2019年3月6日

大潮 満潮05:13  

    干潮10:50

天候 曇りのち雨  風 微風

 

さて前回のブログからの続きです

 

昨日22時に眠りに就いた・・・はずなのですが

 

うとうとして眠いのに熟睡できませ

 

去年車を買い替えたのですが

 

シートがセミバケット?仕様で

 

体格のいい(デブ)の自分には

 

かなりタイトで太ももはもちろん

 

腹部脇もびっちりで笑い泣き

 

身動きできず・・で 

 

わかってはいたのですが 

 

車中泊は × な車です。

 

それでも何とか うとうとしながら

 

何度も起きながら 2時までえーん

 

少し早いが支度をして堤防へ

(この時身動きできない状態でいたので 腰は痛いし肩首も微妙にこってるし状態)

すでに堤防上に人が 

 

入りたかったポイントにはすでに二人

 

その手前に一人アセアセ 入れませんでした。

 

仕方がないので先端テトラへの

 

段のある所の外向きでやることに

 

海の状態はべたなぎ&もちろんの激澄状態

 

お気に入りのポイントは入れない状態の上に

 

激澄状態の海 唯一の慰めは

 

微風&それほど寒くはないくらい。

 

ゆっくり準備し2時半釣り開始  

 

 

3時・・・あたり無し

 

4時・・・浮きが勢いよく沈む

 

合わせると軽い引き 

 

あがってきたのは 20㎝ほどのアジ

 

これを皮切りに ぽつぽつと上がる

 

が 合わせが難しく なかなか針がかりしない

 

かなり浮きが沈んでから合わせるもスカアセアセ

 

沈み始めで合わせても スカえーん 

 

聞き合わせしてもスカ多しゲラゲラ

 

打率にすると3割程度ニヤ(野球だったらすごいのに)

 

このころになると 先端には人でいっぱいに

 

20人超はいたと思う(平日だよね?)

 

自分の両隣にも籠アジ師 後ろにも

 

何やらサーチライトのような

 

強力なライトで水面を照らしまくる アセアセ

 

隣の浮きが自分の前流れてくる・ぼけー

 

移動も考えたが

 

すでに手前方向も人でいっぱいに

 

さらに追い打ちをかけるように

 

雨が降り出す・・確か午前は曇りだったと

 

すぐにやむ?

 

ことも なくいい調子で降り続く

 

さらにさらに腰は痛いし肩も痛いし

 

昨日の疲れがぜんぜん抜けずで

 

気持ちはもう帰ろう状態イヒ

 

5時・・6時 アジのあたりもなくなり

 

あきらめかけたその時

 

微妙に浮きがしもる 合わせると 

 

乗りましたぁおーっ! やっと来たかぁウシシ

 

結構いい引きではないかにやり・・・・

 

次の瞬間・・・はい・・・ばれましたパンチ!

 

あげてみると ハリスの途中で切れていた

 

傷がついていたと思われるイラッ

 

何度か根がかりで引っ張っていたからか

 

ま 確認しなかった自分が悪いのだが

 

7時再びあたりあり

 

合わせをくれると 乗りました♪

 

アジよりは引きが強いが 

 

首は振らないし 横っ走りもしない

 

=黒鯛ではないしボラでもない

 

アイゴほど引かない 誰?

 

昨日に引き続きデブ河豚?

 

あがってきたのは30センチほどのタカッパちゃん

 

丁重におかえり願いました

 

この後は最後の力を振り絞りつづけたが

 

何のあたりもなく

 

雨もやむ気配もなかったのもあり

 

残りのコマセを爆撒きして

 

8時半終了ムキーッ

 

結局お持ち帰りは 

 

20㎝前後のアジ11匹で終了

1:(もう車中泊はしないぶー

2:(連荘は体力的にきついお年頃なので極力しない)

3:(雨だったので写真もなしえー?雨降りはいかない)

以上3ない運動でしたしょんぼり

 

次回は17の週に予定爆  笑