因の1つは走るペースと靴のアンフィッティング。

マラソンシューズにはタイムに応じた機能があります。
例えば、ゆっくり走る人は踵の接地が強く出がちなので衝撃吸収機能が高い靴になっています。

最近流行りの厚底シューズ。
一時は品薄で手に入りませんでしたが今ではスポーツ店で手軽に手に入るようになりました。
先日のMGCの2位集団…みんなピンクの厚底シューズでしたね。

厚底と言えば安室奈美恵が、ギャルがみんな履いていたと思い出すのはおじさんの証でしょうか…



厚底マラソンシューズの流行りはナイキに留まらず、各メーカーが競って販売を開始していて、なんと言っても靴が勝手に走る感覚がすごくて、靴任せに走ると4:30ぐらいは余裕で超えようとしますが、もちろん私はそんなに早く走れないので仕方なくブレーキをかけながら走ります。

だから足が壊れます。

車だって自転車だってブレーキをかけたまま動かし続ければ壊れそうだと思いませんか?

靴本来のペースとあなたの走るペースが合わない場合は機能のアンフィッティングが原因でどこかしら痛くなるかもしれません。

本番のペースを視野に入れた靴選びで怪我をしないように練習してください。

靴選びが分からない人は
正しい靴選び基本編←でご確認くださいね。

もっと詳しく知りたい、症状が重症と言う人は直接相談して解決することができます。

LINE@に登録してご相談ください