†sadistic†~Ⅹ~

XJAPANのUNOFFICIAL BLOGです☆
メンバーのこと、LIVEレポなど書いています。


テーマ:

DogCafeBar&Gallery『gravity』
~黒様と夏休みの正しい過ごし方~
2011年7月23日


†sadistic†~Ⅹ~




行って来ました★
このお店は、hideちゃんと学生時代からお友達のマスターがいるお店…♪
今回は、食べ放題飲み放題で、かなりリーズナブルなお値段で、演奏も有りで、と~っても楽しかったです★
この日、実はマスターがお店最後と言うことで、送別会も兼ねてだったのですが、お料理もとっても美味しかったです★


FLAME

TAIJIさんの追悼
ENDLESS RAIN

他、カバー曲や、黒様の曲を聞きながら、楽しい時間を過ごしました…★

定員数も15名と少ないながらも、知り合いがチラホラ~(笑)

マスターが、hideちゃんから、ever freeのPVで身に付けている、ドクロの指輪を貰って、ずっと付けていたようで、今日はマスターがお店最後の日で、黒様に感謝の気持ちを込めて、マスターの指から指輪を外して、黒様にプレゼントしていました…★

その指輪はこちら↓



†sadistic†~Ⅹ~




実際に触らせてもらったけど、重くて、なんとも言えない気持ちになりましたね…(ρ_;)


最後にマスターに、私が知っている、hideちゃんと同級生の方の名前を伝えたけど、わからなかったみたいだけど、hideちゃんは、仲間を本当に大切にしていたと、語ってくれたことが、とっても重みがありましたが、もっと早く出会いたかったなぁ~と思ったけど、この素敵な空間に居られてとっても幸せでした★


†sadistic†~Ⅹ~


†sadistic†~Ⅹ~


カメラの調子が悪くてピンボケしていますが・・・あせる


こんな素敵な機会を作ってくださり、声をかけて下さった黒市さんに感謝です!!

この場をお借りして、ありがとうございました!!


参加された皆様、2次会参加された皆様もお疲れさまでした!!


hideちゃんはこうやって、世代を超えていろんな人に受け継がれて行くといいね音譜

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

TAIJIさん密葬 婚約者、友人らも知らぬ間に
今月14日に米国自治領サイパン島で自殺を図り、病院搬送後の17日に死亡したとされる「X」の元ベース奏者TAIJIこと沢田泰司さんの遺体が、極秘に日本に戻り、すでに千葉県内で密葬が執り行われていたことがわかった。

詳しくは↓

東スポ


裏面に1面で掲載されています!!

朝更新した、渡邉裕二さんの記事になります!!



†sadistic†~Ⅹ~



大きく掲載されていました・・・!!

写真はXのTAIJIさんですね・・・!!

今後の展開も気になりますが、まだまだ真相解明までには時間がかかりそうですね・・。


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

TAIJI、エイミー、レイ・ハラカミ......相次ぐミュージシャンの死に衝撃走る
元X JAPANの沢田泰司(TAIJI)はサイパンの拘置先で首を吊り、英国の歌手エイミー・ワインハウスは自宅でナゾの死を遂げた。ここ最近、ミュージシャン死去のニュースが相次ぎ、世界的な波紋を呼んでいる。

TAIJI45歳、エイミー・ワインハウス27歳と世代は違うものの、2人に共通するのはアルコール中毒に苦しんだ過去だった。

「TAIJIは長年酒浸りの生活を送り、アルコール中毒から来るさまざまな症状に苦しんでいました。エイミー・ワインハウスのドラッグ、アルコール中毒ぶりは有名で、今年6月にはセルビアのコンサートで泥酔状態のままステージに登場してブーイングを浴びています。彼女の死因はまだ判明していませんが、現地では『薬物中毒から来る心臓発作』という報道が中心です(音楽雑誌編集者)

日本では、多くのミュージシャンが薬物使用容疑で逮捕されるなど、薬物事犯に関する当局の締め付けは年々厳しくなっている。「90年代に比べると、薬物の入手が容易ではなくなった(マネジメント関係者)とされる一方、アルコール中毒に陥るミュージシャンは増加する傾向にあるという。

「一昨年、期待された若手ミュージシャンSがアルコール中毒の治療も空しく、退院直後に亡くなる一件がありました。ミュージシャンの世界では、経済的に苦しいこともあるのか、健康診断を受けることなく、体調管理に無頓着という人があまりにも多い。TAIJIのように、気付いたら心身ともにボロボロになっていた......というケースは、他にも見受けられますね(前出のマネジメント関係者)

アルコールや薬物中毒とは無関係であるが、解散したビジュアル系バンドKagrra,の元ボーカル・一志が7月18日に自宅で死去したほか、7月27日にはカリスマ的な電子音楽家のレイ・ハラカミが40歳の若さでこの世を去った。ミュージシャンではないが、一時代を築いた音楽評論家・中村とうようの飛び降り自殺もあった。

「1999年頃、スカパラのドラマー青木達之が線路で轢死するなど、ミュージシャンの病死、自殺が相次いだ時期がありました。当時はレコード会社の社員も複数亡くなり、業界内では"死の連鎖か"との声が出たものです。今年後半に同じようなことがなければいいのですが(当時を知る宣伝プロモーター)

これ以上、悲しい知らせは聞きたくないものだ。

詳しくは↓

日刊サイゾー


最近は悲しいニュースが多いですが、渡邉裕二さんの記事を読んでいるから、最近ちょっとの記事に動じなくなって来てしまいましたね・・・あせる



SUGIZO's Will更新!!

「NEO COSMOSCAPE Feat. SYSTEM7」

詳しくは↓

SUGIZO's Will


NEO COSMOSCAPE配信されていますね~!

杉様も、TAIJIさんの記事から久々の更新ですね音譜


YOSHIKIさんがツイートして教えてくれました!!

画像は↓

画像


大きくニュース記事になってるんですね~!

日本でも、このくらい大きくニュースになってくれたら嬉しいのになぁ~音譜


X Japan: site e trailer oficiais da série Blood Red Dragon

Conforme informa o Blog Endless Dream, em nota de Ramon Marques, Yoshiki (baterista, pianista, compositor e lider do X Japan), juntamente com Stan Lee e Todd McFarlane, lançaram a série em quadrinhos Blood Red Dragon inspirada em Yoshiki, no dia 21 de Julho, na Comic-Con 2011.

詳しくは↓

Novidades


YOSHIKI and Stan Lee Comic con

画像は↓

CN


YOSHIKIさんがCheck 5 and 6...と教えてくれましたね!!

5と6番目に、画像が掲載されていますね!!


昨晩から今朝にかけて沢山ツイートしていましたね~!!

結局寝なかったのかなぁ~??

久々にツイがいっぱいで、朝からYOSHIKIさんで目が覚めました~☆☆

まさにOHAYOSHIKI!!(笑)

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ますます不可解に…サイパンで自殺したTAIJIの遺体が秘密裏に帰国? すでに千葉県内で密葬か!?(1)

航空機内で暴れたことを理由に逮捕され、サイパン島で取り調べを受けている中、拘置所内のベッドのシーツで首を吊って自殺した元Xのメンバーで、全米でも人気だったラウドネスにも参加していたベイシストのTAIJIこと澤田泰司さん(享年45歳)の遺体が、極秘に日本に戻り、千葉県内で密葬が執り行われていたことが分かった。密葬は28日に行われた模様だが、内容など詳細は婚約者の赤塚友美さんはもちろん、関係者にも知らされず、まさに密室の中で営まれた格好だ。
「サイパンからいつ戻ってくるのか、どういった形で遺体が安置されているのか、全て秘密裏の中で時間が過ぎていくばかりでした。一部からは、今週中にも戻ってくるのではないかと言う情報がありましたが、まさか、いつの間にか遺体が戻っていて、密葬まで執り行われていたとは…」
と、TAIJIと親交のあった音楽関係者は呆れ顔で言った。
振り返ると今回の事件は、TAIJIの逮捕時から情報が錯そうしていた。
「そもそも、7月11日に逮捕され、その後、取り調べ中に14日に自殺を図ったと言いますが、その情報が流れたのは2日も経った16日になってから。しかも、自殺が報じられた後には意識があるとか、喋ったとかといった情報が断続的に流れたが、実際には脳死状態だった。要するに何者かによってサイパンで情報操作されていたんです(TAIJIと親しかった関係者)。
情報を操作し、日本で心配するスタッフや関係者を混乱させたのは、何と逮捕時にTAIJIと行動を共にしていたYOUプロダクションの北見輝美マネジャーだった。彼女は、YOUプロダクションの社長だが何と、TAIJIが取り調べを受けている時はもちろん、自殺を図って病院の集中治療室で治療を受けている最中も、一生懸命にTAIJIの携帯メールを使って、TAIJIが元気にいることを日本の関係者に伝えていた。こんなことをやって何の意味があるのか、サッパリ分からないが…。
「どうやら、TAIJIの逮捕後から、自らの保身のためにメールを送っていたといいます。また、TAIJIの自殺未遂後は、逮捕や自殺の責任を婚約者の赤塚友美さんに向けるようなメールもTAIJIの携帯メールから送信していたようです。
それどころか、TAIJIの入院中は一度も病室には行かず、彼女が行ったのは、母親と婚約者と一緒だったといいますから、唖然茫然です。要は、現地に同行していたマネジャーでありながらTAIJIの様子は全く把握していなかったことになります(前出のTAIJIと親しかった関係者)
いずれにしても、北見輝美は、逮捕から自殺未遂、その後の死去まで全てを知り尽くしているはずだが、今もって全く語ろうとしない。しかも、一時は、公式発表するとしたYOUプロダクションの会長と言われる神生一人氏も、全く姿を現そうとしない。もう、ここまで来たら、真実は語らないだろう。いや、今さら語ったところで説得力なんてものはない。何事も言い訳になるだけ、嘘を隠すために嘘をつく…もはや、TAIJIの死は、このまま闇の中に葬られてしまう可能性さえ出てきた…。これは、とんでもない話である。
「実は、北見輝美の夫である北見好拡氏は、サイパンの一大リゾートホテル、マリアナリゾート&スパのホテルの社長を務めている。このホテルの経営権は昨秋、YOUプロダクションに譲渡されたといいます。かなり手広い事業を展開していたそうで、サイパンでは、最高裁判長から警察まで、全て手懐けられていたといいます。そういった意味では、TAIJIの逮捕から自殺、その裏事情は全て把握していたことは明らか。しかし、ここまでくると、よほど隠したい何かがサイパン側にも北見側にもあったとしか思えません。実に不可解で、常識では考えられない事件になっています」大手プロダクション関係者)。
因みに、北見輝美マネと北見好拡氏は、すでに離婚しているとも言われる。このことから「北見輝美は、TAIJIと結婚したかったんじゃないかとも言われています」(関係者)という声もあるのだが…。
しかし、それにしてもだ。サイパンの警察の取り調べも明らかにされず、サイパンで検視したというが、その結果も明らかにしない、もちろん自殺の原因も分からない。それどころか。TAIJIの首には首を吊った時に出来る痕もなければ、口の周りには粘着テープを貼った痕まであった…という。こんな疑問と状態の中で秘密裏にサイパンから遺体を移送…。外務省もサイパンの日本領事館も一体、今回の事態を把握しているのか?
「おそらく、役所連中は報告だけで、事態は全く関知していないでしょう。振り返れば三浦和義の逮捕、取り調べもいい加減でしたからね。三浦の時も本来なら最高裁で無罪判決が下っているんだから、外務省も日本政府も、サイパン当局、米国に抗議すべきだったのに何もしないんですからね。今回も同じ。日本人の観光客の生命や財産を守らなきゃならないはずの役人が知らん顔ですからね、これはとんでもない話です。少なくともサイパンは日本人にとって最も危険な島に化しています。写真集の撮影でもサイパンは高額な撮影料を要求されるので外します。今回の事件で、サイパン当局とマリアナリゾート&スパが結託したことは間違いない。今後。日本人観光客もサイパンに行くときは注意が必要でしょう
(前出のプロダクション関係者)

詳しくは↓

渡邉裕二のギョウカイヘッドロック



真相究明!ここまでやるか!! TAIJIの新公式ホームページに侵入し母親 の意味不明な偽コメントをアップ!!(2)
ベイシストのTAIJIこと沢田泰司の逮捕・自殺を巡って、北見輝美らしき人物の奇怪な行動が新たに発覚した。
何と、今度は、TAIJIが亡き後、婚約者の赤塚友美さんが運営しているTAIJIの公式ホームページ「TS GLASTON COMPANY」に、TAIJIの母親のコメントが掲載されたのだ。これに驚いたのは赤塚さんだ。

【このたびは、私の息子沢田泰司の件で、皆様に多大なるご心配をお掛け致しまして誠に申し訳ございません。今回の突然の事故に関しまして、もちろん何も解らずにサイパンに参りました。
現地の皆様から泰司の話を伺い、泰司は皆様に大変やさしくして頂いた事がわかり、また、今回の件では皆様が共に悲しい出来事だと言って頂きました。
泰司は、サイパンを第二の故郷にして、親しい人生を歩み初めるつもりでしたが、不幸にも、サイパンへ向かう機内でアルコールを飲み過ぎた為に、暴れてしまい、逮捕されるに至りました。
その後、時間が立つにつれ、サイパンの人達に大変迷惑をかけた事に気付き、自分で自分が許せなくなり、自殺してしまった事がわかりました。
今はただ泰司が安らかに召される事を皆様と一緒にお祈りするのみです。
尚、私ども家族以外の方のコメントが多々発表されているようですが、今回のコメントが正式な私ども家族の気持ちとなりますのでよろしくお願いいたします。

澤田孝子(母)7月28日 2011年】

※以上「原文のまま」

一体、このコメントは何を言いたいのか? ここまで、北見側の意見を盛り込んだコメントと言うのは珍しい。
「サイパンへ向かう機内でアルコールを飲み過ぎた為に、暴れてしまい…」
「サイパンの人達に大変迷惑をかけた事に気付き、自分で自分が許せなくなり、自殺してしまった」
なんて、息子を失った親の口から出てくる言葉じゃないだろう。親なら、もっと息子を擁護して、自殺すら認めないはず。こんなコメントを本当に出したなら
、親の神経を疑ってしまう。そもそも、聞くとことによれば、TAIJIは、禁酒していたが、そのTAIJIに酒を飲ませたのは、YOUプロダクションだとも言われている。母親は、その事実を知らないのかといいたくなる? しかも、
「今はただ泰司が安らかに召される事を皆様と一緒にお祈りするのみです」
っていうコメントも意味がわからない。
そもそも、お母さんの正式コメントにしては誤字が多すぎ
。しかも、しっかり、
「私ども家族以外の方のコメントが多々発表されているようですが、今回のコメントが正式な私ども家族の気持ち…」
なんて、念まで押している。基本的に、この【ヘッドロック】でもそうだが、書いていることというのは、家族への疑問というより、YOUプロダクションの会長と言われる神生一人氏、社長でありマネジャーの北見輝美氏への疑問、不信である。まず、この部分について語らなければならないはずなのに、この母親のコメントは一体…。もう一つ、このコメントの妙な点は、日付。「7月28日 2011年」って、いきなり外国式になってしまっている。こんな書き方はしない。日本人の正式コメントなら「2011年7月28日」だろう。
「実は、母親はコメントを出していなかったんです。それで、慌てた赤塚さんが削除したと言います」。
どうやら、この母親のコメントは、北見輝美(と言い切ってしまうのは問題があるかもしれないが…)が、TAIJIのパソコンからパスワードなどを調べ、ハッキングした疑いが濃厚なのだ。もちろん、証拠はないが、こんなことが簡単
にできるのは、事件を隠したい、騒がれたくない人物で、ホームページに侵入できるパスワードを簡単に入手できる立場にいる者しかない。
「TAIJIの自殺の時も友美さんに責任を押し付けようと、TAIJIの携帯メールを使ったのと同じ手法です。今回も、母親のコメントをデッチ上げ、ファンの騒ぎを沈静化させようと狙ったのだと思います。とにかく、TAIJIが逮捕されたのは、北見輝美が被害者だったと言う理由だし、自殺未遂後は、慌ててホームページからブログまで削除し、周囲には『私は知らない』『私には責任
がない』と言い続けていたほどですから、今回のホームページ侵入も疑われて当然でしょう」(TAIJIを知る関係者)。
因みに、北見によって削除されたTAIJIのブログは、赤塚さんらの手によってすべて復元され、現在は「TS GLASTON COMPANY」の公式ホームページで公開されているが、今度は、このホームページを逆利用しようと試みたのだろうか? これじゃ、「安らかに召されない」でしょ。

詳しくは↓

渡邉裕二のギョウカイヘドロック


TAIJIさんのBLOGに更新された内容の経緯と、日本に戻って密葬されていた記事です!!

渡邉さん更新するかと思っていましたが、いつも状況を細かく書いてくださり、伝えてくれてありがとうございます!!

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

TAIJIさんのBLOG更新!!

「公式ホームページの不正アクセスに関しまして」

詳しくは↓

PLAYERS FUTURE


もう本当に何がしたいのかね!!!

いい加減に止めて欲しい・・・!!亡くなってまで嫌がらせするなんて最低だよね!!

運営大変かと思いますが、TS GLASTON COMPANY頑張って欲しいです☆


人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

XJAPAN ASIA TOUR

2011年10月30日@上海

チケットの予約を受付しています!!

詳しくは↓

piao.com.cn


代行会社ではないようですが、取引は現地の口座へお振込のようです!!


Yoshiki and Stan Lee Comic conの動画

動画は↓

Stan Lee, Yoshiki, and Todd McFarlane talks  

blood red dragon panel - stan lee - yoshiki- tod



Yoshiki (X-Japan): "Podrán ver el show en vivo que jamás han visto!"
Yoshiki Hayashi,o conocido simplemente como Yoshiki, a sus 46 años es una verdadera leyenda de la música en Japón... y obviamente estará en Chile el próximo 9 de septiembre para presentar el "X-JAPAN WORLD TOUR 2011" en el Teatro Caupolicán.

Baterista, pianista y fundador de la conocidísima banda de heavy metal japonés X-Japan, saltó a la fama por el gran éxito que alcanzó el grupo en los años 90's. No sólo eso hace destacable a Yoshiki, sino también su particular manera de ejecutar la batería, y en algunos interludios, el piano.

En 1982 Yoshiki fundó X-Japan junto a Toshimitsu Deyama (Toshi), pero no sería hasta 1992 cuando alcanzarían la fama. Seis años despues, (y uno después de su disolución) experimentan la pérdida de uno de sus guitarristas, en la que probablemente es una de las épocas más difícil de su trayectoria como banda, y su vida personal.

Casi 30 años después del comienzo, X-Japan está de vuelta. Con disco en proceso de grabación, y una gira latinoamericana, pretenden buscar nuevos rumbos, y "cumplir sus sueños", tal cual contó en exclusiva para Agenda Musical.

Pese a su notoria timidez en el momento de conversar, esto no fue limitante para contestar nuestras preguntas. El break de la banda, sus expectativas actuales, y también el fuerte terremoto que azotó a Japón, fueron sólo algunas de las cosas sobre las que pudimos conversar. ¿Quieres saber más?, acá la entrevista completa:

AM: Yoshiki, tu eres el fundador y líder de, probablemente, una de las más conocidas bandas de heavy metal en el mundo. Ya son 30 años después del comienzo de esta historia. ¿Qué piensas acerca de esto?

Y: Nosotros sentimos que seguimos creciendo. Quiero decir, solamente hacemos un esfuerzo, y al parecer, funciona bien. Gracias a eso, no sentimos que ya no podamos lograr nada más... y obviamente, con los mejores fans alrededor del mundo, pero honestamente, sólo estamos haciendo el proceso de mejorar nuestra música. Seguir trabajando muy duro para conseguirlo, para lograr nuestro sueño..

AM: ¿Cómo te sientes siendo la banda más importante en Japón?

Y: Bueno, yo creo que "aún" no nos sentimos como la banda más importante de Japón. Hay muchas otras buenas bandas... yo creo que no estamos dentro de ellas, y seguimos trabajando en eso, para lograr ser mejores.

AM: Un break de 10 años no es fácil. Pese a ello, X-Japan vuelve a las pistas, con nuevo single y además, una gira por Sudamérica... ¿Como lo ves ahora que ha pasado el tiempo, que están más adultos y maduros?

Y: Es verdad, nosotros estamos más viejos ahora, pero tampoco significa que toquemos distinto. Seguimos tocando igual de duro que en el comienzo, o quizás más que en cualquier otro momento de nuestra carrera... El quiebre de los 10 años fue muy duro... pero lo necesitábamos. Realmente necesitabamos ese tipo de descanso por 10 años. Después de eso, ahora apreciamos lo importante que es el nombre de la banda, cuán importante son nuestros amigos. Ahí es cuando ves que eso sirvió.

AM: Pero, en esos 10 años, ¿Hablaste con algún miembro de la banda?

Y: No, no lo hicimos... No hablamos en los 10 años.

AM: Quizás eso fue lo más dificil para ti, no hablar con tus amigos...

Y: Cierto, fue muy duro...

AM: Qué tipo de emociones están en tu cabeza, respecto a las canciones que hiciste hace tanto tiempo?

Y: Bueno, en algunos, dependiendo del concierto. Especialmente después de que nos reunimos, a veces pienso en eso, en nuestra ciudad, en alguien que he perdido, o simplemente en nuestros fans. Eso siempre depende, pero si, tocamos con mucho sentimiento...

AM: Un nuevo álbum, quizás una nueva perspectiva. ¿Crees tú que la gente lo verá como tal?

Y: Eso espero, es envolvente.. las canciones que estamos grabando ahora, y las que ya grabamos para nuestro nuevo álbum, quizás serán diferentes a nuestras anteriores, pero seguimos teniendo un montón de emociones. De hecho, algunas canciones son aún más difíciles... Podríamos decir que el nuevo álbum será una combinación entre el viejo X-Japan y el nuevo X-Japan.

AM: Ya podemos escuchar un nuevo single, llamado Jade. Despues del break, ¿fue díficil volver al estudio y poner sus ideas juntas para una canción?

Y: La grabación fue muy fácil, ya que ya habíamos hecho la canción tiempo atrás de comenzar a grabarla.

AM: Su visita a Sudamérica, un continente en el que no habían estado antes.. ¿Cómo crees que será el impacto cuando los vean?

Y: Podrán ver el show en vivo que jamás han visto, una experiencia que jamás han sentido. Nosotros estimulamos en todo sentido a la gente.

AM: ¿Qué esperas tu de este Tour por diferentes países?

Y: Cada show que realizas es diferente, aún cuando toques la misma canción, pero cada vez que tocamos, depende de la audiencia para crear el ambiente justo.

AM: Háblame acerca de Chile.. ¿Sabías algo de nosotros?

Y: Yo conozco algo de Chile, pero nunca he estado antes ahí. Hay muchos fans chilenos que nos escriben mensajes en Twitter, Facebook, etc. Al parecer, algunos de nuestros fans chilenos vinieron a nuestro "Videoshoot" en Hollywood. Aún así, necesito aprender más... Lo que sí conozco bien es el vino chileno, y me encanta, es increíble. Me encantaría probar otros tipos de vino cuando este allá.

AM: Acá en Chile, vivimos la horrible experiencia de un terremoto, al igual que en Japón. ¿Cómo fue esa experiencia para ti?

Y: Nos damos cuenta de lo frágiles que somos, lo vulnerable que podemos llegar a ser. Un minuto después, todo cambia. Gracias a ello, aprendí que tenemos que vivir este momento, que tienes que realmente apreciar tu vida. Exactamente Chile y Japón, ambos, experimentaron un terremoto, entonces a la misma vez yo aprendí algo que la gente en el mundo nos dijo: ustedes no están solos, así que vamos a apoyarnos entre nosotros, ayudarnos y así crearemos un futuro mejor.

AM: Puedes darnos algún adelanto de tu show en Chile?

Y: Pretendemos tocar una combinación de nuestras nuevas canciones, y también las más conocidas, de manera que no se van a arrepentir.

AM: Quizás las más clásicas?...

Y: Desde luego, de seguro que tocaremos X, o Kurenai....

AM: Muchas gracias por tu tiempo Yoshiki..

Y: Muchas gracias a tí, espero ver a todos en el show, será increíble!.

Y por último, los respectivos saludos del baterista para todos quienes nos visitan !
詳しくは↓

AGENDA MUSICAL CL


YOSHIKIさんのインタビュー記事がUPされていますね!!



TAIJIさんのその後ですが、渡邉裕二さんのお話だと、TAIJIさんは日本に帰られ、千葉県にて密葬されたようです・・・!!

いつの間に・・・・。

まだ状況が良く理解出来ていませんが、また記事があれば更新しますね!!!

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Yoshiki Hayashi: el heavy metal japonés no es distinto al resto
詳しくは↓

Rocknvivo


YOSHIKIさんのインタビュー記事が掲載されていますね!!


J ROCKを楽しめるバー
デジタルアーツ取締役営業部部長の今井賢司氏が行きつけの店として紹介してくれたのは、東京メトロ赤坂見附駅からベルビー赤坂方面に出て1分ほど歩く場所にある「J ROCK CAFE」だ。その名の通り、店内ではJ-ROCK、とくにX JAPANなど、ジャパニーズ・メタルの楽曲を中心に流している。

洋楽を流す店は多いが、ジャパメタを聴ける店はそうそう見当たらない。アーティストの間でもその名は広まっていて、店に来たことはないが、名前は知っているという人が多いそうだ。店内には、元accessの浅倉大介さんなど、一世を風靡したアーティストのサインなどが書き連ねられたギターが何本も飾ってある。

今井氏は音楽を趣味としていることから、この店を訪れるようになった。今ではデジタルアーツの社員に広まり、普段メタルバンドを聴かない社員も頻繁に利用する店となっている。

ジャパメタが流れているとはいえ、お店自体は落ち着いたレイアウトで、誰でも気軽に入れる雰囲気だ。

料理は和洋折衷で非常に豊富。人気のメニューは、鶏の唐揚げとチリビーンズとのこと。

赤坂見附「J ROCK CAFE」

東京都港区赤坂3-9-8
篠原ビル5F
03-3582-0696
平均予算:3000~4000円

詳しくは↓

BCNBizline


J ROCK CAFEがニュースになってるぅ~~!!

このお店、何回か行っていますが、行く度に曲のリクエストを聞いてくれて、映像も流してくれますよ~音譜音譜

お値段もお手頃で、ファン同士で行くならオススメです!!


YOSHIKI and Stan Leeコミコンの動画がUPされています!!

動画は↓

Todd McFarlane @ San Diego Comic Con


動画もちょこちょこ上がって来ますね~☆

参加出来なかったので、いろんなYOSHIKIさんが観れて嬉しいです音譜音譜


◆追記◆


XJAPANヨーロッパツアーの画像がUPされています!!

画像は↓

Xplosion online


会場にもカメラを持ったXplosionの方がいらっしゃったので、いつUPされるかと思っていましたが、素敵な画像が沢山UPされていますね音譜



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ZIP!
放送日:7月29日 (金)
放送時間:05:50-08:00
放送局:
日本テレビ

番組特集のコーナーでXJAPANの映像が放送予定!!

注目の最新ニュースやショービズ情報、元気がでる映像満載です!

詳しくは↓

webザテレビジョン


なんの映像かなぁ~!!

サマソニの告知か、アジアツアーの告知か、南米??

録画しなきゃ音譜

今度こそ、期待して良いよね~☆



人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

メトロミニッツ8月号に京呉館odashoさんの浴衣が掲載されています!

「トーキョーハッピーアワーアクション!」

hide×odasho HI-HO!の浴衣も載っています!!

詳しくは↓

京呉館TOKYOきもの通信


これってメトロ駅構内に置いてあるフリーペーパーかなぁ~??

利用されている方、是非探してみてくださいね~音譜音譜

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

SUGIZOの名曲を海外大物ユニットSYSTEM 7がリミックス
SUGIZOが配信シングル「NEO COSMOSCAPE Remix by SYSTEM 7」を本日7月27日にiTunes Store、mu-mo、moraなどの配信サイトにてリリースした。

この作品はSUGIZOが2008年に発表したベストアルバム「COSMOSCAPE」の表題曲を、よりダンサブルにリミックスしたもの。伝説のプログレバンドGONGのメンバーとして活動してきたスティーヴ・ヒレッジとミケット・ジローディによるテクノユニット、SYSTEM 7がリミックスを手がけている。

詳しくは↓

ナタリー


本日配信されているようですね!!


XJAPAN TAIJI怪死だった首つり痕なし

東スポ一面に掲載!!

TAIJIは怪死だった 首つり痕なし
うっ血痕のない首つり遺体はありえない!! 米国自治領サイパン島で自殺を図ったとされる人気ロックグループ「X」の伝説の元ベース奏者TAIJIこと沢田泰司さんの死をめぐり、不審すぎる点が次々浮上した。

詳しくは↓

東スポ

東スポ


東スポは買いたくないし、見たくないですが、大きく掲載されているようです!!

買って来ようかなぁ・・・。

買って来ましたが・・・!!昨日BLOGにUPした、渡邉裕二さんが書いた文章が掲載されています!!

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)