YOSHIKI「バカボン」最終回に本人役で声優出演果たす。 | †sadistic†~Ⅹ~

†sadistic†~Ⅹ~

XJAPANのUNOFFICIAL BLOGです☆
メンバーのこと、LIVEレポなど書いています。


テーマ:
YOSHIKI、『バカボン』最終回に本人役で声優出演果たす 第1話は“多忙”で実現せず

7月から放送中のテレビアニメ『深夜!天才バカボン』(テレビ東京ほか、毎週火曜 深1:35)の最終回(第12話)が25日深夜に放送され、X JAPANのYOSHIKIが本人役で声優出演を果たした。YOSHIKIは第1話にもサプライズ登場したが、この時は多忙のため声の収録がかなわず、代わりに声優の三木眞一郎が声をあてネットでも話題を呼んでいた。

最終回は、パパ(CV:古田新太)が11話でアニメが終わると勘違いし、「最終回はできれば何もしたくないと」と言い出すという、何とも『天才バカボン』らしい幕開け。なるべく手を抜きたいパパたちの前に本官(CV:森川智之)が現れ、「最終回は自分を主役にしろ」とゴネて困らせる。

 YOSHIKIは、本官が主役の“2時間サスペンス”風の劇中ドラマで「第1話ではすみませんでした。最終回頑張ってください」と本官に電話でメッセージを送る役どころで登場。画面には「YOSHIKI(CV:YOSHIKI)」と表示され、エンディングにも声優としてクレジットされていた。ネットでも「まさかの御本人Voiceとは…」「声聞けてうれしい」と最終回ならではの豪華な展開に喜ぶ声があがっていた。

 同アニメは、「20世紀最強のギャグ漫画のうちのひとつ」と称された、漫画家・赤塚不二夫の『天才バカボン』を原作とし、前作から18年ぶり、実に5回目のテレビアニメ化作品となった。細川徹監督のオリジナルストーリーで構成され、舞台を現代に変えてやりたい放題。毎話サプライズ登場するゲストやシュールなギャグ展開も話題になった。
詳しくは↓

秀澄さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります