うーーん ”有識者” というのが 民間レベルでのフェイク込の表現になるのだろうか?

 

もちろん国家機関が指し示す有識者会議の定義とは違うが・・

 

結論としては AIがあるこの時代 英語コミュ力はいらんというのが この討論の結論かな

 

討論なので あれこれ話が飛んで ぱぱちゃんは内容についていけない。けど 部分的にはききとれた。

 

散漫な討論で 結局なんなのかは はっきりしないのがおもしろかった。

あと バカ とか 頭が悪い という表現が大変多くでてくる。

 

 頭にいい人にバカにされるのは 悪くない^^;

AIの台頭の話

 

 目標の推移として AIの台頭が大前提として会話されていた。

 AIが 文字起こしなら googe翻訳込 グラマリーが 文章の体裁をしてきしてくれる。

 だから 対話の位置づけに 英語がなっていくのではないかとの話だった。

 

 

英語に先生にもいろいろあってという話討論内容の書き取り パパちゃん意見じゃないよ

 

 

10年勉強してほとんど人が使いこなせていない

 小学校では会話しましょう

 中学になるとスペリング

 受験が近づくと受験

 高校はいると文法中心になっていったり 

 大学受験中心になって

 大学はいると 翻訳 

 目的にあわせていくと 一貫性がない

 

島国に 周りに英語話す人がいないから実感がない。

 

  さいしょから英語のモチベーションないよね

 

英語教師として アメリカで会社つくってみろみたいな話についてこれない教師ばかり。

 

やっぱり 目標が大事。 

 AIが台頭してくるので わらったり 挑発したりと AIとちがって人間ならではの コミュ力として 英語を

 

 魅力ある人間になれば 英語なんか話せなくても通訳つれて相手がやってくる。

     

英語が本当に必要なひとはなん%いるの 10%ぐらいじゃないかな

 

 頭悪いなら せめて英語ぐらいはなせよ ・・・・

 

とか

 なんの取り柄もない人が 英語ぐらいやっておいたほうがいいよね。

 

 英語圏の情報があれば いいのだから・・・

 

 正しい英語が アメリカ とか イギリスにあるという勘違いがことをむずかしくしている。

 

 

なるほどといいたくなるな

なるほどなるほどといいたくなるな。

  だんだんきょうみなくなってきて きくのやめた。

 

  アメリカ弁が たしかに一番わかりにくいのだが

 

 

ぱぱちゃんの意見はみもふたもないので

 

 いやー 全く何も賛同できない 討論会だったな。

 

 AIはねぇ うん AIみたいなものを子供の脳に搭載すれば電気代も特別にいらんし。

 

  

 

ネィティブ級に子供を話せるようになってから考えたらいいことばかりだった

 

 どうせ子供にとっては ついでなのだ。

 

 ヒカキンチャネルみる時間帯に 

  よそ見(英語圏番組)をしてればいいだけなのだから。

 

   

 

  

 

 呼吸するついでに 子供は習得するのでそうしましょうよ って 話です。