どうなる私の身体。 | ✧.。.:* 風に揺られて *:.。.✧ -2nd season-

✧.。.:* 風に揺られて *:.。.✧ -2nd season-

へなちょこメンタル×車椅子ユーザー。風に揺られて、明日はどこへ行く!?

寝過ごしてしまい、来てくれた
ヘルパーさんのチャイムの音で
目が覚めた。


慌ててベッドから、文字どおり
転がり落ちるも、体が硬直して
うつ伏せの状態から身を起こせない。


死にそうになりながら
腕の力だけで玄関まで身体を引きずり、
どうにか鍵は開けたものの……
ヘルパーあーちゃんひとりの力では、
硬直した私の身体を車椅子に
引き上げることは不可能………、
とりあえず部屋まで引っ張っていって!
とお願いして、寝室に戻してもらい
毛布をかけてもらい。


結局、訪問リハのPTさんたちに
朝っぱらから連絡して指示を仰ぎ、
自宅リハに来てくれてる訪問看護
ステーションから、緊急で初対面の
看護師さんがふたり来てくださって
マッサージ→どうにか緊張を緩めた
ところで、抱えて車椅子に移乗。


その間、かかったこと約2時間の闘い。
残ったのは、筋緊張でビッシビシの
ガッチガチになった太ももの痛みと、
たくさんの人を巻き込んでしまった
申し訳なさ、そしてこの先への不安。




まあそれでも………
とっさに助けて!と言える人脈を
思い浮かべられるだけあったことは
ありがたいことやし、きっと私が
生活していくということは
そういうことなのだろうとも思う。
もう両親も高齢だし介助にも慣れてないし、
ことあるごとには頼れない。




ただ………私の身体、どうなるの?
という恐怖感は、確実に増してしまった。
自分で自分の身を起こすことさえ
できなくなってしまったら、
間違いなくこの生活は無謀だ………。



とりあえず鍵。これはいくらかの
解決策はある。←防犯上書けないけど。


次はヘルパーさんの時間数。
もうこれは、私のメンタルが
どうのこうのと言っている場合では
ないかもしれない………。
とはいえ現実問題、うちの自治体では
たぶん完全24時間介護の決定は
下りないし、仮に下りたとしても
来てもらえるヘルパーさんを探すのは
きっと至難の業…………。



さぁ、どうする?この生活。
もう実家には戻れない。
グループホームも、近隣の施設にも
空きはない。←それ以前に行く気もない。
どうやってこの生活を維持する??



さっき来てくれた訪看さんが、
良かったら訪リハだけじゃなくて
訪看も入れる?そしたら何かあった時、
緊急時は訪看なら24時間対応できるよ、
って言ってくれてた。

使わせてもらえるなら、
もう迷う余地はないかな………
何が起こるかわからない。
何も起こさない、大丈夫!グップンプン
って言い切れる自信は、正直もう、ない。



大事なことは、この生活を守ること。
そのためのやり方や方法を、
見直すときが来てるということ
なんだろうな……固執に意味はないぞ。







*॰ॱ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧*॰ॱ