†sadistic†~Ⅹ~

XJAPANのUNOFFICIAL BLOGです☆
メンバーのこと、LIVEレポなど書いています。


テーマ:

hide Presents Our Pink Spider 2011

日付:3/20(sun)

会場:高崎 club FLEEZ

開場:12:30
開演:13:00

出演バンド:FEIZZ[0]/黒雛 ...and more

チケット:前売り¥1,000・当日¥1,500(1ドリンク¥500)

詳しくは↓

hide presents Our Pink Spider 2011


またスケジュールが発表されましたね~~!!

昨日は柏PALOOZA行って来ました!!

とっても楽しい時間を過ごせて幸せでしたよぉ~!!

レポは書くか未定ですが、気が向いたら書こうかなぁ??


昨日開催された、hide Presents Our Pink Spider 2011

柏PALOOZAで、hideちゃんが登場!!

他出演者の方のBLOG!!

詳しくは↓

KOZY'S ONLY ONE LIFE★  

黒市英伸Official Blog


素敵なhideちゃんだったぁ~~!!

最後のSPECIAL BANDで登場!!!

hideちゃんの曲で盛り上がったね~~~!!

黒市さんが歌う、「ピンクスパイダー」の無料配布CDも戴いて来ました!!



MIX LEMONed JELLY presents “hide Birthday Party!! 2010”

Long red and short pink wigs, yellow with Spread Beaver jackets and the occasional cosplayer of X JAPAN massed in the streets around Club Citta. Those not in costume huddled together looking apologetic yet determined to enjoy the event in their own way. On the inside, DJ Asai had the impatient masses rallying for a party, his opening set including music from previous bands of the day’s line-up. The hyped up crowd cheered as the DJ announced the bands to come.

defspiral

Not knowing what to expect, fans let out a shriek as the lights came up not only on defspiral but also CUTT and DIE for an opening session of Pink Spider. The fan favourite had the crowd pressing as close as possible to the stage while the artists moved about constantly, TAKA’s wicked half growl bringing the number to an end. After the intruders left the stage to defspiral, TAKA cried, “hide Birthday Party! Can you keep up?” REVOLVER soon had the crowd pumping anything from fists to hide plushies and glowing pink fans. RYO on bass and MASATO on guitar crossed paths whilst TAKA’s awesome wailing vocals split the air. “Thank you, Kawasaki!” he yelled. Up next, tsuki to Venus began in darkness, led in by MASAKI on drums. Purple lighting fanned out over the crowd as the guitars came in soon followed by TAKA’s loose melody, simple and calm, unhindered by the rhythmic guitar line beneath. The vocalist made full use of his falsetto throughout the number, the contrast to his deep voice nicely blending with extensive use of silhouette and darkness.

Breaking for a chat, TAKA announced that defspiral would be appearing in the Pink Spider Musical. Honouring the occasion, he yelled, “From start to finish, let’s go nuts! …Twilight.” The deceptively gentle opening gave way to a heavy riff full of headbanging before reaching a laid back verse. RYO added his voice in harmony, once more crossing with MASATO who stood back to back with TAKA. The guitarist then took centre stage for a wild solo. The vocalist danced away in the background, soon regaining his rightful position to see the song through. The last number, DIVE INTO THE MIRROR moved the crowd quite literally, bodies grooving to the music and fists pumping through the charismatic chorus. MASAKI could be seen either riding it easy on the kit or hitting hard and fast whilst RYO’s baseline stood out heavily through the verse and all the while guitar and vocals showed their stuff. In fact, TAKA alone could have filled the stage with his sheer presence, capping the number with an impressively wailed improvisation. “Thank you! This was defspiral!”

1. Pink Spider (with CUTT and DIE)
2. REVOLVER
3. tsuki to Venus
4. Twilight
5. DIVE INTO THE MIRROR

The highlight of the following supposed ‘downtime’ was a medley of none other than X JAPAN which had the crowd singing and dancing as though the music were live. DJ Asai joked that “Of course this music is for the enjoyment of the fans… but I also thought those guys working to set up for the next band would enjoy it. Next up: C-U-T-T; CUTT!”

CUTT

The opening DAMAGE and D.O.D. medley would have been musically busy but for CUTT’s laid back style. The guitarist-come-vocalist and his partner Jun on drums seemed to have no problem satisfying the die-hard hide fans. The crowd had a chance to prove their worth as CUTT allowed them to sing. He threw in a not-so-subtle segue, ‘bungling’ the lyrics, singing “Happy birthday” by mistake. “Happy birthday?” he questioned. Deciding it would do, he launched into a rendition of Happy Birthday. CUTT then introduced his new single, showing off the double sided jacket and charming the crowd into buying one or two… “I’ve prepared plenty of songs that you guys will love, so… before that… won’t you listen to my new single? Thermal.” Ballad-like but with an upbeat chorus, the number was very memorable even at first listen.

Whilst re-tuning his guitar, CUTT joked with the crowd about their cat-calls. Then, he invited them to sing along with what should be a familiar song, Endless Rain. Pink glowing hide fans fluttered as CUTT’s high pitched voice rang out in almost perfect English. DOUBT unexpectedly brought defspiral back to the stage, MASATO leading with a guitar solo before the rest joined in. CUTT’s high harmony over TAKA’s deep growl made for an interesting combination, the former stationary behind his mic stand whilst TAKA freely roamed the stage. In total sync, the two drummers struck away and then stopped simultaneously along with the rest of the music. “Disgusting,” CUTT sneered. Moving on, he said, “Endless Rain made me very lonely, so I’m indebted to defspiral for coming back out.” The two worked together to drive the crowd into a frenzy for CUTT’s new song, Time Machine. The two vocalists alternated melodies, often singing in harmony whilst the other members danced and roamed about. CUTT finished the piece up with a guitar solo. “Thank you!” he cried before the two bands vacated the stage.

1. DAMAGE & D.O.D. Medly
2. Thermal
3. ENDLESS RAIN
4. DOUBT
5. Time Machine

WAKE UP TAMALA

An adorable animation of a world where cats live as people, the story soon sank into a dark message far too close to home. TAMALA is taken on a journey that shows her why the rain won’t stop. Beautiful music as well as cute imagery and voices contrast with disturbing content, sending the very serious message “Wake up or DIE!”, referring to the destruction on Mother Earth.

,Seizi Kimura

This seasoned artist gave the crowd a set of solid, classic rock. Acoustic guitar, pleasant vocals and poignant lyrics reminiscent of The Beatles completed the opening number, FLAKE. Kimura reminded the fans that there is more to music than screaming guitars and crashing drums as they clapped dutifully throughout the song, receiving his gratification at the last. A charming MC led into Dance With Elvis. Above the relaxing, old school music soared Kimura’s voice. “Yeah! Dance With Elvis! Hello Rock’n’Roll. Goodbye Rock’n’Roll.” Kimura then set the stage for his new song, the ending theme for the Japanese animation "Togainu no chi", Bright Lights. Simple and smooth through the verse, the chorus was quite addictive. Kimura improvised an upper harmony in the final chorus, showing impressive experience with music.

One lone voice called out in the interlude, the artist taking it to heart. “Hey, I’m lonely up here! Give me some more!” An explosion voices filled the air. “Well, well, well, you can make sound!” Kimura joked. He then introduced another new song written in May of 2010. “Please listen. ageha.” The lovely ballad with a soothingly plucked guitar line showed off Kimura’s ability to turn basic techniques into a gorgeous melody - perfect daydreaming music. Once the ballad ended, Kimura wasted no time in further surprising the crowd and calling DIE to the stage once more. After a brief chat, it took several tries and a prostrated apology down on the floor before DIE managed to match Kimura’s key. At last, they got it together. “Let me sing FLAME,” Kimura murmured. The second verse brought DIE in on vocals with Kimura singing harmony whilst the two continued to manipulate their respective instruments. Throughout, they took turns on vocals, either harmonizing or singing together and smoothly making up for the botched entry. “Please applaud DIE,” Kimura requested before the two swaggered offstage together, arms around shoulders.

1. FLAKE
2. Dance With Elvis
3. Bright Lights
4. ageha
5. FLAME (With DIE)

DJ Asai proved that he was in the mood for a particular type of music, this time playing the live version of Kurenai by (you guessed it,) X JAPAN and making sure the whole crowd sang along. Then it was time for the next band of the evening.

heidi.

“Citta!” yelled vocalist Yoshihiko. “Can we heat things up for hide’s birthday!? Jump!” Instantly bolstered by guitarist Nao’s bouncy theme, the crowd did exactly that. Yoshihiko couldn’t stay put either, travelling across the stage to greet the breadth of the crowd. Meanwhile, Nao bounded about barefoot whilst drummer Kiri was little more than a blur and bassist Kohsuke sang along vividly, riling the fans up for the chorus. “Citta!” Yoshihiko screamed. Amidst a hail of cat calls, he greeted the crowd. “Today is hide’s birthday. It’s a party, so let’s go all out!” On that note, heidi. whipped out their version of Pink Spider. True to the original, the arrangement also presented a certain wealth of guitar and bass that gave it a new life. Yoshihiko left the chorus up to the crowd who certainly knew their way around the number, coming back in on the verse with Nao adding a high harmony. Melodically all hide, the arrangement was never-the-less all heidi. Next up, ∞Loop got the crowd clapping and jumping. Turning the final chorus into a yell, Yoshihiko rode the wave. “Citta! Let’s go even crazier!”

gekkou Showtime held a certain funky element that demanded movement which Yoshihiko encouraged in the form of pumping fists. A dark section of the verse had the band breaking it down before the catchy chorus. “Well, Citta. Can you survive one more?” Yoshihiko goaded. omaesan kicked off on a high which lasted throughout the rapid, entertaining number. The crowd danced about yelling “yahiyahiyahiyahiyahiyahiyah~!” and having the time of their lives until everything came to an abrupt halt. “Today is hide’s birthday and I am very glad to be here. Thank you! I want to sing one last word for you all,” Yoshihiko teased. “Please listen… omae~sa~n~!!!” he sang, disintegrating into a passionate growl. With a final expression of gratitude, he sank low into a bow. “Thank you and please enjoy it till the very end!”

1. utakata
2. Pink Spider
3. ∞Loop
4. gekkou Showtime
5. omaesan

CLUB PSYENCE

The following break gave the crowd a taste of CLUB PSYENCE, a club night run by DJ’s Ina and Asai and dedicated to hide. The section featured DJ DIENOJI and his dancing combo who led each new set of actions to the music. Soon, Asai called for any birthday-people, thus setting the stage for another birthday-boy.

DJ INA

“Matsumoto hide’s fourty-sixth anniversary,” announced DJ INA as he poured himself a glass of champagne. Starting a round of “Hey!”’s to kindan no Pink Spider (hide + RIZE), he picked up a hide Clause plushie and began to wander the small stage, holding the mic out to crowd members. Wandering into the crowd itself in DOUBT 2005, he appeared back onstage with a little girl who sang adorably, holding a little hide plushie of her own. “Matsumoto hide and me, congratulations,” the DJ said casually, draining his glass. During CELEBRATION (X~hide Version) he brought a costumed character up onstage complete with a Santa hat on one ear and a birthday cake on the other sporting a hide towel around its neck. Up above on the screen ran a video of hide himself as the DJ and the character danced about.

“Today Matsumoto hide would be shocked!” he announced. “We have a never-before-heard track of hide’s here.” The fans clapped throughout, enjoying the unique experience. Then the DJ broke out FISH SCRATCH FEVER (INA Remix), inviting up a group of established X JAPAN/hide cosplayers who helped him lead a volley of “Gold fish boy!” cries whilst stripping, dancing and stealing children out of the crowd. Then the DJ called out TAKA of defspiral, Yoshihiko of heidi. (“Kawasaki, you having fun!?”) who he teased mercilessly, CUTT (“CUTT JAPAN”) who improvised random lyrics, and Seizi Kimura who lead a round of congratulatory cries to both INA and hide.

The latter two remained onstage for the next number, Space Monkey Punks From Japan ~Beauty & Stupid (TOKYO SKA VERSION), which was nothing short of an onstage party complete with a pair of underwear passed about, which flew into the crowd from Kimura’s shocked hands. Finally, all made their way off except for INA who announced the Pink Spider Musical set for March 2011, for which he would be the musical director. Then DJ Asai returned to the stage in time for the final number, ever free 2010 (INA Remix) featuring hide’s spoken “Ladies and gentlemen, boys and girls…” The DJ wound up and handed the show back over to Asai who in turn handed it over to Ra:IN.

1. kindan no Pink Spider (hide + RIZE)
2. DOUBT 2005
3. CELEBRATION (X~hide Version)
4.(Untitled)
5. FISH SCRATCH FEVER (INA Remix)
6. Space Monkey Punks From Japan ~Beauty & Stupid (TOKYO SKA VERSION)
7. ever free 2010 (INA Remix)

Ra:IN

The all-star cast of Ra:IN – ‘Rock and Inspiration’ – took to the stage with no bullshit and a heavy sense of rock culture. METAL BOX set the scene, a constant progression of solos and combined efforts by guitarist PATA, bassist and sometimes vocalist michiaki, drummer TETSU and keyboardist DIE. The hard rock collaboration was nothing short of epic, proving that music needs no words to send a message. PATA wailed a never-ending solo at centre stage whilst michiaki wandered about and DIE jumped down from his platform, portable keyboard strapped about his shoulders. The finale of the piece saw the three mobile members in constant motion whether moving to play back to back or facing in to TETSU behind his kit. Thrillin’ High presented a more ambient sound, alternating from minor to major chord progressions and back again. Then came a heavy wake-up call, DIE positively rocking out in contrast to PATA’s calm stillness. As DIE tossed his head violently through the tail end of the piece, michiaki threw down his bass, dragging it around and kicking it in a fit worthy of only the truest of rock stars.

“Hey!” he cried, equipping the new instrument supplied by a faithful roadie. Happy! began with a very deep riff, DIE applying synthesizer over the top. PATA’s incredible guitar gave the crowd a taste of the very heart of rock, the number regressing further and further into a truly retro sound. Wrapping it up, everything accumulated speed, finishing with a series of split second pauses. “Thank you,” michiaki intoned. The crowd waving hands from side to side, WITHIN YOU at last offered somewhat of a vocal line from both michiaki and DIE, the two staggering lyrics with a delay effect. The sound of bagpipes filled a musical rift before the band came back in full swing for the final progression. “Thank you!” The deep, exotic lead-in to Wish shifted into a plucked tune before a sudden burst of noise brought all the instruments in at once. DIE was back on his portable keyboard, hopping about and headbanging whilst PATA’s enthusiasm was evident as he bent into the music. michiaki’s vocals were barely audible over the intense cacophony even as DIE disappeared, slipping down in front of the barrier between crowd and stage. Rolling backwards up onto the stage, he kicked the air like a dying roach even as his fingers continued to tickle the keys. Breaking it down to end the set, the artists all let loose, only PATA stationary in his territory as he focused on wringing sound from his guitar. His raised hand brought the set to a close, DIE climbing up on the amps and jumping down to a delighted shriek from the crowd. TETSU waved and blew kisses as they exited stage right.

1. METAL BOX
2. Thrillin’ High
3. Happy!
4. WITHIN YOU
5. Wish

Pink Spider Musical Cast

Finally, after many references throughout the night, the cast of the 2011 Pink Spider Musical came out to talk with DJ Asai, including TAKA of defspiral. They talked about their impressions of hide himself, their musical theatre experience (or lack of) and the music itself, revealing that twenty of hide’s songs will be included without any changes to the lyrics.

With some time left on the clock before the next set, Asai was able to play the one song he "just can’t complete a set without"… X! The crowd loved it, following Asai’s cues, and responding to the live recording of ToshI calling to hide until at last the final flesh and blood band took the stage.

MADBEAVERS

With opening music as retro as their wild, rocker hair, MADBEAVERS took off with a cover of FISH SCRATCH FEVER. Pointing the guitar neck directly at the audience, vocal/guitarist Kiyoshi played it sexy as he intoned “Gold fish boy~” in grunge style. SUPERCAR BABY had him and bassist EBI alternating lyrics and singing in harmony. “We’re MADBEAVERS. Happy birthday hide,” Kiyoshi wished. Then he introduced Joe on drums and EBI on bass. “The next number was arranged courtesy of EBI-sama,” he announced, kicking off beauty & Stupid. The cover was full of energetic guitar despite the overly relaxed vocals. Meanwhile, Joe pulled off a series of little drum solos whilst Kiyoshi chanted “Joe-Joe-Joe Joe Joe Joe!”

“Are there any birthday people here?” he asked amidst the intro to MORNING GLORY, then wishing a happy birthday to DJ INA and others who were not present. In MADBEAVERS style, the number was typical rock all over with its chorus of “Yeah~Yeah~Yeah” that had the crowd singing along. After a short outtro, a cry of “Citta, can you heat it up?” led into the groovy opening riff of YOUTH. Drums in the foreground and Kiyoshi pulling off a ‘devil may care’ vocal style, the rhythm was most fascinating as the vocalist strummed speedily away. EBI led a round of “Woah”’s, shouted by the audience. Then, the speedy, simple melody and positive chorus of DAZZLIN had the crowd conducting with outstretched arms. Kiyoshi and EBI played off against each other before going their separate ways for more complicated musicianship. Finally, a red wash gave a dangerous feel to the darker melody of BLACK SUNSHINE. Getting down in the instrumental, the band played it cool for the most part. Then, they faced each other for a dramatic, high-speed outtro that slowed by half and then half again before coming to a complete stop.

“Come on hide!” Kiyoshi cried, pressing all the right buttons to get the crowd screaming and yelling. “Yay, hide!”

1. FISH SCRATCH FEVER
2. SUPERCAR BABY
3. Beauty & Stupid
4. MORNING GLORY
5. YOUTH
6. DAZZLIN
7. BLACK SUNSHINE

hide

At last it was time for the man of the hour. “Not enough play,” chanted a hysterical remix as a screen descended before the curtain. The crowd held their breath as hide made his appearance, flanked by two stripper girls. MISCAST (BirthdayVer.) rolled on, hide and the strippers tumbling to the ground in a playful heap before the trio finally made their entrance, the occasion revealed to be a live performance. “Happy birthday hide” appeared onscreen, streamers bursting out and fluttering down to the crowd below who greedily grabbed them up. The video reel of various live clips was interspersed with lyrics. Next, Pink Spider scrolled between live footage and the music video as the fans reached their arms out towards the screen, streamers sparkling magically under the low lighting. Video or not, there was no doubt that it was a true concert in the hearts of the crowd. MISERY kicked off with hide charging down the runway, once again contrasting live footage with the music video for a touching result. Balloons fell from above, the fans tossing them about in true birthday spirit, strangers becoming allies in the impromptu game. Even on video, hide’s charisma overflowed throughout the venue, exaggerated by the soft glow of a disco ball. Clapping along throughout the instrumental, the crowd raised a cheer at hide’s little “Thanks.” ROCKET DIVE stuck to the live/PV pattern, flawlessly meshed. A particular live shot of hide looking directly into the camera brought tears to many eyes. Across the bottom of the screen scrolled first hide, then the evening’s performers in order followed by the DJs. A massive cheer rose, first for those artists and then for hide, many calling out to their beloved ‘Pink Spider.’

1. MISCAST (BirthdayVer.)
2. Pink Spider
3. MISERY
4. ROCKET DIVE

Following the set, an array of announcements came to the screen, ranging from the decision to release a live video of MIX LEMONed JELLY presents “hide Birthday Party!! 2010”, to another installment of CLUB PSYENCE, to next year's hide birthday party on the actual day itself, December 13th, with a final hide FILM ALIVE!!~hide Memorial Day 2011~(5/2) "…to be continued" to which the crowd raised thrilled voices. Continuing to shout and refusing to leave just yet, the crowd waited until at last a voice washed over the venue. “Time flew by and we’re well behind but thank you all! There’s a lot going on next year, so please look forward to it!” Finally satisfied, the audience began to file out toting balloons and streamers as mementos of the special event.

詳しくは↓

JaME


長いですが・・・!

ぁたしもレポ書きましたが、英語でもなんとなくわかりますね~~!!

本日記事がUPされていて、嬉しいですニコニコ

世界中の人に読んでもらいたいなぁ~~☆☆

取材が来ていたんですね~~!!




X JAPAN、3月に北米CDデビュー! ラジオ番組も

2011年1月31日 読売新聞
詳しくは↓

YOMIURI ONLINE


今日こちらの記事が新たに上がっていたので、掲載しておきますねっ☆★


XJAPAN、3月に北米CDデビュー!YOSHIKI初のラジオ番組も決定

詳しくは↓

チケットぴあ


北米ツアーの画像も見れます!!




アメンバーの共同体さん教えて頂きました!!

ありがとうございます★★↓


ToshIのディナショーで「星空のネプチューン」だけ、ピアニストの方が登場しましたが、米津真浩さんのBLOGです!!

詳しくは↓

ちょっとピアノ弾いてる米津真浩のOfficial Blog


素敵な演奏ありがとうございました!!

今でもディナーショーの余韻が頭から離れません!!

本当に素晴らしかったぁ~~ラブラブ!




LOOK at STAR!2011年3月号vol.63
1月27日(木)発売中!!

定価:990円(税込)
Shooting Star
J 『ROCKミュージカル「ピンク スパイダー」』
詳しくは↓

LOOK at STAR!


Jがhideちゃんのことや作品について、語られているそうです!!

これはチェックしなきゃ!!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

日本生命加入者に配布されている

「WEEKLY ザ・テレビジョン1月29日号」

MUSICインタビューSpecialにToshIさんのインタビューが1ページ掲載!!!

次号の「拝啓、私を支えてくれたあの人へ」のコーナーはToshIさんです!!


こちら、日頃仲良くさせて頂いている方他、見させて頂き、こちらにも書かせて頂きました!!

ぁたし、、加入していないので戴けないのよね??

残念・・・・!!次号もToshIさんみたいだけど・・・・!!

見たかったです・・・!!


全米進出X JAPAN ToshIにまた黒い噂
詳しくは↓

東スポ


東スポの芸能の見出しに掲載されていたので、いちお記載しておきますが・・!!

買いません!!!

東スポだけ、JADE発売の記事を掲載して頂けなかったので、どうせモノクロ掲載なんでしょうけど・・・あせる


◆追記◆


X JAPAN Announces North American Agreement

詳しくは↓

JROCK REVOLUTION


昨晩更新を知り、記事にするのを忘れてました・・あせる

いろんなところでJADEの発売や、ラジオの記事が掲載されて嬉しかったです音譜


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ToshI Feat YOSHIKI with 世界の三國

スペシャルコンサート&ディナー


過去のレポはこちらより↓

☨sadistic☨~Ⅹ~  

☨sadistic☨~Ⅹ~


行かれた方が、沢山の素敵なレポを書かれていますので、3月発売のDVDもあるので簡単に書かせて頂きますねっ!!

お付き合い頂ける方のみ、どおぞ~~!!


食事が終わり、友達とみんなで集合写真的な記念写真を撮ったりして~!

いざ会場へ・・・!!




†sadistic†~Ⅹ~


この花・・・!24日あったかなぁ??

25日は花の数も増えているように思えたんだけど気のせい???あせる

横からで申し訳ないですが、終演後に人が入らないように撮影したので、これがぁたしには精一杯許して・・・!!

石田純一さんから!!!


更に奥へ奥へ・・・!!





†sadistic†~Ⅹ~-110125_2035~01.jpg



このオブジェ素敵だよね~~!!

発泡スチロールで出来ているように見えたんだけど・・・!

コンサート会場に向かう途中にありました!!

素敵~~~○o*.(*ゝ艸・*).*o○ラブラブラブラブ


24日は、会場のセッティングが出来ていなくて、ドアの前で待たされましたが、ドアが開いた瞬間、座席指定だと分かっているくせに、1番最初にコンサート会場まで続く通路を歩くことが出来て、なんだかプチ爽快感~音譜


24日は、2台のピアノの正面の席でしたが、25日は左側でした!



*24・25日まとめて書かせて頂きます!

また順番もバラバラですので、完璧なレポを求める方は、他か、DVDでご自身で確認下さい!




ToshIが365度見渡せるステージに、どの角度からもお尻が見えてしまうと、ちょっと恥ずかしそうに言っていましたが!!


24日は正直に書くと、2人の会話が聞き取れないし、ファンが大切なところで声をかけてしまうので、ますます聞こえず・・・・あせる


ToshIが「話しかけるなよ~!」と言っていましたが、24日は冷っとするファンからの声!!


男性が「アルバムは??」とシーンとなっているところで聞いてしまったもんだから、一瞬シーーーンと会場がなってから、ToshI「俺の聞けないことを聞くな!」的な会話の後、Y「アルバムね~!」 T「YOSHIKIは耳がいいからいろんな音が聞こえていまう。だからみんなが話かけるとこんな風に思わず振り返ってしまう(笑)。YOSHIKIがロスで、僕が日本にいて、レコーディングをしていた時に、他で話している会話が耳に入ってしまうから、そこで時間がかかってしまう。」


YOSHIKIファンの問いかけに、すばやく振り返っていたね~~音譜音譜



YOSHIKIがレコーディングをしている時に、HIDEとかがスタジオの外で「乾杯~~!」とか言っている会話が聞こえて来て、頭に来たとか・・(笑)

そんなエピソードも語ってくれたね☆



XJAPANの北米ツアー最終日の、NYでToshIに用意したケーキの重さが、44キロだか45キロだったみたいで、Y「HEATHと同じくらいかなぁ??」と言っていたのにビックリ~!!


HIDEが帽子が無くなったと言って、暴れだした話や、PATAちゃんが北米ツアーで飛行機に乗り遅れて、草履を履いていたとか・・(笑)バンクーバーからシカゴへ向かう飛行機でイミグレに時間がかかったってニュースありましたよね???

めずらしく飛行機がYOSHIKIと隣になるはずだったのに、YOSHIKIが「あれ?PATAは??」って話になったそうです。そんなエピソードなどいろいろ語ってくれました!!


PATAちゃんが弾き逃げする話は御馴染ですが、いつも酒臭いんだもん!ってYOSHIKIが言ってました(笑)

Y「PATAはいつも酔っぱらってるんだもん!」って・・☆


今回のコンサートのステージも、よりみんなが近くなるように、作り直したようで、ToshIも自らセットを作ったりして、それで開場が遅れたと話していました!!


そうそう!24日に開場が遅れたことも、最初にお詫びしていましたが、T「YOSHIKIのせいじゃないぜーー!」って、YOSHIKIのせいだと言えばみんなが理解すると思ったみたいですが、今回はToshI自分だと説明していましたね☆


YOSHIKIのせいで開場が遅れたと言ったら、「俺のせいじゃない」と言うことで、わざわざ訂正する為に記者会見を開いた話など・・・!してましたね☆


後は、日産スタジアムにYOSHIKIのお母さんが来ていたらしく、Y「痩せちゃったじゃない?ちゃんと食べてるの?とか言われてさ、もっと今日のコンサート良かったよ☆とか言ってくれればいいのに、俺頑張ってるのに。」と、お母さんの話も聞けました!!


そして・・!映画ブッダの話でも、YOSHIKIが曲を依頼されたのが、1年以上前だったのに、忘れていたみたいで・・・・(笑)


ToshIとYOSHIKIの会話が楽しくって、本当に仲が良いなぁ~!ってほのぼのと見ていました!


後は、YOSHIKIはドラムを叩きながら指示したりしている話も聞けましたが、ぁたし実際に北米ツアーで、YOSHIKIさんがピアノを弾きながら、スタッフに指示を出しているのを目の前で見たので、ToshI「あんなに叩いてて出来るの??」的な感じだったけど、本当に出来ちゃうYOSHIKIさん凄いですよね~~!


本当に沢山話してくれていて、書ききれないし、残念ながら聞こえなかった話もあったので、後でDVDで確認しなきゃ~~!!

会話ノーカットでお願いしたいなぁ~~!!


24日は1人のファンがYOSHIKIさんにお花を渡したら、後から後からプレゼントを渡したくて殺到してしまい、スタッフがプレゼントをファンから回収するという事態が・・・・!!


25日は対策をされたのか、なかったですが、ぁたし的にはToshIのディナーショーなのに、ToshIにはないの???YOSHIKIにばかりだったので冷や冷やしながら見ていました・・・・!


場内撮影禁止でしたが、終演後にはファンがステージに殺到して、ピアノを携帯でパシャり~!

これが海外ならありなんだけど、カメラチェックもあったのに、、と残念な光景を見ていたら、何人かスタッフに注意をされていましたね~~!!


でもね、コンサート中もYOSHIKIさん、ファンの声に答えてくれていて・・・!

本当に優しいなぁ~☆って思いました!!


25日は左側のピアノが目の前だったので、鍵盤も良く見えたし、こっちを向いてくれた時は本当に嬉しかった~!!ちょうど座席が通路側だったので、良かった!!



◆25日のセットリスト◆


エアポート


春の息吹


愛する人よ


雨音


HEATH&真矢登場で

武士JAPAN


HEATH&真矢退場してYOSHIKI登場!!

ToshIとピアノで

クリスタルピアノのキミ


今を抱きしめて


Forever Love


星空のネプチューン


抽選会でHEATH&真矢登場!

ここでYOSHIKIも登場してくれた!!

今演奏した「今を抱きしめて」を焼いてプレゼントしてくれるのと、超サプライズで、まだ詳細が空かせない決まっていないプレゼントの抽選があった。(両日)


I Believe(北野井子)


Scarlet Love Song


without you


ENDLESS RAIN




武士JAPANのみスタンディングOKだったので、みんなでノリノリ~~!!さすがにYOSHIKIさんが登場した時は、歓声も凄く、みんな席から立ってしまったので、ToshIが座るように言っていたね~~!!


Scarlet Love Songでは、Y「ToshIなんかさっきやらなかった??」的な発言にToshIが「やっちゃった」的な話になり・・・!じゃぁ、さっきやらなかった部分をやろうと言うことになり、YOSHIKIがココからね!と譜面に指を指すとT「ココからぁ??高いじゃん!(笑)まさかこの歳になって、こんなに高い曲歌うとは思わなかった」と言って、一番キーの高い部分「翼に~~~音譜」のフレーズを歌い、ちゃんとレコーディングしたやつは、いい感じに歌えていると説明していたね~!!

ToshI全然上手でしたよぉ~~ニコニコ



両日聴いたwithout youだけど、25日は号泣だった・・・!

25日は一番HIDEちゃんの話を語ってくれていたし、本当に嬉しかった!!!

無性に逢いたくなったよ!!!



まだ書いていない内容が沢山あるんだけど、とりあえずはココまで!!


24日は、YOSHIKIの譜面をToshIがすかさず拾ってあげるシーンなど、凄くほのぼのしていて、見ているこっちも嬉しくなった☆☆


本当に、2日間、あっという間だったけど、楽しかったぁ~!!




会場の様子を書かれた記事と画像がUPされています

詳しくは↓

entertainment japan Staff Blog


お愛出来た皆様、ありがとうございました!!!

またどこかの会場で笑顔で逢いましょう~~!!!






いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

X JAPAN、13年ぶりのシングル「JADE」は3月北米発売

X JAPANが米EMIミュージック(EMIキャロライン)と3年間の契約(製造と流通権)を結び、3月15日に第一弾シングルとして「JADE」を北米で先行発売することが1月28日分かった。またYOSHIKIがパーソナリティーを務める「YOSHIKI RADIO」が北米の衛星ラジオ局「Sirus/XM」で2月にスタートする。バンドがシングル盤を発売するのは1998年の「THE LAST SONG」以来、13年ぶり。北米では初。東京都内でインタビューに応じたYOSHIKIは「アジアとヨーロッパについては今、話をしています。「BornTo Be Free」「I.V」と3曲をシングルで出して、その次にアルバム。年内には出したいですね」と思いを語った。

X JAPAN、本格的な世界進出が始まる。世界への思いは1992年、米NYでHIDE(享年33)を含む5人で開いた世界進出会見で公表。HIDEの死、バンドの解散、復活を経て2008年末に世界ツアーをスタートさせたが、2009年に香港、台湾公演を成功させた後、持病の悪化から同年7月に頸椎(けいつい)つい間板ヘルニアの手術を行なったため活事実上の活動休止に。術後も手にしびれが残るなど再開は困難と思われていた。


血のにじむようなリハビリを乗り越え、活動を再開したのは2010年1月。身体が万全でないながらもロサンゼルスで5億円をかけたプロモーションビデオ撮影を敢行。8月にはシカゴで開かれた野外音楽フェスティバル<ロラパルーザ>に初出演した。国内の日産スタジアム公演を経て、9月から北米7都市を回ったツアーでは過労から倒れるハプニングも。しかし100以上のメディアに取り上げられ、また現地のファンの声に触れ、2010年10月10日に向かえた最終公演後には「夢の扉が開いた」と大きな手ごたえを感じていた。


次の一手と北米で先行発売する「JADE」は、1991年に発売したバラード曲「Say Anything」と同様、デヴィッド・キャンベルがアレンジを担当。現在プロモーションビデオで流れる「JADE」よりさらに音が重厚な仕上がりになっている。YOSHIKIはドラムに加え、アコースティック・ギターのサウンドをシンセでプレイするなど、そのサウンドへの傾倒は今も変わらぬYOSHIKIイズムに溢れている。


契約を結んだ北米EMIミュージックのドミニック・パンディシア副社長は「X JAPANはアメリカにて、本当のファンを作り上げている。私たちは、そんな彼らと共に、これからもっとたくさんのファンをつくることをとても楽しみにしている!」とコメント。YOSHIKIは、新アレンジの「JADE」のプロモーションビデオの制作も視野に入れているようで、「北米ツアーの映像や、権利を手に入れたロラパルーザの映像も取り込みたい」と意欲的。「南米とヨーロッパでもコンサートをしたいし、国内外の色々なフェスティバルにも出たい。X JAPANは基本的に破滅に向かっているけど、身体と相談しながら。…でも気持ち的には100回くらいコンサートをやるべきと思う。アメリカは競争が激しいので」と話した。


気になるラジオ番組については「アニメや歌舞伎など日本の文化を紹介したり、(自身が影響を受けた)KISSを呼んだりするのもいいかも」と新たな表現の場を心待ちにしているよう。1時間番組で、「The Boneyard」「Sirius channel19」「XM channel53」で放送を予定している。「Sirus/XM」はエンターテインメント、スポーツなど130以上のチャンネルを持つ一部有料のラジオ局。全米で2000万人以上が登録し、エミネムなど著名なアーティストも番組を持っている。プログラムの開始日など詳細は後日発表される。


情報解禁前日の1月27日昼過ぎ、YOSHIKIは自身のツイッター(簡易ブログ)で「Tomorrow, there will be an announcement of X Japan!!! Check it out!(明日、X JAPANの発表があるからチェックしてね)」とコメントを配信。ファンらはツイッター内で、「ツアー再開か?」「お金を貯めなくちゃ」を大盛り上がりに。待ちに待った楽曲発売に胸をなで下ろしただろうか。今後もツイッターを通じ、ファンに最新のメッセージが送られるはず。ラジオ情報、シングル続報など目が離せない。

詳しくは↓

BARKS

画像は↓

XJAPAN画像集


沢山の画像がUPされていますね~!!

コンサート100回くらいはやるべき・・・。

無理しないように、今年もLIVE楽しみにしています★★

ラジオの詳細も後日発表されるようなので、大人しく待ちます~音譜

聴けると良いなぁ~~☆


X JAPAN夢かなった米大手と契約

詳しくは↓

日刊スポーツ


X JAPAN 米CDデビューXデーは3・15

詳しくは↓

中日スポーツ



YOSHIKI海老蔵騒動も話しちゃう
ロックバンド・X‐JAPANのリーダー・YOSHIKI(年齢非公表)が、米国のラジオでDJを初めて務めることが27日、分かった。130以上のチャンネルを持ち、全米で2000万人以上が登録する衛星ラジオ局「シリウスXM」で新番組「YOSHIKI RADIO」を2月から月1回1時間、英語で担当する。

歌舞伎やアニメといった日本文化を発信する内容となる見込みで、YOSHIKIは「海老蔵騒動のことも話しちゃおうかな」とちゃめっ気たっぷり。日本では聴くことができないが、「ゆくゆくは、X‐JAPANの曲をどんどんかけていきたい」と意気込んだ。

Xとしては、EMIと3年間の専属契約に合意。3月15日に、北米でのデビューシングル「JADE」の発売も決定した。同曲はロック調の激しい曲で、既にレコーディングは終了。YOSHIKIは「アルバムは、もう2枚ぐらいシングルを出してから出したい。現在5割ぐらいできている。9月ぐらいには出てるんじゃないですか」と見通しを話した。
詳しくは↓

デイリースポーツ



『手塚治虫のブッダ』漫画無料配信、主題歌担当のX JAPAN全米デビュー決定!

発行部数2,000万部を誇る手塚治虫の最高傑作と称えられる漫画「ブッダ」が3部構成で映画化。5月28日(土)には、若きシッダールタ(のちにブッダとなる男)の恋と戦いの葛藤を描いた第1部『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』が公開となる。この映画の公開を記念して、週刊で手塚治虫の漫画作品が配信される電子書籍「週刊:手塚治虫マガジン」にて、映画の第一部に相当する原作パートが21週にわたり掲載されることが決定した。2月8日(火)よりi-Phone、Android、Windows mobileなどのスマートフォン及びPCにて無料で配信される。

映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』は、声優陣に吉永小百合、堺雅人、観世清和、吉岡秀隆といった大物俳優、能楽師を起用しているほか、主題歌を「X JAPAN」が担当していることも話題になっている。X JAPANはこれまでにも「ENDLESS RAIN」、「Forever Love」、「Tears」、「I.V.」などの楽曲を主題歌として提供しており、今回は手塚作品の永遠のテーマである“いのちの尊さ”や“いまを生き抜く力”に寄り添ったバラード「Scarlet Love Song」をYOSHIKIが書き下ろしている。


また、X JAPANはEMIミュージックの米法人と3年契約を締結し、3月15日(火)にリリースされるシングル「JADE」で全米デビューを果たす。北米EMIミュージック副社長のドミニック・パンディシアは「X JAPANと仕事をすることに興奮を抑えきれない。彼らはアメリカで本当のファンを作り上げているが、彼らと共に、もっとたくさんのファンを作っていきたい」と熱く語り、新アルバムの促進に向けて、2011年の間は大々的にツアーを行う予定であることも発表した。

さらに、アメリカで2,000万人を超える登録者数を持つ衛星ラジオ「Sirius XM Radio」にて、YOSHIKIがホストをつとめるラジオショー「YOSHIKI RADIO」も開始予定。Sirus XM Radioの社長であるスコット氏は「YOSHIKIの音楽はヘビーメタルからバラード、オルタナティブロック、交響楽と幅広く、リスナーはSirusXMで彼の選ぶ先駆的な音楽世界を楽しめるはず」とコメントしている。

手塚治虫の最高傑作「ブッダ」と日本史上最も成功しているロックバンドX JAPAN──日本はもとより世界から注目をあびているこの2つが、映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』でどんなコラボレーションを見せてくれるのか、大きな期待が寄せられる。

詳しくは↓

CinemaCafe.net

映画「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」公式ブログ



X JAPANが米EMIと契約 3月にニューシングル発売

詳しくは↓

listen Japan



YOSHIKI RADIO Sirus/XM 上でデビュー!

詳しくは↓

YOSHIKI mobile


X JAPANとEMI ミュージック北米での合意を発表

詳しくは↓

YOSHIKI mobile

その他、本日報道された記事をYOSHIKI mobileがまとめて掲載しています!!
詳しくは↓

YOSHIKI mobile


News: X Japan Signs With EMI Music North America

The rock band X Japan has signed a three-year contract with EMI Music North America, with the first single release scheduled for March 15. The single, titled "Jade," is going to be the band's first single in North America.


Band leader Yoshiki said that they are also planning for an album in summer, and a tour before the end of the year. Yoshiki will also launch a monthly one-hour radio program called Yoshiki Radio on the American satellite network Sirius XM Radio.

The band made its American debut last year with a performance at the rock festival Lollapalooza and other venues. X Japan has created music for anime works such as the X² music video collection and the X film.

詳しくは↓

ANIME NEWS NETWORK




各スポーツ新聞にも掲載されていましたね~~!!

いくつか買って来ました☆




†sadistic†~Ⅹ~-110128_1847~01.jpg






↑サンスポ





†sadistic†~Ⅹ~-110128_1820~01.jpg



↑日刊スポーツ




†sadistic†~Ⅹ~-110128_1846~01.jpg

↑スポニチ


個人的にはスポニチが一番良かった~!!



hide Birthday Party 2010

2010年12月12日@クラブチッタ川崎の様子がオフィシャルでUPされています!

詳しくは↓

hide-city


住民の方は更に続きが見れちゃいますラブラブ

本当に楽しかったなぁ~~音譜音譜





ぁ~、記事を書いていたら全部消えちゃって・・疲れたぁ~あせる

今日は久々に、日本のニュースで沢山掲載されて、嬉しかったなぁ~音譜音譜


いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

13年ぶり!XJAPANシングル発売!

ロックバンド、X JAPANが、3月15日に北米デビューシングル「JADE」を発売することが27日、分かった。リーダーのYOSHIKIが明かした。昨年11月に米大手レコード会社、EMIミュージックと3年契約を締結。アジアや欧州全域でも同時期発売を目指して契約交渉中という。シングル発売は13年ぶり。英ロックバンド、ザ・ビートルズの米国進出と同じシングル先行スタイルで、ジャパニーズロック旋風を巻き起こしそうだ。


ファン待望のCDがついに発売される。

都内で取材に応じたYOSHIKIは、昨年11月にEMIミュージックとディストリビューションの3年契約を締結し、3月15日に北米で「JADE」を発売することを発表。シングル発売は1998年の「THE LAST SONG」以来13年ぶりで、「アジアとヨーロッパも交渉中。同時期に出せれば」と全世界発売も示唆した。

「JADE」は、ギターの故HIDEさんへの思いを静と動で表現したロックナンバー。英語詞の一部で、♪自分で切り裂いた傷痕さえ美麗になるまで…と日本語詞を用い、故マイケル・ジャクソンさんらを手掛けた名アレンジャー、デヴィッド・キャンベル氏(62)を迎えて重厚な楽曲を完成させた。PVは2種類制作し、北米ツアーと昨年8月の米国初ライブでの映像も使用。ジャケットは28日に日本で撮影するが、メンバーは登場しないという。

YOSHIKIは「デビューなので細かいところまで凝りました。何回も聴くと色んな音が聞こえてきます」とPR。

また、自身がグラミー賞への投票権を持つボーティングメンバーでもあるだけに、「自分でノミネートできる。頑張りたい」と意欲をみせた。

米国ではアルバムデビュー後に楽曲をシングル化するケースが一般的だが、今回のようにシングルで全米デビューする戦略は、1964年1月に「抱きしめたい」で米国に進出したビートルズと重なる。


ビートルズは、デビュー曲の発売時期が訪米と重なったこともあって全米1位を獲得。同4月にはビルボード誌のシングル・チャート5位を独占する偉業を成し遂げた。

X JAPANは昨年8月に米国初ライブを行った際、米国4大テレビABCが、「次のビートルズになる」と報道。現地の期待度は高いだけに楽曲に注目が集まることは必至だ。

今後は「I.V.」「Born to be free」と2枚のシングルを出した後、夏にアルバム発売を予定しており、「アルバムは5割が新曲。すごく自信あります」とYOSHIKI。ジャパニーズロックスターが世界制覇に向けて加速し出した。

詳しくは↓

サンスポ  

サンスポ



YOSHIKI、米でラジオ初レギュラー

ロックバンド、X JAPANが、3月15日に北米デビューシングル「JADE」を発売することが27日、分かった。リーダーのYOSHIKIが明かした。

YOSHIKIは米国の衛星ラジオ会社「Sirus XM」で初のレギュラー番組「YOSHIKI RADIO」を持ち、パーソナリティーに初挑戦することも発表した。日本文化を伝える番組で、2月から月1回1時間放送されるが「目標はX JAPANの曲をかけること」と熱く抱負を語った。

世界ツアーについては「南米とヨーロッパと北米をどの順番でやるのか相談中。今後は海外とか日本の色んなフェスにも出たいし、地方にも行きたい。気持ち的には100回コンサートやれといわれたらできるような気がします」と笑った。また、自身の半生を綴ったノンフィクション「YOSHIKI/佳樹」の英語&北京語版の発売も準備している。

詳しくは↓

サンスポ


やはりサンスポなどが先行になりましたね!!

シングル嬉しい!!

YOSHIKIさん、昨日は教えてくれてありがとう!!

アルバム発売も楽しみラブラブ

日本での発売・・・!実現するように、楽しみに待っています・・☆

このラジオは・・・!日本でネットとかで聴くこと出来るかなぁ・・・??

聴きたいなぁ~~!!!




X JAPANが北米EMIと契約、3月に第1弾作品「Jade」発表

X JAPANとEMI Musicが、北米での製造および流通に関する3年間の専属契約に合意。3月15日に第1弾作品となるシングル「Jade」をリリースすることが決定した。

今回の契約について、EMI Musicの取締役副社長統括マネージャーであるマイク・ハリスは「X JAPANをEMI/Carolineに迎えることができとても光栄です。去年の秋に行われた北米ツアーの成功に続き、X JAPANのリリースのタイミングは完璧だと思います」とコメント。EMI Music North Americaの副社長ドミニック・パンディシアも「私たちは、X JAPANと一緒に仕事をすることに興奮を抑えきれません」と述べている。

シングルのタイトル曲「Jade」は、攻撃的なギターリフや壮大なオーケストラサウンドが堪能できる、X JAPANの激しくドラマチックな一面を打ち出した楽曲。日本を含む北米以外でのリリースについては、現在交渉中とのこと。

また、X JAPANは年内にニューアルバムを携えてのライブツアーを開催することも発表。さらに、Yoshikiがアメリカの衛星ラジオ局Sirius XM Radioでレギュラー番組「YOSHIKI RADIO」を持つことも明らかにされた。

「YOSHIKI RADIO」は1時間のプログラムで、毎月1回の放送を予定。なお、Sirius XM Radioは全米で2000万人が登録しているラジオ会社で、エミネムやボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーンらが番組を持っている。

2011年1月28日 5:00

詳しくは↓

ナタリー

画像は↓

画像  

画像2  

画像3


久々ナタリー!!!

本当に今年は楽しみがいっぱい!!

嬉しいラブラブラブラブ

シングルが出るし、日本の歌番組とかにも出てくれたらなぁ~音譜音譜って、日本で出ないとダメかなぁ??あせる


◆追記◆


XJAPAN、EMIミュージックと北米専属契約!13年ぶり新曲3月発売決定!

詳しくは↓

ORICON STYLE



「X JAPAN」夢の全米CDデビュー!
ロックバンド「X JAPAN」が全米でCDデビューする。世界4大メジャーの一つ「EMIミュージック」の米法人と3年契約を締結。3月15日にシングル「JADE」を発売。結成以来の夢をかなえるリーダーのYOSHIKI(年齢非公表)は「海外では新人。ライブを100本やれと言われればできる気がする」と気持ちを新たにしている。

EMIは英国に本社を置き、ビートルズ、ピンク・フロイド、クイーンらを成功に導いた大手。米国法人とは昨年11月、北米でのCD製造と流通に関する契約を交わし、YOSHIKIは「JADEの後にシングル2枚を出してからアルバム。(アルバムは)9月ぐらいには出来上がるんじゃないかな」と話す。

アルバムが年内発売となれば96年の「DHALIA」以来のオリジナルアルバム発売となる。北米以外での所属レコード会社は日本を含めて未決定。このため日本では当面、米国からの輸入盤がCD店に並ぶことになりそうだ。

92年、世界進出を見据えて米ワーナー傘下のアトランティックと契約し、ニューヨークのロックフェラーセンターで会見。それまで「X」だったバンド名を「X JAPAN」に改名した。しかし、全米デビューは実現しないまま97年に解散した。

再結成した07年は、全世界中で日本のアニメブーム。アニメから派生したと解釈されたビジュアル系バンドもドイツやフランス、米西海岸などで人気を集めている。追い風を受け、X JAPANも海外ライブを精力的に行っている。

米国では昨年8月、シカゴで行われたロックフェス「ロラパルーザ」に出演し、ライブデビュー。ABCの報道番組で特集も組まれ「次のビートルズ、ローリング・ストーンズ」と最高の評価を得た。同9月からは7カ所を巡る北米ツアーを行った。YOSHIKIは「全米ツアーで手応えは感じた。だから次のステップにいける」と自信を見せている。
2011年1月28日 06:00

詳しくは↓

スポニチ


「X JAPAN」3月15日に米国デビュー
人気ロックバンド「X JAPAN」が3月15日にシングル「JADE」で米国CDデビューすることが27日、決まった。EMIミュージックと北米での3年契約に合意。リーダーのYOSHIKIは「シングルを3枚発表し、年内にはアルバムを発売したい。アルバムは5曲が新曲になる」と今後のプランを披露した。

X JAPANは昨年8月に米最大級の音楽フェス「ロラパルーザ」に出演。10月から北米ツアーも成功させ、いつ米でCDデビューするか注目されていた。

また、YOSHIKIが2月から米人気ラジオ局・SIRIUS XMで月1回の自身初のラジオレギュラー「YOSHIKI RADIO」を担当することも発表。「アニメーションとか、日本の文化を紹介できたら」と抱負を語った。

2011年1月28日 06:00

詳しくは↓

スポーツ報知


時間が経つにつれて、どんどん記事が上がってきますね~!!

スポーツ誌チェックしてみよう~ニコニコ


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

Toshl Feat.YOSHIKI with世界の三國
スペシャルコンサート&ディナー~クリスタルピアノのキミ~


会場

ザ・プリンスパークタワー東京 B2
日付

2011年1月24日・25日


行って来ました!!

先日会場の雰囲気だけでも伝えたくて更新しましたが、もし見ていない方いましたら見てね~音譜

「Toshl Feat.YOSHIKI with世界の三國ディーナー&コンサート」

詳しくは↓

☨sadistic☨~Ⅹ~



こんなに素敵な贅沢で豪華な2日間、プラチナチケットを握りしめて・・・☆☆


24日は、やっぱり現地の様子が気になって~、もうヘアメイクどころじゃなくて・・・、いろいろ散策して写真も思いの外沢山撮れた・・・☆

やっぱり考えていることは一緒で、日本では必ず逢うメンバーに遭遇!!



ドア越しから見える、コンサートのタイトルの書かれた、画面を見て大興奮!

受付はもう少し先になるみたいなので移動~!


今回チケットは1枚しか取っていなかったので、せめて食事くらいは気の合う仲間と一緒に食べたいじゃない??

とりあえず訳もわからず列に並び、スタッフに聞くと、開場が近づくにつれて、話のわかるスタッフも増えて来て・・・!!

並んだ順に案内して頂ける様子耳目



18:15~受付開始で、物販は受付後中で買えるらしく、時間になっても・・・あせる

「早くしないと、食事の時間が無くなっちゃう~~!!」


すると、スタッフがダンボール箱を持って、テーブルに並べてる・・☆

ココで、CDを配布すると言うのが聞こえてしまい・・・音譜

よ~~~く見てみると、「クリスタルピアノのキミ」じゃないかなぁ??というジャケットに、まずはサプライズはコレかなぁ~~☆とワクワクしてみたり~!



すると・・・!すぐ目の前に紀藤弁護士が・・・☆

会場の奥を、列の外から眺めていらっしゃいましたよ~~!!



いよいよ開場!!!





チケットの半券とCDを貰って、広い会場をアタフタ~~(笑)


カメラチェックを受け、奥へ・・・!


†sadistic†~Ⅹ~-110126_2224~01.jpg


†sadistic†~Ⅹ~-110126_2223~02.jpg


こちらを1人1枚ずつ配布していました!!

嬉しいラブラブラブラブ



グッズは、パンフ・ステッカー・Tシャツ・CD・ポストカードなど、他にもHEATHのグッズもあった☆

オフィシャルで販売された、サイン付のポスターなど・・・!





†sadistic†~Ⅹ~-110126_2225~01.jpg


こちらがパンフ~!



†sadistic†~Ⅹ~-110126_2225~02.jpg


裏面!



†sadistic†~Ⅹ~-110126_2227~01.jpg



†sadistic†~Ⅹ~-110126_2226~02.jpg



ほんの1ページですが・・!

コレも、ネットで買えるようになったら良いね☆




†sadistic†~Ⅹ~-110126_2226~01.jpg



そして・・・!パンフの中に書かれていたポエム。


†sadistic†~Ⅹ~-110126_2227~02.jpg


ステッカーもなんだかつられて買っちゃった☆☆

2枚入ってた~~!!よく見ずに買ってる・・・あせる



右側がS席・SS席・プラチナ席の方のDinner会場!

左側がA席の方のDinner会場!



プラチナは一番奥~~!!


Dinnerの座席は、同じプラチナのチケットなら、お部屋が一緒で、自由席!


そうそう!!


お部屋のドアが空いていたので、良く確認してみたら・・・・!


SS席やS席には見るからに・・ピアノが無さそうなんだけど・・・!プラチナのお部屋にはピアノが・・・ラブラブラブラブ

なので、迷わず、ピアノの前の席24日は4番テーブルで、25日は3番テーブルでお食事させて頂きました!!




†sadistic†~Ⅹ~-110125_2020~01.jpg


丸卓で、9人掛けだったかなぁ??

も~~、近いよぉ~~!!



†sadistic†~Ⅹ~-110126_2222~01.jpg


まずは、テーブルには、こちらのメニュー表があって、画像左側の黒い袋が24日、25日は赤い袋!

24日はY by YOSHIKIの白ワインだったので、25日は赤い袋に変わっているし、赤ワインかなぁ??と思ったら・・!両日共に、白ワインでした!



ちなみに、ぁたしも含めみんなプラチナなので、他の座席がわかりませんが、プラチナの方にはワインがお土産だったようです☆☆



食事には、プラチナ席では、YOSHIKIワインの赤をグラス赤ワインに入れて・・・☆☆

みんなおかわりしまくっていたね~~(笑)



なんと・・!プラチナ席のDinnerのお部屋に、2日間共にToshIと三國シェフが会場に歩いて来てくれて・・・ラブラブ!


座席の横を通った幸運な方々は、ToshIに触ったり、握手したり~!良かったですね☆

ぁたし達の座席・・・!前列だったし、残念ながら通らなかったけど、近い~~!!


そして、三國シェフの紹介があり、ToshIの発声でみんなで乾杯~~sao☆ラブラブラブラブ

「僕今からやるんですが、呑んでいいんですか??」なんて一口だけ呑んで、「実はYOSHIKIの部屋から譜面を盗んで来た」ようなことを言って、「まだ本当はやっちゃいけないんだけど、YOSHIKIに内緒ってことで・・」


「Scarlet Love Song」の最初のフレーズを少しピアノを演奏しながら、歌ってくれたっ・・・・―゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆

コレ!!!本当に内緒だったらどうしよう~!と思って、書けないでいました・・・(笑)

真相はわからないけど、25日はコンサートでYOSHIKIのピアノで違う部分だけど、歌ってくれた音譜



も~~、この曲が聴けて本当に嬉しかったぁ~~!!!



ToshIと一緒に乾杯しちゃったし~~!なんて妄想~~!!(笑)

そして、、、退場した時も、やっぱり外側からだったから、握手や触れることは出来なかったけど、2日間も前列のピアノの前で、みんなで楽しく食事が出来たから、満足~~!!


そして・・・!ToshIがチケット番号のクジを引いて、愛用のサングラスとケースにサインをした物と、北米ツアーTシャツにメンバー全員のサイン+三國シェフのサイン付のプレゼントがあり、当たった幸運な方良かったですね~!!

サングラス当たった方が、2日目は隣のテーブルにいらっしゃったので、記念に写真だけ撮らせて頂きました音譜



プラチナ S  SSで、食事も少し違ったみたいなんだけど、24日に「食事の写真撮れないなんて残念~~!」と言って撮らないでいたら・・・・!

25日に3番テーブルに座ったら、ホテル側から「料理も写真撮って頂いて構いませんので、是非撮っていかれてください!」と言うもんだから・・・!


みんな携帯片手に撮りまくり~~(笑)



†sadistic†~Ⅹ~-110125_1859~01.jpg


Glee de Fruits de Mer en Cristal Pyramide Scintillation de Platine

海の幸のクリスタルピラミッド プラチナの煌めきとともに



†sadistic†~Ⅹ~-110125_1913~01.jpg



†sadistic†~Ⅹ~-110125_1914~01.jpg





Consomme au Foie Gras et aux Truffes en Croute Doree

女王も愛したフォアグラとトリュフのコンソメスープ

黄金色のパイに封じ込めて


こちら、SS席ではフォアグラじゃなくて蟹だったとか・・!

個人的には蟹でもOK☆☆




†sadistic†~Ⅹ~-110125_1936~01.jpg


File de Boeuf Roti Sauce Truffe Cinq Legumes Quintetto

国産牛フィレ肉のローストビーフ芳醇に香るトリュフソース掛け

黒いダイヤを散りばめて


お肉が苦手な方は、三國シェフの料理ではないですが、魚に変更も可能でした!↓




†sadistic†~Ⅹ~-110125_1937~01.jpg



我儘を言って撮らせてもらっちゃった・・☆




†sadistic†~Ⅹ~-110125_1950~01.jpg



†sadistic†~Ⅹ~-110125_1949~01.jpg




Mousse au Chocolat Parfumee a I' Orange “PIANO”

お皿の中の“クリスタルピアノのキミ”

君が奏でる愛の響き


このケーキは、本当にいろんな方が載せていたよね~~!

でもYOSHIKIさんに、クリスタルじゃない!とコンサートの時に突っ込まれていましたが、食べるのが勿体な~~い!!


食後はコーヒーか紅茶、そしてグリーンブレッドとライ麦とクルミのブレッド、パンがおかわり自由でこの2種類がありました!!



量的にはちょっと物足りなさはあったけど、記念に残せて良かった☆☆


さて!!少~~しずつUPして行きますねっ!!

お腹一杯になったら・・!いよいよコンサート会場へ・・・!!



続く・・・!!



いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日書いた、ディナーショーの記事に沢山の方がアクセスして下さり、見に来てくれたみたいで・・・☆

睡眠時間を削って、レポのつもりで書いた記事じゃなかったんだけど、ご報告までに頑張って書いた記事が沢山の人に読んでもらえて、良かったです!!

ありがとうございました!!

また続きUPしますね~音譜




TAIJIさん退院されたようです!!

BLOGとTwitterで報告されています!!

詳しくは↓

TAIJI OFFICIAL BLOG  

TAIJI-沢田泰司official


ぁたしはBLOGではなく、Twitterで知りましたが、TAIJIさんからの直接の報告がとっても嬉しかったです!!

無理せず、少しずつで良いので、これからもがんばって欲しいなぁ~ニコニコ



ToshI「クリスタルピアノのキミ」一般発売開始!!

1.クリスタルピアノのキミ
2.愛する人よ

DVD
1.雨音(Live Version)

値段:3,300円(税込み)

購入詳しくは↓

ToshI Official web site-武士JAPAN-


こちらディナーショーの記事にも書きましたが、開場(受付)時に全員にお土産に配布されたCDです!!物販でも同じ物が販売されていました!!

ネットでも購入が可能になりましたね!!

やっとみんなが聴けるようになって良かったよね~音譜

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

hide presents Our Pink Spider 2011

柏と鹿鳴館だけの告知でしたが、会場が追加されています!!


日付:1/30(sun)

会場:目黒鹿鳴館

開場&開演:17:30/18:00

出演者:闇月~ヤミツキ~/VARIATIONS/OROCHI

チケット:前売り¥2,500当日¥3,000(ドリンク\500)


日付:1/30(sun)

会場:柏PALOOZA

開場&開演:17:30/18:00

出演者:黒市英伸(band ver)/レールトレィサーBACK FIRE/August/SPECIAL BAND(Vocal:鈴木晃二, Guitar:Kohey(CHUCKY), Bass:SEXX GEORGE(LADIES ROOM), Drums:EBY-CHAN

チケット:前売り¥2,500当日¥3,000(ドリンク\500)


日付:2/6(sun)

会場:福岡graf

開場&開演:18:00/18:30

出演者:PIECE OF JOKER/#9(シャープナインス)/THE LIGHTNING DERIVERY's/the Alei Aster/LASH/DOURS

チケット:前売り¥1,000当日¥1,500(ドリンク\500)


日付:2/7(mon)

会場:池袋CYBER

開場&開演:未定

出演者:デヴィ with Spread Beaver/アルプスの少女/C.o.A幸介セッション

チケット:前売り:¥2,800当日¥3,300(ドリンク\600)

詳しくは↓

hide presents Our Pink Spider 2011


詳細は後日!!となっていましたが、更新されていました~!!

地方公演もあるようですが、各地でhideちゃんの楽曲が演奏されるのは嬉しい☆☆


ぁたしも柏PALOOZAに参戦致しますよニコニコ

気合い入れて、柏まで行かなきゃっ!!!

お愛出来る皆様、よろしくお願い致します★


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ToshI、YOSHIKIと友情連弾

ロックバンド、X JAPANのボーカル、ToshIが25日、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で初のディナーショーを行った。 23人のオーケストラを従え、サプライズゲストのリーダー、YOSHIKIと2台のクリスタルピアノで「クリスタルピアノのキミ」を初連弾。約1000人でいっぱいの会場は拍手で沸き返り、ToshIは「童心に戻った感じ」と大感激。YOSHIKIも「今こうやってやっているのが奇跡」と喜んだ。

フランス料理界の巨匠、三國清三シェフ(56)とコラボした国内史上最高額10万円のショーは親友の支えで成功した。自己啓発セミナーとかかわったことで離婚&自己破産と人生どん底を経験したToshIの「Xと別の表現で自分の考えを伝えたい」との思いにYOSHIKIが賛同。2人の友人で宝石デザイナー兼ソングライター、士田昌枝さんにプロデュースを依頼し、最強タッグが実現した。

ステージではX JAPANの「WITHOUT YOU」やYOSHIKI作詞作曲の男女デュオ、NOAの「今を抱きしめて」を披露するサプライズも。さらに、ベースのHEATHとLUNA SEAのドラマー、真矢の演奏でソロの代表曲「武士JAPAN」を熱唱。静かな空間はライブ会場と化した。

「皆さんに支えられ、YOSHIKIとともに仲間とともに歩んでいきたい」とToshI。盟友との絆を深め、また1つ進化を遂げた。

詳しくは↓

サンスポ

画像は↓

画像  

画像2  

画像3  

画像4  

画像5  

画像6



参加された方お疲れ様でした!!

また画像もいくつかあるので、、また載せますねっ!!

もちろん撮影OKのものですよ☆


XJAPANのToshIが初のディナーショーでYOSHIKIとの、連弾を披露!

詳しくは↓

ウォーカープラスニュース

画像は↓

画像


ToshIディナー&コンサートでYOSHIKIとピアノ初連弾!
X JAPANのToshIが、2011年1月24日25日、東京ザ・プリンスパークタワー東京で、初のディナー&コンサートを開催し、2000人のファンが、着物姿やドレスに身を包みオシャレをして全国から駆け付けた。
ディナーのシェフには世界の三國清三が担当。チケットはプラチナでは10万円。オーケストラ23名と、国内史上規模の宴!


サプライズゲストには、X JAPAN HEATH LUNA SEA 真矢が登場。

さらに、リーダーで朋友のYOSHIKIが、自身のクリスタルピアノ2台も用意してのゲスト出演を果たした。

白の燕尾服で登場し、「エアポート」「愛する人よ」を熱唱しディナーショーらしくラグジュアリーな雰囲気でスタート。

だがパーカッションのLUNA SEA 真矢とX JAPAN HEATHが登場すると、ディナーショーが、1000人のライブハウスに変身! ロックコンサート会場と化した。

さらにYOSHIKIが登場するや、会場の熱気は最高潮に。


ToshIがYOSHIKIのために作ったバラード『クリスタルピアノのキミ』を、幼稚園で出会って以来、初のピアノ連弾で演奏。2台のクリスタルピアノに向かい合い演奏する二人に、会場は静まりかえり、音色と歌声に聞き入っていた。

「この曲は、ToshIと僕が再会するきっかけになった曲」と、

アンコールで、HIDEを思い作った名曲「Without you」に、YOSHIKIは「これはが流れると、会場からはすすりなく声と涙をぬぐう姿。そしてToshIに「おかえりなさい」の声援が。


静かに歌いあげて、「いい曲だね。YOSHIKIの曲はいい曲がいっぱいあるけれど、このイントロと美しいピアノが僕は一番好きです」と語るToshI。

最後、握手を交わしたYOSHIKIとToshI。


「みなさん、今日は本当にありがとうございます。初の試みでご迷惑もおかけしましたが、子供心に戻った気持ちで、楽しい時間を過ごせました。

再スタートにさらなる道をYOSHIKIとともに歩いていきたい。また応援してください」としめくくった。予定より1時間遅れて開始されたが、13曲 2時間30分にも及ぶコンサートとトークに、駆けつけたファンは大満足で「史上最高」の夜を満喫していた。

詳しくは↓

女性自身



本当に2人のやりとりが素敵でしたね~!!

1日目は少し聞きとりにくい場面もありましたが、2日目は特にHIDEちゃんの話が沢山出たのも嬉しかったなぁ~!

そして・・・!PATAちゃんの話や、TAIJIの話しも出て来たね~!!



上原さくらさんのBLOGに、ディナーショーに参加された記事が掲載!!

詳しくは↓

上原さくらオフィシャルブログ「Girl's Talk」


ぁたしは見ることが出来ませんでしたが、見られた方がいましたね~音譜音譜

本当に、豪華で素敵なディナーショーでしたっ☆☆



◆追記◆


YOSHIKI、ToshIのショーでわがまま連発!?

X JAPANのボーカルToshI(45)が25日、都内ホテルで自身初のディナーショーの2日目を開催した。フレンチの巨匠・三國清三シェフのディナーとToshIのコンサートが合体。ToshIは「ようこそ、史上最大最高のディナーショーへ。決してYOSHIKIとの結婚式ではありません」と挨拶。自身のソロ曲「エアポート」「春の息吹」などを熱唱した。中盤にはYOSHIKIも登場し、「クリスタルピアノのキミ」で初の連弾を披露。しかし演奏終了後、YOSHIKIはストロー、チョコレートケーキ、扇風機をスタッフに要求するなどやりたい放題で、ToshIは「YOSHIKIが言えば何でも出てくる」と苦笑いするばかり。また「最近日本語が分からない」というYOSHIKIに、「今に始まったことじゃない」と返すなど幼馴染みとあって息ぴったりだった。2日間で約2000人を動員。10万円のプラチナシートも完売したという。

詳しくは↓

テレ朝news


これからどんどん上がって来るかなぁ??

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

ToshI、史上最大のディナーショー「本当に童心に戻った感じ」
X JAPANのToshIが、1月24日東京・ザ・プリンスパークタワー東京で自身初のソロディナーショーを開いた。ステージではソロでの新曲「星空のネプチューン」など13曲を熱唱したほか、サプライズゲストとしてYOSHIKIも登場。ToshIが幼なじみのYOSHIKIにあてた「クリスタルピアノのキミ」では2人で初の連弾を披露するなど、盛りだくさんの内容で集まった1000人を魅了した。
フランス料理界の巨匠、三國清三シェフのディナーを取り入れた国内史上最高額の10万円(最高額の席の価格)のディナーショー。白い燕尾服で登場したToshIは1時間遅れての開演に「史上最大のディナーショーなので。遅れたのはYOSHIKIのせいではありません」と釈明。苦笑いする客を横目に「エアポート」「春の息吹」などソロの楽曲を歌い上げた。中盤には盟友のためにと肩からベースを下げたHEATH、コンガを持ったLUNA SEAのドラマー真矢も舞台に上がり会場は大盛り上がりに。 3人で披露した「武士JAPAN」では「立っていいのはこの曲だけだぜ」とあおる


ToshIの声に客席は総立ちとなり、静かなフロアがロックコンサート会場に一変した。

YOSHIKIとの共演では23名のオーケストラを従えた「ENDRESS RAIN」などX JAPANの楽曲も披露。このほかディナーショーならではの特別版としてYOSHIKIが楽曲を提供した「今を抱きしめて」(吉田栄作と仙道敦子がユニット:NOAでデュエット)、「Seize the light」(globe)をToshIが歌う演出も。「Seize the light」を歌唱中には、「楽譜が足りない!」と焦るYOSHIKIに気付いたToshIが、YOSHIKIが持参したクリアファイルから楽譜を取り出し譜面台にセットし、歌と演奏を継続。ToshIの機転の早さと、コミカルなYOSHIKIの表情に客席から大きな拍手が起こっていた。


公演終了後ToshIは「みなさんどうもありがとうございました。本当に童心に戻った感じでみなさんと一緒に楽しむことができました。(今日を)さらなる再スタートとして歩んでいきたい。友だちに支えられ、みなさんに支えられ、またこれからYOSHIKIとともに歩んで行きたいと思います」と感謝の気持ちを述べた。公演は25日も、同地で開かれる。

詳しくは↓

BARKS

画像は↓

ToshI &YOSHIKIディナーショーの画像


沢山の画像がUPされています!!

本当に素敵な時間でしたぁ~~ハート

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)