ジェラテリア一休 @倉敷市中央 | むしろパフェになりたい @東京(脱パフェしちゃったけど)

むしろパフェになりたい @東京(脱パフェしちゃったけど)

パフェが好き。
愛してる。
結婚したい。
いや・・・
む し ろ パ フ ェ に な り たい 。
※脱パフェしちゃいました

ジェラテリア一休


引っ越し前最後の倉敷でございます。

いつもであれば、一休さん→オクサリスさんなのですが、この日はオクサリスさんは夏季休暇・・・あぁ・・・なんてこった・・・。残念ですが、気を取り直して一休さんで最後のジェラートを堪能してきました。

2014年9月中旬


何度も何度も足を運んだジェラテリア一休さん。
この日でしばらくお別れです。
店主様が、最強の品揃えでおもてなししてく下さいました。

いちじく & チーズケーキ





ラムマロン & プレミアムミルク






ピスタチオ & ラムレーズン





いちじく & ラムマロン





定番のプレミアムミルクに、私の超お気に入りなピスタチオとラムレーズン。
この日初めてお目にかかる、いちじく、ラムマロン、チーズケーキ。
うは・・・たまんない。

チーズケーキ
以前からあるフレーバーですが、実は初めて!嬉しい~!
そして食べてみると、「え、こんなにクリームチーズ使っていいの?」と心配したくなるくらい濃厚なクリームチーズの味!うわああああ!なんか興奮するwww 
クリームチーズのこっくり濃厚な味と、マイルドな酸味。そこに一休さんのあのなめらかさがプラスされたら最強です。
チーズケーキと言う名前から、もっと甘さがあって、そこにレモンの酸味がプラスされている感じかな?と思っていたら、まさかのがっつりクリームチーズで大興奮です。チーズケーキと言うかクリームチーズですな!
もちろんミルキーさがプラスされているのでクドさはなく、食べた後はやっぱりあの心地よさしか残らないのがすごいところです。

いちじく
楽しみにしていたこちら・・・!ちょっといちじくの量がいつもより少ないかもしれませんが・・・と心配されていましたが、いやいや、超美味しいです。
さすが、爽やかないちじくの味と甘み、プチプチ食感。優しいミルクの味となめらかな舌触り。たまらーん。
確かに、いちじく好きとしてはいちじくがもっとたくさんだったら嬉しいことは嬉しいのですが、このいちじくとミルクのバランスならばいちじくが主張しすぎず、いい意味で多くの方に好まれる味だと思います。
いろんなお店でいちじく系を試してみましたが、結構シャーベット系が多いですね。確かにシャーベット系のほうがいちじくの味がダイレクトにするとは思いますが、食べてみると「あー・・・うーん・・・なんか違うなぁ。」と思い、これだったら生で食べるわーってことが多い。なんだろう・・・無理してシャーベットにしてません?って感じなんですよね。
一休さんのジェラートを食べて初めて、ソルべやシャーベットよりミルクベースのいちじく味っていいじゃないか!!むしろこっちのほうが美味しいじゃないかあああ!!!って思いました。

ラムマロン
やふーーー!!マロン!ラムマロン!ラブロマン!こちらはマロンペーストを購入して練り込んでいるそうです。そのせいか、甘さもしっかりあるタイプになっています。
でもその甘さとミルクの甘さが良い比率で、とてもマイルドな仕上がり。栗のプチプチ感もけっこうあって、一口一口が幸せです・・・!
たら、ラムがあまり感じられなかったなぁ、と。名前に「ラム」が付いているので、洋酒がもっとしっかり効いているかと思っていましたが、甘みがメインだったせいか存在感が薄くなっていました。
ラムが薄かったにしても美味しいことには変わりございません!!

プレミアムミルク、ラムレーズン、ピスタチオ。
こちらの3フレーバーももちろん美味しい。あぁ、たまらんよ
全部一通り食べて、考えて考えてマロンといちじくをお替り。美味しいものって、少量でも満足してしまうことが多いのですが、なぜか一休さんのジェラートは「あああああ美味しい・・・・!!美味しい・・・・!!美味しいからおかわりいいいい!!!」ってなっちゃうんですよね。
本当は他のものももう1回ずつ食べたかったけど、我慢・・・!


今回チーズケーキやラムマロンを食べて思ったのが、商品名と実際食べた時の違いについて。
チーズケーキはケーキと言う名前が付いているのでもっと甘めでお子さま向けかな?
ラムマロンは洋酒の効いた甘いモンブランで、ちょっと大人向けかな?
と思っていたのですが、食べてみると逆だなぁ、という感じ。※個人的な意見
私の場合、一休さんのジェラートは何を食べてもハズレがないし、いい意味で「お、そうきたか!」とそうなるんですけど (・∀・)
他で食べると、「えー・・・なんか違う。しかもそんなに美味しくないし・・・うぎぎ・・・」ってテンション下がることが結構あります。お店によっては、★で甘さなどを表示してくれているところもありますね。でもそれも、あくまで他のフレーバーとの相対でしかないし、結局は個人の味覚の違いで左右されてしまいますし難しいよなぁ。
・・・だから結局おまえは何を言いたいんだ、って話なんですが、ただ「名前と味の関係って、満足度に結構影響するよねって思ったんだ。」って話です。終了!

本当に最強のフレーバーで、そのまま溶けてジェラートになってしまいたい勢いでした。
冬はジェラートをお休みされるそうですので、詳しいことは一休さんのブログ等をチェックしてください。
本当に素敵なジェラートをありがとうございました。出会えてたことに感謝です。
今度行けるのはいつになるか分かりませんが、さらなる進化を楽しみにしています。