総務省は21日、各独立行政法人に要請していた随意契約などの見直しの結果をまとめ、公表した。対象98法人が2008年度に実施した競争性のない随意契約の総額は約6552億円に上るが、このうち42%に当たる約2765億円分について、今年度から一般競争入札や指名競争入札などに移行するという。
 政府は昨年11月に独立行政法人の契約状況について点検、見直すことを閣議決定。総務省は、閣議決定当時に設立されていた98法人を対象に、見直し状況を取りまとめた。 

【関連ニュース】
独法仕分け踏まえ見直しを=鳩山首相
改正独法通則法が成立へ
独法通則法改正案を可決=参院総務委
仕分け後半戦、70法人決定=宝くじ協会など82事業
独自に公益法人改革=経産省

<高額療養費>開業医らの団体が患者の負担軽減求める要請書(毎日新聞)
首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護(産経新聞)
裁判員、量刑は「データ参考」が77%(読売新聞)
板垣さん発見15個目の超新星 重力崩壊で最軽量(産経新聞)
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意(産経新聞)