りおみーのブログ ニュースとお笑い芸人に不毛な突っ込み

りおみーのブログ ニュースとお笑い芸人に不毛な突っ込み

主にお笑いのネタに関して、時々ニュースに関して、「これってどういう事?」をロジカルに分析してます。


危険思想?

□□□□□□はじめに□□□□□□

去年書いた記事なんですが、
投稿し忘れてたのかな?

タイミングを失してますが、
ボツにするのももったいないので、、、


さて、
政治家とか芸能人の失言ってよく問題になりますよね。

2019年6月2日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、
ダウンタウン松本人志さんが川崎殺傷事件に関して発言。

「僕は人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個、これは絶対に僕はしょうがないと思うんですよね。それを、何十万個、何百万個にひとつぐらいに減らすことはできるのかなっていう、みんなの努力で。」

この発言が炎上しました。

「人を『欠陥品』と呼んでモノ扱いするような共感性の欠如こそが人を簡単に殺す行為の根底にあるんですけど」(町山智浩さん)

「ワイドナショーって収録番組ですよね。こんな暴言垂れ流すフジテレビは『差別発言を擁護します』と宣言したも同然」(盛田隆二さん)

「生まれつき犯罪者になる人間とならない人間が『何万個に一個』の確率で生まれるなどというのは、何の科学的裏付けもないまったく間違えた認識だ。ナチスの優生思想にも通じる差別思想と言っていいだろう。」(リテラの記事)

松本さんの、
「人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個(はある)」
…という表現が批判された訳です。

フジテレビは定例会見で釈明していましたが、
松本さん本人は、
翌週の番組で謝罪もコメントも一切無し。

この事でさらに批判されていました。


…どう思いますか?


ここには2つの勘違いがあります。

□□□□□□タイムテーブル□□□□□□

まずは、笑いと無関係な勘違い。

これは、タイムテーブルの捉え方の誤解です。

「僕は人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個(あると思う)。これは絶対に僕はしょうがないと思うんですよね。それを、何十万個、何百万個にひとつぐらいに減らすことはできるのかな?っていう、みんなの努力で。」

要約すると、
「不良品は、ゼロには出来ないけど減らす事は出来る」。

この比喩表現で言いたい事は、

「人間が存在する以上、犯罪を無くす事は出来なくても、人格形成に影響を及ぼす教育や親子関係、コミュニティーのあり方などを見直す事で、犯罪を減らす事は出来る」

…というような事でしょう。

つまり、

「過程=製造工程」を見直す事で、
「結果=不良品」を減らせる様に、
「過程=人格形成に影響を及ぼす教育や社会のあり方」を見直す事で、
「結果=罪を犯す人」を減らせる、、、

…と言いたい訳ですよね。

明示的には「犯罪者」を「不良品」に喩える事で、
暗示的には「生まれて以降の人格形成」を「製造工程」に、
喩えている訳です。

ところが、
批判する人は、松本さんの発言を「優生思想」と批判します。

これは、
「不良品」は「先天的犯罪者性向という欠陥を持つ人」を意味すると解釈していますね。

この解釈では、
「問題のある製造工程」は「生まれる以前の遺伝、受精卵」という事になり、
「優生思想」だと批判される訳です。

しかしこれは、
「教育などにより人格が形成された後」「犯罪行為時点」と想定している「不良品発生」のタイミングを、
「出生時点や受精時点」にずらして理解した事による勘違いでしょう。

松本さんの発言にある「人間が生まれてくるなかで…」という表現に、
ミスリードされたのだと思います。

□□□□□□訳せば…□□□□□□

「僕は人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個(あると思う)。これは絶対に僕はしょうがないと思うんですよね。それを、何十万個、何百万個にひとつぐらいに減らすことはできるのかな?っていう、みんなの努力で。」

伝えたい内容に意訳すれば、

「人間が生まれてくるなかで…」は、
「人の中には生まれながらにして…」
ではなく、
「人間が存在する限り…」
という意味。

「不良品」は、
「先天的に犯罪性向を持つ人」
ではなく、
「実際に罪を犯してしまう人」
という意味。

「人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個(ある)」
という表現で言いたい事は、

「この世に生み出された時点で、先天的犯罪者性向という欠陥のある人はゼロではない」
ではなく、

「人間が存在する以上、罪を犯す人がゼロになる事はない」
でしょう。

□□□□□□優生思想だったら…□□□□□□

ちなみに、
もし松本さんの発言が、
批判されるような優生思想だと仮定すると、

「それを、何十万個、何百万個にひとつぐらいに減らすことはできるのかな?っていう、みんなの努力で。」
…っていう発言は、

「民族や家柄に基づく遺伝子レベルでの選別や、
刑法犯に対する不妊処理などで、
先天的犯罪性向のある人間を予測してその数を減らす努力をすべき」
といったような事を提案しているという事になってしまいます。

…って、そんな訳ないやろ!

タイムテーブルを誤解するだけで、
こんなにヒドい話になってしまいます。

…とここまでが笑いとは無関係な勘違いの話。

□□□□□□笑い?□□□□□□

次に笑いに関わる勘違い。

…さて、突然ですが質問です。

この松本さんの発言は笑いですか?

もちろん違いますね。

では、何故?

変な事聞くなぁって思いますか?

でも「人を不良品呼ばわりする事」は、
比喩表現であり、
形式的には「笑いのフォーマット」と解釈し得るものが存在しますね?

例えば、
こんなやりとりを想像して下さい。

A:「うちオヤジもオカンも
医者やんか。姉ちゃんは東大出て弁護士。オレだけやねん、子供の時からお笑い好きで大学いかんと養成所いって芸人って、、、」
B:「超一流企業が不良品でリコールするみたいなもんやな」
A:「不良品ちゃうわ!勝手にリコールすんなや!」

「人」を「不良品」に喩えて笑いにしていますね。

…とはいえ、
「喩える事」が笑いという訳ではありません。

文学作品か日常会話か、
暗喩か直喩かに係わらず、
比喩表現は至る所でつかわれますが、
それらが全て笑いという訳ではありませんね。

比喩表現が笑いになるのは、
その喩え方に「ディスコミュニケーション」や「下方評価」があるからです。

例えば下記のようなフォーマットが考えられます。

ディスコミュニケーション1
< 基準 >:人格を持った人間にも拘わらず
< ズレ >:人格を持たないモノに喩える
<ツッコミ>:「モノ違うわ!」「人の事モノ扱いすな!」

ディスコミュニケーション2
< 基準 >:優劣をつける事ではないにも拘わらず
< ズレ >:優劣をつける
<ツッコミ>:「良し悪しとかちゃうやろ!」「"良""不良"とか無いねん!」

下方評価
< 基準 >:自分の家族の優れた社会的ステータスと比較して
< ズレ >:自分の家族より劣った社会的ステータス
<ツッコミ>:「芸人バカにすんな!」「別にデキが悪いとかちゃうわ!」

松本さんのコメントにも、
「笑いのフォーマット」と解釈出来るものは存在してます。

存在はしていますが、
もちろん笑いにはなりません。

「笑いのフォーマット」が存在しても笑いにならないのは、
不幸な事件に対するコメントであり、
「笑いの意図ではない」という事が理解されているからです。

「笑いの意図ではない」という理解が、
形式的には存在する「笑いのフォーマット」の感受を阻害し、
「ツッコミたい気持ち」にはならない訳です。

□□□□□□比喩の効果□□□□□□

では、笑いの意図ではない比喩表現は何を意図したものでしょう。

松本さんの発言の場合は、
「犯罪はゼロには出来ないけど減らす事は出来る」という事を、
強調する効果を期待した表現です。

強調する効果を持つのも、
その比喩表現が、
常識から逸脱した極端な表現だからでしょう。

つまり「笑いのフォーマット」と同様な逸脱が存在するから。

< 基準 >:人格を持った人間にも拘わらず
< ズレ >:人格を持たないモノに喩える
<ツッコミ>:「モノ違うわ!」「人の事モノ扱いすな!」

そして大事な事は、
笑いと同じで、
「常識からの逸脱」が効果を持つためには、
その「常識」を共有している事が大前提です。

つまり、
「不良品呼ばわり」が効果を発揮できるのは、
あくまでも、
「人格を持つ人間で不良品などではないという価値観」
が共有されているという事。

表面的には人に優劣をつける内容にも係わらず、
その発言が効果を持つために想定されている価値観は、
真逆の、人に優劣は無いという価値観にほかなりません。

…にも拘わらず、
優生思想などと批判されるのは、
意図的な虚構のディスコミュニケーションを、
リアルなディスコミュニケーションと勘違いしているという事です。

□□□□□□おわり□□□□□□

意図的なズレた(=ディスコミュニケーションな)表現で、
何らかのインパクト、効果を狙う事は、
笑いに限らない訳です。

しかし、
「ディスコミュニケーション」が前提の「笑いの場」ですら、
文字通りの「ディスコミュニケーション」と受け取られて誤解される事もありますし、

まして「笑いの場」以外では、
それを本当の「ディスコミュニケーション」と受け取られるリスクがより高い訳ですね。

ちなみに「笑いの場」での誤解の例としては、

過去記事で書いた「キングオブコント2017」1stステージでゾフィーが披露した「母親が家出した理由に悩む父子」のネタに対する批判などがあります。

また、
サンドウィッチマン伊達さんは、
カロリーゼロ理論(注)に関して、
専門家から真剣に、
「あなた何を言ってるんですか?」って、怒られたと話していました。

(注):「ドーナツは『0』の形をしているからカロリーゼロ」「アイスクリームは色が白いからカロリーゼロ」などと言い張るトンデモ理論

当然そんな訳無いという理解を共有しているから、
笑いになるのですが、
ボケとして言ってるって理解されてないって事?

まぁ、このエピソード自体が創作かも知れませんが、、、
(^_^;)


m(__)m


にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村