†sadistic†~Ⅹ~

XJAPANのUNOFFICIAL BLOGです☆
メンバーのこと、LIVEレポなど書いています。


テーマ:

「週刊文春」も報じたTAIJIの死…果たして自殺だったのか?真相究明に動く婚約者と隠そうとする肉親…
一周忌を迎えた元XのメンバーでベイシストのTAIJI(本名=沢田泰司・享年45歳)については、今もってハッキリしないことばかりである。本来、邦人が海外で「自殺」としながらも、不可解な部分があるとしたら、真相を調べるものである。しかし、TAIJIの場合は違っていた…。真相は1年経っても明らかにならず、それどころか(真相が)葬られようとしている。こんなことがあっていいものか?
どうやら外務省筋や警察関係の間には、ロック・アーティストに対する偏見があるようだ。「タトゥーをしているような奴だから…」。まあ、「日本維新の会」の党首で大阪市長の橋下徹でさえ、そういった見方をするのだから仕方がない…のかもしれないが、だからと言って、人一人が亡くなっているのである、そう言った偏見はおかしい。思い起こせば、09年8月、東京・六本木の六本木ヒルズで押尾学と合成麻薬MDMAを服用して怪死した田中香織さんもそうだった。当時、銀座の高級クラブ「J」で、”麗嬢アゲハ”の源氏名で働いていたことや、全身にタトゥーがあったこと、それにMDMAで亡くなったことから「仕方がない」なんていう声もあった。だが、果たしてそうなのか?

少なくとも、TAIJIの場合は、謎や不可解な部分が多すぎる。「サイパンでの事件(出来事)」だからと言ってウヤムヤにしていいはずがない。これも民主党政権になったからなのか?自民党だったら…とは思わないが、振り返ったら民主党政権になってからと言うもの外交関係は全くダメ。米国にはヘロヘロだし、アジア内でも韓国や中国とも衝突続き。これじゃ、サイパンで起こったことまで手が回らない。TAIJIもうかばれない。
そんな中、今週発売の「週刊文春」がTAIJIの死について疑問を呈している。週刊文春の記者はサイパンまで取材に行き、当時、TAIJIのマネジメントを行いマネジャーを務めていた北見輝美氏も直撃取材している。この記事を読んだだけでもTAIJIの死には疑問がつきまとう。
しかも、この取材に応じているのはTAIJIの婚約者だった赤塚友美さんである。赤塚さんは、TAIJIの死について今でも「納得できない」と自ら真相を探っている。まるで、どこかの2時間ドラマのようであるが、だからといって、なかなか出来ることじゃない。ハッキリ言って赤塚さんの刑事告発を受理した神奈川県警青葉署の捜査員は見習ってほしいものだ。
が、ここで不可思議なのは、赤塚さんが「疑問」に思って、自らの行動で事件の真相を探っているのに、その行動を止めようとしているのがTAIJIの親であり、妹なのである。母親は、TAIJIの死に疑問を感じながらも、いつの間にか…。妹は「Sister MAYO」の名前でアーティスト活動しているが、完全に北見氏側に立ち「兄は自殺だった」「テルミン(北見の愛称)にはお世話になった」と言い、TAIJIの自殺について書き続ける【ヘッドロック】は許せない――と北見氏を後押しする。警察関係者によれば、当時の(北見側の)担当弁護士は「妹の関係だった」というから驚きである。
何で、婚約者が真相を探ろうと一生懸命に動いているのに、肝心な肉親が真相を隠そうとするのか?「もう終わったこと?」「静かにしておいて?」。TAIJIの死は不可解なことばかり。正直って理解出来ない事ばかりである。

詳しくは↓

ギョウカイヘッドロック


週刊文春に記事が掲載されることを、以前にこちらのBLOGにも書きましたが、ギョウカイヘッドロックもそのことについての記事を上げていますね・・!!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ライブレポート】SUGIZO、スピリチュアルな音楽の輪郭がクリアに矢を放つ
よりグルーヴィーによりソリッドによりダンサブルに進化したSGZミュージック。9月17日(月・祝)、赤坂BLITZで<ASCENSION to The CONSCIENTIA>と題して行なわれた単独公演は、全てのエナジーを解き放つかのようなSUGIZOのスピリチュアルな音楽の輪郭がこれまで以上にクリアに矢を放つようにダイレクトに伝わってくるライヴだった。
紗幕がかかるステージに右手を高く掲げるSUGIZOのシルエットが浮かび上がり、大歓声の中、奏でられたのは昨年、リリースされた『FLOWER OF LIFE』収録曲の「CONSCIENTIA」。タイトルの意味はラテン語で“良心”で、争いのたえない世界を超えて光に向かっていこうという祈りが込められたナンバー。エレクトロでありながら大地を感じさせる躍動感あふれるグルーヴと超エモーショナルなギターのフレーズに早くも酩酊感を覚えるオープニングだ。

「赤坂! お待たせ! 今日はみんなの力を貸してくれ」。実はSUGIZOは数日前、足首を剥離骨折するというアクシデントに見舞われていた。立ってギターを弾くのも容易ではない状況ではあったと思うが、思い返してみれば彼はLUNA SEA時代から逆境をプラスのエネルギーに変換し、燃焼し尽くすタイプのミュージシャンだった。「TELL ME WHY?」(Beginning part)の気迫と一音、一音に込められた熱に息をのみ、強力なメンバー揃いのバンド、“COSMIC DANCE SEXTET”の一糸乱れぬ演奏がテンションを加速させていく。パーカッションと生ドラムと同期が有機的に絡みあい、超エモーショナルなトランペットがギターに火をつけ、次々に生み出される至福の化学反応。ロック、ファンク、ジャズ、テクノ、あらゆる音楽が混ざりあい、昇華され、高みへと昇りつめていくSGZミュージックのトランス感はさまざまな境界線を消し去っていくパワーを内包している。

3.11の震災後に「NO MORE MACHINGUNS PLAY THE GUITAR」の発展形リミックスとして完成させたロック・エレクトロ「NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR」では、スクリーンに“NO NUKES”のメッセージが映し出された。続いて快楽的グルーヴにいつまでも身を委ねていたくなる「PRANA」からアルペジオの音色が美しいアンビエントテクノ「FATIMA」へと。中盤は癒され、浄化させられるようなナンバーが続く。デジタルな音も駆使しながら、自然の息吹を感じさせるSGZミュージックだ。

そしてギターをヴァイオリンに持ち換え、ソロを奏でると男性ファンからも熱狂的な歓声が起こり、ヴァイオリンの音色と鍵盤が美しい「MIRANDA」に移行し、“楽園”へと連れていかれる錯覚を覚えた。そこから、攻撃性と深い悲しみ、祈りが渾然一体となった代表曲の1つ、「ENOLA GAY」へと。炎が燃えさかるようなソロを響かせ、エンディングで“もう戦争はたくさんだ”と言わんばかりに頭を抱えこむSUGIZO。再び映し出される“NO MORE NUKES PRAY TO MUSIC”のメッセージ。が、言葉がなくても十二分に伝わるのが彼の音楽のスゴイところだ。むしろ、言葉に縛られない分、イマジネーションはどこまでも広がっていく。

ライヴは後半に行くに従って、熱を帯び、 “NEO COSMOSCAPE”ではスタッフに抱きかかえられたSUGIZOがステージ後方の壇上にのぼり、パーカッションを叩く場面も飛び出した。骨折して歩けない状態にも関わらず、自らの音楽に絶対に手を抜かないその姿勢と情熱に改めて驚かされ、動と静のコントラストが絶妙な「FOLLY」、サイケデリックでジャジーかつヘヴィファンクな「DO-FUNK DANCE」となだれこみ、ついに本編ラストの「TELL ME WHY?」(Ending Part)では衝動を抑えきれず、ついに上手、下手へと足をひきずりながら歩いてギターをかき鳴らし、赤坂BLITZは完全に昇天。まさにライヴタイトル通りのアセンションである。

アンコールではラメのフリンジが付いた松葉杖で登場し、「みんな、ありがとう。ホントに失礼しました。骨折しまして……」と謝罪し、「まさかヤフーニュースに出るとは思わなかった」と苦笑すると会場から「世界のSUGIZO!」という声も。UKテクノ界の大御所、SYSTEM7と共演した前日の大阪公演のことにも触れ、音楽のジャンルも含めてあらゆる不必要な垣根が崩壊していくことを願っていると語った。そして、バンドメンバーの次に呼びこまれたスペシャルゲストは、15年来の盟友であり、最新配信シングル「SUPER LOVE2012」でコラボしているCOLDFEETのボーカル、Lori Fineとベーシスト、Watusiで、ステージはいっそう華やかに!

下手でギターを弾くSUGIZOに2人が絡むパフォーマンスも気心が知れたミュージシャン同士ならではの呼吸感。Loriのボーカルが魅惑的な官能的かつクールなハウスチューン「SUPER LOVE 2012」とCOLDFEETの楽曲「MERCY ME」を披露し、大歓声の中、2人が去ったあとのラストナンバーは「Syncronicity」。

「今はとにかく音楽に光を放っていきたいと思っています。ここに集まっているみなさんも光を強めていきましょう」とメッセージしたSUGIZO。

地平線を見せてくれるようなスケールで、聴き手の内的宇宙を覚醒させてくれるその音楽は、まぶしいぐらいの輝きを放っていた。

詳しくは↓

BARKS  

YAHOO!ニュース

画像は↓

画像


13枚の画像がUPされていますね!!

足を骨折されて万全な体制ではなかったけど、無事LIVEが終わって良かったですね音譜

少しは良くなったかなぁ~??


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

LEMONed SHOP新作情報!!

Lemon Dropトートバッグ

Lemon DropシリーズTシャツ再販

発売日:10月6日(土)

詳しくは↓

LEMONed SHOP BLOG


またまた新作出ちゃいますね☆

今日は、「hide SHOXX&ARENA37℃ Backnumber File」の発売日ですね!!

等身大ポスター本当に大きいですね!!

でも嬉しいですドキドキドキドキドキドキ



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

XJAPAN引き続き、Violet UKにも「イイね!」しよう!!

詳しくは↓

Voting Station.NET


Violet UKの動画も貼られて、「イイね!」が出来るようになっていますね・・音譜音譜


Violet UK海外のニュース記事

詳しくは↓

j'STEREO


来年はViolet UKが本格的に動きそうですね!!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
YOSHIKIさんがツイートされています!!
Violet UKのVIDEOがFACEBOOKにUPされていますが、観れない方もいると思いますので、動画をUPしておきますね!!
Violet UK will finally debut in 2013!

動画は↓



Yoshiki facebook
Violet UK

アルバムの発売楽しみですねっ…(*´∀`)♪




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

独自 ベンチャーEV初認証 YOSHIKIさんも出資
スポーツカーの「トミーカイラZZ」が、ベンチャー企業が開発する電気自動車として初めて国内の認証を受けたことがテレビ東京の取材でわかりました。開発を手がける京都大学発のベンチャー「グリーンロードモータース」には、ソニーの出井元会長が出資しているほか、今回、新たにX JAPANのYOSHIKIさんが出資者に加わります。京都府舞鶴市で量産化をはじめ、来年春の販売を目指します。

詳しくは↓

TV TOKYO digital


こんなニュースがあったので、載せておきますね音譜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オタマトーンコンテストYOSHIKI賞
動画は↓


オタマトーンコンテストYOSHIKIさんのコメント
詳しくは↓
ALEXCLOUS

YOSHIKIさんの「チョーかわいい!」のコメントも可愛いですよね☆YOSHIKIさんがツイートしてますが、森のくまさんでしたね☆
他にも可愛い投稿が沢山ありましたね!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年hideオフィシャルカレンダー9/27 18:00より予約受付開始!!

期間:2012年9月27日(木)18:00~2012年11月15日(木)18:00まで

仕様:手帳タイプ/アーミー調のファブリックカバー/ペンさし/しおりひも/B6ダイアリータイプ/カラーフォトページ7P/マンスリーダイアリー見開き12ヶ月分

特典:ポストカード型の年間カレンダー(卓上カレンダーにもなります)

*購入場所によって絵柄が違います

価格:3,990円(税込)
メモページ:2種64P
通信販売:hide-city(PC)、mobile-city(携帯)/JETS(携帯/スマホ) 
お届け:11/22
ローソン店頭:全国ローソン店内loppi端末予約
予約受付開始:10/1 10:00より-

受取:11/27店頭
レモネードショップ:11/23より店頭販売予定


2013年度版hideカレンダー
価格:2,500円(税抜)
サイズ:B2サイズ・8枚 
全国書店にて:10/20発売予定
*全国有名書店、CDショップ、雑貨店、ネットショップ、他カレンダー取り扱い店にて予約

詳しくは↓

hide-city

ネット予約は↓

hide-city


詳細楽しみにしていましたが、今年も手帳タイプなんですねラブラブ

予約受付開始されましたね!!

どこで購入するかも迷いますが、書店で発売するカレンダーも欲しい☆



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブロガーさんの記事より、教えて頂きました!!


PERFECT BOOK hide sice 1964-1998 Personal History(MSムック)

発売日:9月25日

価格:1.200円

購入詳しくは↓

7net  

アマゾン


こちら発売になっているようですね!!

この1冊は欲しいですね・・・ニコニコラブラブラブラブ



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

FOOL'S MATE Vol.373

発売日:9月29日

SUGIZOインタビュ-掲載!!


月刊玉響No.219

発売日:10月1日

SUGIZOインタビュー後編


YOUNG GUITER11月号

発売日:10月10日

SUGIZOライブレポート


フリーペーパー「音楽主義No.54」

発行日:10月10日

SUGIZOインタビュー掲載!!

詳しくは↓

SUGIZO OFFICIAL WEBSITE



SUGIZOさんのインタビューが、いろんな雑誌に掲載されるようですね音譜



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)