自家製納豆レシピ(挑戦中) | ★☆一日一嬉☆★ 栽培記録ときどき趣味と料理と麹

★☆一日一嬉☆★ 栽培記録ときどき趣味と料理と麹

庭の片隅から始まり
市民農園の200㎡の畑で
野菜栽培をしています。

栽培した野菜を使った料理や発酵食品に目覚めています。

自家製納豆を作る!

今回は豆を買ったけれど

自家栽培の豆で作るための勉強ですおねがい

《納豆作りの工程》

1.大豆を洗う
   皮が破れない程度に優しく
 土や汚れをきれいに洗い流す

2.大豆を水につける 
 納豆の重量の4倍程度の水につける
  浸漬時間 水温  0〜 5度は24時間程度
         10〜15度は15時間程度
         20〜25度は 6時間程度

3.大豆を蒸すor煮る
 摘むと簡単に潰れる程度まで
  鍋で煮る場合は3〜4時間程度
  圧力鍋なら加圧30分程度
 
4.納豆菌を大豆に付ける
 水に溶いた納豆菌を煮大豆に満遍なくつける
  
5.保温して発酵させる
 45度で24時間程度

6.冷蔵庫で熟成させる
 24時間程度

7.完成したら小分けにして冷凍保存する

《実践‼️》

【材料】

大豆          200g

納豆菌     0.1g 


※北海道産の大豆にしてみたけど
 他の豆でもできる。
※納豆菌はかわしま屋さんから購入
 市販の納豆からでも作れるが、納豆菌を購入し
 た方が失敗したは少ないらしい

発酵機は発酵美人を使用


【作り方】

大豆をゴシゴシやけど優しく洗って

大豆の4倍くらいの水につけておく

(今回は水温が20度あったので6時間)


6時間後、大豆が約2倍の413gになった


圧力鍋で蒸すことにした


ピンが上がったら弱火にして20分加圧

加圧後、ピンが下がるまで待つ

※圧力鍋によって加圧の微調整をする


 摘むと簡単に潰れる程度になればok


納豆菌を0.1g(ティー用マドラーの1/5くらい)


10ccの水に溶かし納豆菌水を作っておく


茹で上がったらすぐに納豆菌水を混ぜ


保温容器に移し、保温機の中へ

※納豆の発酵には酸素が必要なので
 内蓋はしてはいけない


保温の際に水滴が落ちないように

ガーゼなどをかぶし、外蓋もずらしておく

45度で24時間保温する


はて、さてどうなることやら

美味しい納豆になることを期待して

今日の工程は終わり、明日へ続く♪

【追記】保温して24時間後