運動神経は学べる時代!体と動きを鍛えて整えるジュエル整骨院

運動神経は学べる時代!体と動きを鍛えて整えるジュエル整骨院

スポーツはもちろん、怪我や病気で人生の楽しみを諦める人を少なくしたい!
身体と思考・センスを鍛えるトレーナーSHO

 

 TODAY'S
 
インソールの効果について

 

 

このブログを最後まで読むとわかること

 

・インソールとは?

・どんなインソールを選べばいいか?

・オーダーメイドインソールとは?

・インソールを作ったほうがいいのはどんな人?

 

 

インソールとは?

そもそもインソールは靴の中に入っている中敷のことで、スニーカーやスポーツシューズには5mm程度の厚みのものが入っています。

パンプスや革靴は革のシートが張ってあることもありますね。(最近では革靴にもEVA素材のインソールが入っていることも)

機能としては足と靴のフィッティングという目的があります。

中には防臭、防湿などの衛生機能、扁平足改善などの補正機能があるインソールも販売されています。

 

どんなインソールを選べばいいか?

まず、あなたがインソールに何を求めるのか目的を明確にしてください。

衛生面であれば100円均一のものからスポーツメーカーが出している銀イオン配合などの商品があり市販のインソールで対応できます。

一方で、補正機能などを求める方は注意が必要です。

医療の業界でインソールは「装具」の扱いになります。

装具とは、体の機能や構造を補う道具のこと。この装具には絶対のルールがあります。

自分の体にあっていること

このルールが守られていない場合、体の機能を補うはずの装具があなたの体を壊すことになる場合もあります。

分かりやすい例がメガネです。度数のあったメガネはよく見えますが、度数のきついメガネをかけたらもっとよく見えるかと言うと・・・

見えません。さらに、見にくいままかけ続けると視力がメガネの度にあって落ちてしまいます。

インソールでも同じようなことが起こります。

例えば、扁平足ではない人が扁平足用のインソールを使うと捻挫しやすくなったり、太腿の外側が張りやすくなるなどトラブルの原因になることがあります。

自己診断や専門家ではない方のアドバイスで自分の足は○○だと思い込んで間違えたインソールを選んでいる方がよく来店されます。

補正装具としてインソールを選ぶ際、ご自身の足を正しく知っていることは必須です。

 

オーダーメイドインソールとは?

楽天にもアマゾンにも売っていないあなた専用のインソールです。

足の専門家があなたの足やバランス、動きと靴の機能を検査して最適なインソールを作製します。

同じ26cmの足でも指の長さは人それぞれですよね?

つまり、足のサイズが同じで扁平足だったとしても人それぞれに違いがあるので同じ構造では合わない人が出てきます。

そういった個人の特徴まで汲み取って作れるからオーサーメイドインソールの効果はすごいんです。

 

インソールを作ったほうがいいのはどんな人?

特に作ったほうがいいのは扁平足やそう見えるような足の人、片足立をすると親指側にバランスが崩れたり、踏ん張れない人です。

このような人の特徴として片足立ちをすると「頭が立っている足側に大きく傾く(右足で立つと右に倒れる)」「膝が内側に倒れる」「骨盤が浮かせた脚側にずれる」「親指が踏ん張れず小指側に体重が乗る」などがあります。

これらの特徴は他と比べて将来的に膝や股関節に重大なトラブルを起こしやすいリスク要因になります。

また、スポーツで怪我を予防したい!パフォーマンスをアップしたい!!と言う人です。

オーダーメイドインソールはパフォーマンステスト(動作の変化を評価する検査)を行いながら作製します。

片足立ちでフラフラする人とピタッと止まれる人のどちらが早く走れそうですか?ヒント:走る時には必ず片足立ちの瞬間がありますよね。

下の写真はインソール作製のビフォーアフターです。

なんと言うことでしょ〜。

匠の手によって作られたインソールを入れると体が真っ直ぐになっているではありませんか。

はい。おふざけは置いといて、これぐらい変わりました。

 

この選手は片足立ちで足が内側に倒れ、その崩れを補うために体を傾けてバランスをとっていました。

将来的に考えられる膝の前十字靭帯の損傷やシンスプリントなどの怪我、お尻がうまく使えないので脚力が伸び悩むリスクを低下させ、パフォーマンスをあげることができました。

たったの90分でこの変化。

先日「楽して上手くなる方法はないですか?」と言うご質問を頂いたのですが、インソールかな?笑

 

いかがでしたか?

量販店でも多くのインソールが販売されています。ご購入の際は自分にあっているものをしっかり選んでください。

ワンランク上のインソールが欲しい方は僕にお任せくださいニヤリ

 

 お問い合わせはコチラからhttps://lit.link/shozap


この記事を読んだ方にはコチラもおすすめ



モチベーションが高い人、焦っている人、我慢強い人がやってしまいがちなオーバーワーク。

練習やトレーニングを頑張っているのに思わしい結果を得られない人は頑張り方を間違えているかもしれません。


トレーニングをしていい結果を出したいと思っている人は参考にしてみてください。





このブログでは

オーバーワークとは?

症状は?

原因は?

改善方法は?

予防方法は?

という内容がわかります。



オーバーワークとは?

筋トレや練習のし過ぎで体の回復が間に合わなくなっている状態のことで、疲労感が抜けずトレーニングの質が下がったり筋力が低下するなど深刻な問題を引き起こします。


症状は?

疲労感が抜けず筋肉痛が3日以上にわたって継続するなど「重度の疲労感」がでます。

また、安静時心拍数や血圧の上昇、不眠などの症状にも発展します。

トレーニングを頑張って疲れているはずなのに眠りが浅いなどの症状を感じたらオーバーワークの可能性を疑ってみた方がいいかもしれません。


原因は?

オーバーワークになる原因は大きく分けて2つ

回復とトレーニングのアンバランス

過剰な負荷量のトレーニング


まず回復とトレーニングのアンバランスについて。

これだけスポーツ化学が発展した現代でもまだ量に依存したトレーニングをしている選手を多く見かけます。

身体は「トレーニング➡︎回復」を繰り返して強くなります。追い込むときは追い込む、休むときは休むというメリハリをつけるようにしましょう。


そして、トレーニングについては適切な強度で行う必要があります。負担が大き過ぎる場合、身体は壊れてしまいます。

まだやれる!もっとやらないと!!という気持ちでついついやり過ぎてしまう気持ちは分かりますが、それではトレーニングの為のトレーニングになってしまいます。

目的のための手段としてトレーニングしている事を常に忘れずに取り組みましょう。


改善方法は?

まずは休養!

これが第一ですね。当たり前ですが…。

そして、疲労回復にはマッサージが最も効果が高いというエビデンスがあります。

また、食事面ではビタミンBやビタミンC、タンパク質をしっかり摂取しましょう。

睡眠時間は8時間以上とれるように調整してみてください。


予防方法は?

筋トレや練習はスケジュールをしっかり決めて、積極的休養日を設けましょう。

と言ってもダラダラ過ごすという事ではなく、心身をリフレッシュできるような過ごし方をするのがお勧めです。

そして、トレーニングは全身をバランス良く鍛えられるように管理します。

例えば、下半身が課題だとしても上半身や体幹もバランスよく鍛えておくようにしましょう。


いかがでしたか?

アスリートにとってトレーニングは目的を達成するための手段です。トレーニング自体が目的になったり、無計画にトレーニングすると本来の目的とは異なる結果になることもあります。

なぜトレーニングをしているのですか?

この質問を時々自分にしながら取り組んでみてください。

毎日暑くて溶けてしまいそう…

こんな時にアスリートが気をつけなくてはいけないのが


「熱中症」





このブログを読むと


脱水症状、熱中症とは?

熱中症がなぜ起こるのか?

どんな症状がでるのか?

一般的に言われている対策は?

保水はスポドリ?水やお茶でもいい?

最新の保水方法とは!?


こんな事がわかります。


脱水症状、熱中症とは?

人の体は大人でも2/3が水分でできており、個人差はありますが2〜7%を汗などで失うと脱水症状になると言われています。この状態で放置すると熱放散のために血液は体表面に多く運搬され筋肉や内臓への循環量が減ってパフォーマンスが低下します。

また、汗と一緒にナトリウムも失うため、体内のイオンバランスが崩れてアシドーシスという状態になると複雑な病態となり命を落とす事もあります。


脱水症状、熱中症がなぜ起こるのか?

近年の日本は高温多湿となり発生リスクが高くなっています。

ただ気温が高いだけなら汗をかき、蒸発させることで体温を下げる事ができます。

ところが、湿度が高いため汗が蒸発しにくく体温を下げるために汗の量が過剰になり体内から多くの水分と塩分を一気に失い気づいた時には症状が出てしまっている状態になりやすい環境です。


どんな症状がでる?

動悸や頭痛、吐き気、手足の震え、全身の痙攣(ツル状態)など

脳の温度が40度に高くなると自律神経による抑制がかかり、筋力が急激に低下します。

症状が進行すれば失神となり命の危険が伴います。


一般的に言われている対策は?

水分補給と塩分補給が大切なことはよく知られています。ところが、塩を舐めればいいかと言うとそうではありません。

私たちの体はphというバランスがあり、塩分濃度が濃すぎると吸収できず、逆に体の水分を使って薄めようとします。

人に最適な塩分濃度は0.9Nacl以下なので塩は薄めて摂取する必要があります。


また、糖質が高すぎるとエネルギーの吸収にはいいのですが水分の吸収率は下がると言われています。

糖質は5%未満がオススメです。


水分補給は水やお茶でもいいのか?

これまで述べた通り、水分だけでなく塩分を失う事も大きな問題なのでミネラルを補給できるものを選んでください。

お茶の中でもウーロン茶などのカフェインを多く含むものは利尿作用を促進し脱水になりやすくなりますので絶対に辞めましょう。

また、スポーツドリンクは苦手という選手も見かけます。

そうした場合、熱中症対策タブレットなどを上手く使って対応してください。

水100mlに1〜2粒食べるのがオススメです。



最新の保水方法は?

グリセリンローディングという方法をご存知でしょうか。最適量のグリセリン(脂質)と水分を摂取すると利尿作用を抑え、体の細胞内に水分を送りやすくなります。

海外でも多くのトップアスリートが愛用し国内でも少しずつ注目され始めている水分補給方法です。



本日のブログのネタ素はこちら

サプリ情報ならDr.サプリメント


岡山のドクターで僕の学生時代は生理学の講師として教鞭をとられていた山田先生のHPです。

こちらからもグリセリンローディングのドリンクを購入できます。


熱中症対策 グリセリンローディング


パッケージが違うだけで中身は凌駕と同じだとか😄