2巻出てます。

※以下ネタバレです。


失脚屋

桜真忍という男はそう呼ばれ、警察内の異動の度に上司を失脚させていっているらしい。

イギリスに行っていた彼を迎えに行った教養課の五月。

その帰り、美竹警察庁長官が射殺されたことを知る。

が、まずは首席監察官・綾目の元へ。

この男から事件に関わるなと言われるのだが・・・・・・・。




公安一課

あの日彼らが動いていた事に気付いた桜真。

教養課が手を出すべきではないと五月も注意する。

五月は人事課の監察担当の百合中から彼の監視を頼まれていたのだ。

とはいえ、動く失脚屋。

捜査に関して会議が開かれる会場で、事件を解決できなかったら警察を辞める事を誓う!!

総監から3つの条件が出されたため、実質1人で動かなければならない。

さて、五月の監視もバレてしまい、綾目のヒントを貰う事に成功する桜真。

第三の専従班。

過去の同じ日にも長官が殺される事件があったのだが・・・

刑事部・公安部が追っていた容疑者の他に3人目の容疑者がいたという事なのか?

それを元手に桜真はある事を仕掛けていく――。





警察の闇を暴いていくストーリーになるみたいですね。

桜真、普通な人物に見えて、結構なやり手。

一瞬見た人物の顔をちゃんと記憶できたり、相手をうまく誘導したり。

そんな彼が警察になったのも、やはり過去の出来事が関係している。

この件を解くのが物語最後の事件となるのでしょうね。

次巻で犯人が分かるみたいですが、怪しい人がたくさん。

果たして???


ペタしてね 読者登録してね にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ